役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

介護の給料が安いと言われる理由とは?離職率と経営者の判断

      2016/07/19

介護の給料が安いと言われる理由とは?離職率と経営者の判断

介護職の給料は安いと言われ、従事者の減少や離職率の高さも問題となっています。

ではなぜ重要があり、この先の社会の為に必要な介護職の給料が安いのでしょうか?

それには国の制度や仕組みなども関係しているようです。社会問題の一つとして、どうするべきか考えてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

車検で交換を推奨されることが多い部品を知って賢く交換を!

車検の見積もりをもらうと、いくつか交換を推奨されている部位が...

中学生カップルは付き合うと何するの?長続きさせる方法は…

最近は彼女、彼氏がいる中学生が増えています。 恋愛がどんど...

インフルエンザの予防接種は会社が強制してもいい?法的にどう?

インフルエンザが猛威を振るうこの季節。だんだんと周りでインフ...

女性のバイクライフ!バイカーのブログで学ぶポイント&注意点

バイクは男性の乗り物というイメージが強くありますが、最近は女...

女性でもバイクの免許は取れる?事前情報で大型も夢じゃない!

最近はバイクの免許を取得する女性が増えてきているようです。 ...

朝の通勤ラッシュと電車の遅延~遅れる原因は乗客も一因?

朝の通勤ラッシュ、遅延する電車はかなり多く、通勤に影響してし...

旦那の家事が雑すぎる…妻が抱える悩みと上手に伝える対処法

最近はイクメンなどという言葉がもてはやされ、家事や育児を手伝...

職場の雰囲気がゆるいと目標達成しない?管理職の方は再確認を

最近は会社内でのパワハラやブラック企業などが取り沙汰されるこ...

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

スポンサーリンク

介護職の給料は安い…年代別給料比較

年代別年収を比較してみました

それでは実際のところを比較してみましょう。

・20代平均年収:348万円 介護職:275万円(マイナス73万円)

・30代平均年収:458万円 介護職:339万円(マイナス119万円)

・40代平均年収:586万円 介護職:362万円(マイナス224万円)

・50代平均年収:721万円 介護職:409万円(マイナス312万円)

という結果で、説明するまでもなく圧倒的に少ないですね。

特に年代が上がるにつれマイナス幅が増えていくことが問題です。

これはつまり年収アップのピッチが少ないことを意味しています。

何年頑張ってもたいして上がらないということですね。

皆様どうですかこの数字?二度と見たくないですよね。

しかもこの数字は介護職の数字です。

介護職には介護士よりも高収入な相談員やケアマネージャー、当然管理職も含まれています。

ということは、、、

一般の介護士の年収はもっと少ないということですね。

頑張って介護福祉士をとってみてもどうでしょうか?

月に1万円増える程度ですよ。

非常に残念としか言いようがないですね。

引用元-介護士の給料はなぜこうも安い!その3つの根拠を大暴露! | 介護辞めたい

軒並み安い…業務形態別の介護職の給料・年収の実態

● 有料老人ホーム

28歳 年収250万 ボーナス15万

43歳 年収380万 ボーナス2ヵ月

49歳 年収550万 ボーナス4ヶ月

● 特別養護老人ホーム

42歳 年収315万 ボーナス4.5ヶ月

29歳 年収430万 ボーナス40万

37歳 年収240万 ボーナス20万

51歳 年収500万 ボーナス4ヶ月

● 介護老人保健施設

37歳 年収290万 ボーナス2ヵ月

41歳 年収410万 ボーナス60万

● デイケア

27歳 年収250万 ボーナス3ヶ月

49歳 年収320万 ボーナス4ヶ月

● デイサービス

34歳 年収240万 ボーナスなし

31歳 年収260万 ボーナス2ヵ月

28歳 年収430万 ボーナス90万

● 訪問介護

25歳 年収180万 ボーナスなし

45歳 年収330万 ボーナス30万

● 訪問入浴

22歳 年収280万 ボーナス1ヵ月

32歳 年収400万 ボーナス2ヵ月

35歳 年収270万 ボーナスなし

● グループホーム

21歳 年収300万 ボーナス2ヵ月

● 病院

32歳 年収350万 ボーナス4.5ヶ月

26歳 年収230万 ボーナスなし

36歳 年収420万 ボーナス80万

39歳 年収290万 ボーナス50万

引用元-介護職の給料が安いのか調べてみました

介護職の給料が安いと言われる理由

いくつか理由が挙げられます。その理由は様々で、内容から介護の制度にまで至ります。

体力勝負の仕事で、勤続年数が平均5年と言われている介護職。資格のみならず、経験を重視される職のため、転職しても年齢と短い勤続年数の場合は、釣り合いがとれていないように見えるため。

仕事内容や勤務形態を考えると、給料が安いとみられがちな点。精神のケアから身体介護までをカバーしなければいけない重要な業務である割に、給料のベース事態が低く、介護士本人が疑問を感じてしまうこと。

介護報酬の上限が国に定められており、簡単に人件費を上げることができない現状がある。介護報酬は、すでに6割~9割が人件費に充てられているが、これ以上の介護報酬を得て人件費を上げるには、保険料を上げていくしか方法がないという点。

以上のように、単に経営側が決められるということでは無いようです。介護保険や国の仕組みに関わる点が、余計に現状の改善を認めないということのようです。

引用元-介護士給料はなぜ低い?安いと言われる3つの理由!今後目指している人必見!|welq [ウェルク]

介護職の安い給料の改善は事業主の正しい還元が重要!

介護職員は、ヘルパーを筆頭に「特別なスキルがなくてもできる仕事」という認識が根強く、それはつまり、働く意欲のある人に広い門戸を開放しているということでもあります。

すると、「給料を上げなくても人は集まる」「離職者以上に採用できればOK」と考える事業者も出てきます。言い方は悪いかもしれませんが、“安くこき使った方が、経営面では健全だ”と考えても不思議はありません。介護保険制度が開始して以来、数多くの事業所が十分な利益をあげ、資金を蓄えてきたにも関わらず、それが介護職員に還元されていないのでは?いう指摘も一部であがっているほどですから、あながち的外れというわけではないでしょう。

人件費などのコストの削減に努めるのは、経営者としては正しい判断でしょう。ただし、その度合いが過ぎると「施設運営も順調のようだし、介護報酬を縮小しても大丈夫だ」と国が判断して介護報酬は削減の方向に向かい、なおかつ、後ほどご説明する「介護職員処遇改善加算」のような、いわば“対症療法”的な措置しか取られず、抜本的な解決が見られなくなるという逆効果を生んでしまうのも否めません。

こうして考えていくと、手っ取り早く、また、介護職員の給料をアップさせるためには「経営者が正しく、十分な額を介護職員に還元する」という方法が一番の良薬というのも、ひとつの考え方ではありますよね。

引用元-介護職員の給料はなぜ安い?介護報酬引き下げ、事業者の中間搾取…給料アップを阻む介護業界の現状とは|みんなの介護ニュース

介護職の安い給料を改善するために自分でできること…

一番大切なことは、技術と経験、そして介護現場で指揮をとれる事です。
要は、施設にとって必要な人材なることです。
これは、どの仕事でも同じですが、介護施設でも同じです。介護施設を黒字で運営するには、介護職員が働きやすく、介護技術の高さに貢献できる人材になれば当然年収は上がります。
また、現場の指揮以外でも、介護福祉士やケアマネジャーの知識を活かして、専門性の高い事務業務や市町村との連携を図ることができる人は重宝される傾向があります。
転職時でも、より待遇の良い施設で働けるでしょう。
介護施設の運営で一番の問題は、離職率の高さです。逆に、自分が離職理の高さを下げることが出来るような人材になれば、施設としてとても評価されます。
そのためにも、経験、技術、そしてコミュニケーション能力を鍛えることをお勧めします。
そして、介護の仕事で正社員として働く場合は、何を目指すかしっかりと決めるようにすることをお勧めします。
ただ、一部の介護施設によっては、どれだけ努力し、成果を出して正当に評価されない事もあります。
また、評価して待遇を上げる余力のない職場が存在するのも事実です。

その場合は転職も検討しても良いと思います。

引用元-介護福祉士 年収を上げるには

twitterの反応


https://twitter.com/ay_nn1018/status/752100998349398016


https://twitter.com/unn_1008/status/749267626728169472

 - 仕事

ページ
上部へ