役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

両親の不仲を解決する方法~子供に悪影響を与えない環境づくり

      2016/07/11

両親の不仲を解決する方法~子供に悪影響を与えない環境づくり

両親が不仲な家庭で育った子供は、心身的に悪影響を及ぼし、メンタルや対人関係に支障をきたしてしまうことがあるようです。

子供の為にも夫婦の関係性を見直すことも重要になります。

そこで子供に悪影響を与えない為の夫婦関係を修復する解決法をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

両親の不仲は解決しないと子供に悪影響を及ぼす!

結婚すると子育てのこと、仕事や生活のことなどを夫婦で話し合うなかで、時には喧嘩になってしまうこともあると思います。
けれど互いに愛情と敬意をもって相手に接している家庭であれば、子供は安心して暮らしてゆけます。

ところが、夫婦仲が悪くて父親と母親が怒鳴り合いの喧嘩をしている・ケンカによって無視が続いている・母親が父親の愚痴ばかり言っている・母親に父親が暴言や不満を叩きつけている… このような家庭では、毎日安心して生活することはできないでしょう。子供はストレスにさらされ続けてしまうのです。
また、特別ぶつかり合うことはなくても、全く会話のない仮面夫婦の家庭でも、同様なストレスが子供に生じます。

子供は家庭の中のストレスが原因で問題行動を起こすこともあるでしょう。また、そのストレスが、将来につながるような悪影響を及ぼしていることだってあるようです。

引用元-夫婦仲が悪い家庭の子は歪む!?可愛い子供に与える負の遺産5つ – マーミー

解決しないとヤバい!子供に悪影響を与える不仲な両親の喧嘩

■1:ヒステリックにお互いを罵り合う

感情のコントロールがきかず、まるで子どものように「バカ」「人でなし」などと夫婦で罵り合う。これは“話し合い”なんてものではありません。

親たるもの、子どもの前で口論する際は、“他者との意見の食い違いをどのように調整するのか”というお手本を示したいもの。親がヒステリックに喧嘩していては、子どもも何か気に入らないことがあると金切り声を上げるようになってしまいます。

■2:いつも勝ち負けが一方的である

夫または妻の立場が圧倒的に強く、いつも喧嘩の勝者が決まっているというのは、子どもにとって好ましい状況ではありません。

「お父さん(お母さん)かわいそう」と弱者を思いやる気持ちもある一方で、「いつも言われっぱなしで何て情けない親なんだろう」というネガティブな感情も沸き起こってしまうからです。

夫婦喧嘩はフェアに行うべし。そもそも、勝ち負けをはっきりさせることが夫婦喧嘩の目的ではないことも心にとどめておきましょう。

■3:子どもに関することが原因で喧嘩する

子どものしつけ、成績、友人関係など、子育ての方針をめぐって親が言い争う姿ほど、子どもにとって心が痛むものはありません。喧嘩の程度によっては、自分のせいで両親が離婚してしまうのではないかと罪悪感を覚えてしまいます。

引用元-「パパママやめて!」子どものストレスになる夫婦喧嘩5種 – WooRis(ウーリス)

両親の不仲の解決方法ベスト3

1位 時間が解決

しばらく夫婦で距離を置いたり、頭を冷やす時間を置くことで問題が解決することが多いです。

感情的になってしまうと解決策も思い浮かびません。
冷静に話し合えばあっさり解決することも。

また、育児に忙しい毎日だと喧嘩ばかりに気をとられている暇はありません。
ある程度目をつぶることも必要です。

子供が原因の喧嘩は子供の成長によって時間が解決することも多いです。

2位 謝る(謝らせる)

どちらかに原因があるときは、早めに謝るのが解決の一番の近道。
謝ると喧嘩が一区切りつき、スッキリ問題解決することもあります。
意地になってずるずると謝れないままに気まずくなっていくのは一番避けたいですね。

暗黙のルールで夫が謝るしかない、という家庭も。
円満な家庭はママの裁量次第、なのかもしれません。

3位 しばらく置いておく

問題によっては白黒つかないこともあります。
教育方針などは、実際に進学のタイミングにならないとわからなかったり、子供の意志が変わったりと、想定していてもその時になってくつがえされてしまいます。

言い合いになって結論が出ないときは、しばらくその問題は置いておきましょう。
改めて考えてみると、喧嘩するほどのことではないのかもしれません。

問題の根本は解決されはしませんが、しばらく時間を置くことで、頭が冷静になります。

引用元-夫婦喧嘩をする家庭は85%!子供が生まれてから増える喧嘩の理由と解決策 | あすきょう

両親の不仲を円満解決するポイント

■夫婦喧嘩は“女性が上手に話す”ことで防げる

これまで、ちゃんと不満を伝えていれば夫婦喧嘩になりません。つまり、夫婦喧嘩は“会話が成立しないこと”が原因で起こるものなのです。

確かに、普通に話ができる関係であれば、不満はたまりにくいですよね。でも、会話をしない、会話にならないといった状況が続くと、いつか爆発して大喧嘩に発展してしまいます。

それでは、そうなる前に女性側はどうしたらいいのでしょうか?

そもそも女性は、不満があるとヒステリーを起こしがち。そして、話し方が下手です。一方、男性は女性になんやかんや言われると沈黙してしまいます。要は、聞き方が下手なのです。

そのため、夫婦喧嘩を防ぐには、まず女性は不満を突然がんがん言わない。不満や要望・お願いごとは、優先順位をつけてひとつずつ話すようにすればいいのです。わかりやすく「私はこうだったからこうしてほしい」と説明するだけでOK。

男性は、黙り込まない。“しっかり聞いていますアピール”する。意見を肯定したり、相手を受け止めるようにしたりすればOK。このとき、女性側の誤解を解こうとしてはいけません。とにかく言わせておいてください。

■事前に夫婦喧嘩ルールを作っておくといい

それでも、夫婦喧嘩は起きてしまうと思います。そうなったら、大喧嘩にならないよう、あらかじめ“ルール”を作っておくのもいいそうです。例えば、30分経ったら途中でやめる、夫婦喧嘩をしても挨拶はする、ちゃんと相手の立場に立って話す、など。

男性と女性は、物事の感覚が違います。また、パパとママでは、役割が違います。不満をためる前に、そのことを頭に入れておく必要もあるでしょう。

引用元-驚くほど夫婦喧嘩がなくなる!黄金の「会話テクニック」 – It Mama(イットママ)It Mama(イットママ)

両親の不仲で子供に悪影響を与えない夫婦喧嘩の解決法

勝ち負けを意識しない

夫婦喧嘩は、相手を打ち負かすためにやるものではありません。その目的は、夫婦喧嘩が終わった後、お互いへの理解を深めるためです。仮に夫婦喧嘩でどちらかが勝ちになり、自尊心がその時だけ満たされても、その後は家の中の重い雰囲気が続くことでしょう。

夫婦喧嘩は仲直りで終わる

お互いに思いをぶつけ合うだけぶつけ合って、その後は口もきかない。そんな終わりになってしまっては、子どもが何かを学べるような夫婦喧嘩とは言えません。喧嘩が始まって最後には仲直りをする、という夫婦喧嘩の経過を最後まで見なければ、子どもにとって得るものはないのです。

お互いの気持ちを全てぶちまけたら、まだもやもやする気持ちがあっても、争いはいったん終わりにし、仲直りの儀式をしましょう。握手をしてもよし、抱き合ってもよし、キスをしてもよし。なんでもいいので仲直りの行動を起こせば、気持ちの方もだんだんと落ち着いてくるものです。

結論はなくてもよい

夫婦喧嘩は、相互に思っていることを分かりあうためにやるものです。戦のように相手の領地を略奪するものではないはず。だから、今述べた目的が達成されたら、それでよしとしましょう。あなたはこう思う、私はこう思う、だからこういうことにしよう、という結論は、必ず出さなければならないものではないのです。無理に結論付けると余計複雑になります。

引用元-子どもにいい影響を与える夫婦喧嘩の仕方

twitterの反応

https://twitter.com/okmttdhr/status/745547828643012609

 - ストレス・病気, 子供

ページ
上部へ