役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

ニキビは皮膚科の薬だけで改善する?効果を高めるニキビ治療

   

ニキビは皮膚科の薬だけで改善する?効果を高めるニキビ治療

ニキビの改善は皮膚科から処方される薬だけでも、かなりの高い効果が期待できます。

しかし治療中の生活習慣やホルモンバランスなども改善を阻害する要因にもなってしまうようです。

そこでニキビ治療に効果がある薬や治療などを詳しく調べてみました。ぜひ参考にしながらニキビの改善を目指しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

車検で交換を推奨されることが多い部品を知って賢く交換を!

車検の見積もりをもらうと、いくつか交換を推奨されている部位が...

中学生カップルは付き合うと何するの?長続きさせる方法は…

最近は彼女、彼氏がいる中学生が増えています。 恋愛がどんど...

インフルエンザの予防接種は会社が強制してもいい?法的にどう?

インフルエンザが猛威を振るうこの季節。だんだんと周りでインフ...

女性のバイクライフ!バイカーのブログで学ぶポイント&注意点

バイクは男性の乗り物というイメージが強くありますが、最近は女...

女性でもバイクの免許は取れる?事前情報で大型も夢じゃない!

最近はバイクの免許を取得する女性が増えてきているようです。 ...

朝の通勤ラッシュと電車の遅延~遅れる原因は乗客も一因?

朝の通勤ラッシュ、遅延する電車はかなり多く、通勤に影響してし...

旦那の家事が雑すぎる…妻が抱える悩みと上手に伝える対処法

最近はイクメンなどという言葉がもてはやされ、家事や育児を手伝...

職場の雰囲気がゆるいと目標達成しない?管理職の方は再確認を

最近は会社内でのパワハラやブラック企業などが取り沙汰されるこ...

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

スポンサーリンク

皮膚科の薬だけも効果大!改善は長期的に考えよう!

男女問わずニキビなどの肌荒れがなかなか治らない体質の人っていますよね。しかし、そういう人に限って面倒だからと市販薬に頼ったり、とりあえず高い洗顔フォームを買っておけば治ると勘違いされている人が多いです。

ニキビは市販薬でなんて治りません。メディアに多く取り上げられている、人気の石鹸や洗顔フォームが必ずしもあなたの肌に合うかは分からないのです。さらにどんなに良いものを使っていても間違った洗顔は逆に肌荒れの元となります。

通販で購入できるニキビのケア用品は数万するものもありますが、皮膚科で保険適用される塗り薬や飲み薬は3000円前後です。あれこれ試してお金を出し続けるよりは、皮膚科に行って専門の薬をぱっと出してもらったほうが時間も無駄になりませんし、お財布にも優しいです。

「1か月経っても治らない!」は諦めが早すぎ

皮膚科に行って薬処方してもらっても全然治らない、という人がいますが重症化した大人ニキビは体質によっては改善されるのに1年以上かかる人もいます。

今まで治すのに困難だったニキビが、1か月や2か月薬を使ったからといって改善されるのは難しいです。しかし、確実に少しずつニキビは良くなっています。

薬を使っても改善される気がしない、という人は薬を変えてもらうかセカンドオピニオンを利用して病院を変えるのも良いでしょう。また、頑固すぎるニキビは薬だけでは効果が薄い場合もあります。初心に戻って洗顔方法も見直すことが大切です。

引用元-頑固なニキビは洗顔と皮膚科の薬で改善を目指す | changeNOTE

薬だけでも効果大!皮膚科でもらえるニキビ薬

1. 抗生物質

ニキビの原因の1つであるアクネ菌などの菌が繁殖した際に、菌を抑えるために使用し、赤みを改善します。即効性があり、瞬時に改善したいときに使用します。

飲み薬:ミノマイシン、など

塗り薬:ダラシンT、アクアチム、など

万能ではない抗生物質

あくまで炎症を抑えるだけで、根本解決にはならない
副作用がある:めまい、カンジダ症、肝機能障害、胃腸障害など
治療を続けると細菌が薬剤耐性を持つため、長期間使用できない。薬剤耐性を持った細菌は、その抗生物質が効かなくなる。

2. 抗炎症剤

飲み薬:ブルフェンなど

塗り薬:イブプロフェンピコノール(スタデルクリーム)など

3. 皮脂分泌抑制剤

女性の場合は、ホルモンバランスの乱れることによって、過剰な皮脂の分泌が起こることもあるため、その場合、ホルモン剤なども用いられます。

飲み薬:ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、女性ホルモン剤(メサルモンF、低用量ピル)

塗り薬:イオウカンフルローション

4. 治療薬

塗り薬:ディフェリンゲルなど

5.ビタミン剤

皮膚組織の回復を早め、肌の新陳代謝を高める。市販のサプリメントに比べると、吸収効率などが良い。

飲み薬:シナール、ハイチオール など

引用元-ニキビの症状ごとに最も効果が高いニキビの薬5つ

皮膚科の薬だけでは改善しないニキビの原因は?

皮膚科のお薬の治療でもニキビが治らなかったとおっしゃる方も多く、こうなると頑固なニキビということになってきます。では、なぜ皮膚科でニキビ治療薬を使ってもニキビが治らないのでしょうか?皮膚科でのニキビ治療薬は、アクアチムクリームやダラシンTゲル、ディフェリンゲルなどのニキビの塗り薬を使ったり、ビタミン剤やルリッド、ミノマイシンなどの抗生物質の飲み薬を使った治療になります。これらのお薬は、ニキビにとても効果のあるお薬です。しかし、効果のあるお薬を使用しても、なぜニキビを治すことができないのでしょうか?それは次々に繰り返し新しいニキビが出来てくるからです。塗り薬や飲み薬は、ニキビにとても効果のあるお薬なのですが、今出来ているニキビを治したり悪化を抑制することは出来ても、新しいニキビの発生を止めることは出来ないのです。薬を塗ったり飲んだりしていればニキビが引いてきますのでニキビが治ったと思うのですが、薬の使用を止めるとまたニキビが出来始めてしまいます。新しいニキビの発生を抑制出来るのは、薬を使用している間だけなので、薬の使用を止めると再びニキビが出来始めてしまい、いつまでもニキビを繰り返してしまうのです。

引用元-皮膚科でも治らないニキビ

薬だけでは改善しないニキビに効く皮膚科の治療

ホルモン治療

ホルモンバランスの崩れによって男性ホルモンが過剰に増えると、皮脂の過剰分泌などが起こり大人ニキビが発生します。そこで、男性ホルモンの働きを抑制する女性ホルモンを補給することでニキビの発生や悪化を防ぐのがホルモン治療です。女性ホルモンを含むピル、女性ホルモン類似物質のイソフラボンなどを投与し、体内のホルモンバランスを女性ホルモンが優位の状態にして男性ホルモンの働きを抑えます。

引用元-薬を用いない皮膚科でのニキビ治療法とは | スキンケア大学

ピーリング

皮膚表面に酸性の薬剤を塗り、古くなった角質や毛穴の汚れを溶かして除去する治療法です。白ニキビや黒ニキビの毛穴詰まりを取り除いて治癒を早めたり、悪化を防ぐといった効果が期待できます。しかし、酸性の物質を肌に塗布するというのは多少なりとも肌に刺激を与えるため、敏感肌の方や、ニキビがすでに炎症を起こしている場合などにはおすすめできません。

レーザー治療

最近ではニキビのレーザー治療を扱う医療機関も増えてきています。ニキビ内の皮脂を除去するのに役立つ炭酸ガスレーザー、ニキビの赤みを押さえるロングパルスYAGレーザーなど複数の種類があり、症例ごとに適した器具を用いれば一定の効果が期待できるでしょう。ただ、現段階では補助的治療に留まっており、レーザーだけで完治を目指せるわけではありません。

引用元-薬を用いない皮膚科でのニキビ治療法とは | スキンケア大学

皮膚科のニキビ薬だけではダメ!改善には自分の意識が重要!?

結局ニキビを治すのは自分

病院に行けば医師が治してくれると思われがちですが、ニキビ治療に関して言えばあくまで治すのは自分です。自分だけの力ではどうにもならない部分を皮膚科の先生にサポートしてもらいます。

具体的には塗り薬や飲み薬、ビタミン剤などを処方してもらったり、ホルモン治療を受けたりなど。しかし、ニキビの原因が生活習慣にあった場合でも、皮膚科の先生がいちいちチェックするわけにはいきませんからね。そこは自力です。

でもどんな努力をすればニキビが治るのかわからない。それは先生に聞くことができます。皮膚科をそういう目的で利用した方がニキビの治療がうまくいくだけでなく、「皮膚科行ったのに軽くあしらわれて絶望した」という事態に陥る可能性が低くなります。

引用元-皮膚科のニキビ治療診察時間は一人5分!肌荒れが治る病院利用方法とは | 恋愛にきびクリニック

● ニキビは日常の食生活に気をつけることも大事です。ニキビができる原因の大半が過剰は皮脂の分泌 なので、この多すぎる皮脂の材料になる糖分や油分を控える必要があります。 他にも皮脂を押さえるビタミンB郡の摂取、免疫力を高めるビタミンA、皮膚の再生を促す亜鉛 などが含まれる食材はニキビに良いです。

● 基本的に食事は洋食よりも脂肪分の少ない和食がオススメです。 食事の合い間のおやつなどの間食もなるべく控え、油分の多いファーストフード、スナック類、 糖分の多いお菓子類もニキビの原因になります。

引用元-ニキビ(にきび)を出さない生活習慣

twitterの反応

 - コンプレックス, 病院

ページ
上部へ