役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

住宅ローンの保証人を親にお願いする時のポイントと注意点

   

住宅ローンの保証人を親にお願いする時のポイントと注意点

住宅ローンを組む時に保証人が必要になるケースがあります。

その場合、親にお願いする!という方も多いようですが、安易に考えてはいけません!

親にお願いする前に、ローンの保証人の正しい知識を持ち、どうするべきか一番いい方法を考えてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

住宅ローンで親に保証人になってもらうケース

通常、住宅ローンには保証会社の保証が必須なので、連帯保証人は必要がありません。ただし、次のような場合は、保証会社の独自の判断によりますが、連帯保証人が必要と考えられます。

・ 収入合算で住宅ローンを借りるとき(収入合算をする人が連帯保証人)
・ 夫婦などそれぞれ単独債務で住宅ローンを借りるとき(債務者がそれぞれ連帯保証人)
・ 購入する物件が共有名義の場合(共有名義者が連帯保証人)
・ 親名義の土地に住宅ローンを借りて建物を建てたとき(土地提供者の親が連帯保証人)
・ 借主の信用力が不十分と判断したとき(収入がある配偶者や実親が連帯保証人)

このように、住宅ローンの場合は、家族(親、配偶者、子供)との同居が前提なので、家族や親族以外の人が連帯保証人となるケースはほとんど見受けられません。
また、保証会社が連帯保証人と判断する場合は、どのようなケースでも保証会社から、審査で決裁する条件として、具体的に連帯保証人を配偶者や親など具体的に指定してきます。

ご質問の場合、連帯保証人としてどのような間柄の人を想定しているかわかりませんが、婚約者を除き、親族以外の人が連帯保証人になるケースはあまりみられません。

引用元-住宅ローンの不安を解消!保証についての相談 住宅ローンには連帯保証人が必須?親族以外でも可能?住宅購入情報サイトのキニーエ

住宅ローンの保証人は配偶者よりも親派が多い!

「親に保証人になってもらう必要がある」24%、「配偶者に保証人になってもらう必要がある」18%を合わせると保証人が必要だと考える人も4割ほどという結果に!

保証人がいないとやはりローンは組めないイメージがあるので親などが最適な気がします。(20代/女性/学生)

親などの信用が出来る親族に保証人になってもらう必要性が必ずあると思います。(30代/女性/パートアルバイト)

ともに暮らす配偶者であれば保証人としていいと思う。ただ、親となると干渉され気を使います。(40代/男性/自由業・フリーランス)

保証人は絶対に必要だと思います。親は自分よりも先に他界すると思いますし、それを考えると配偶者に保証人になってもらうのが一番かな。(30代/女性/専業主婦)

やっぱりローンを組むなら必ず保証人が必要だというイメージを強く持っている人もいました。しかしその中でも誰に保証人を依頼するのかは人によって異なるようです。一番信用が出来るという点で「親」を選ぶ人もいれば、共に暮らす「配偶者」の方が最適と考える人も…。その人の収入や年齢によっても判断は変わってくるのかもしれませんね。

引用元-住宅ローンは保証人の必要がある?保証人なし? | 住宅本舗

住宅ローンの保証人は配偶者よりも親がオススメな理由

【離婚による連帯保証人のトラブル】

離婚により妻が家を出るとしたら、妻は連帯保証人から外れることができるでしょうか。実はほとんどの場合連帯保証人から外れることはできません。金融機関からしてみれば離婚は慰謝料や子どもへの教育費など、債務者収支状況の悪化が懸念されます。そのような時期に大事な連帯債務者を失うことを避けたいというのが本音でしょう。

離婚後も夫が問題なく住宅ローンを返済していればいいのですが、再婚による家計の圧迫や退職などによって返済が滞る例もあります。その場合は、元妻のところに請求が行くことになります。もしも夫が元の家で再婚している場合、元妻は別れた夫とその家族のマイホームのために返済をしなければならなくなります。夫が再婚する際は速やかに新しい妻に連帯保証人を代わってもらいたいものです。
家を買う時に離婚のことを考える夫婦はいないでしょうが、離婚時のトラブルを知っておきましょう。離婚の際は、住宅ローンの返済についても話し合うことができるといいですね。

引用元-住宅ローンの保証人、配偶者は厳しい?親はどう?

親に住宅ローンの保証人に断られたら時はどうする?

住宅ローン借入れの場合には保証会社の保証が一般的

住宅ローンは、数千万円の借入れをするものですから、誰かに保証人になってもらわなくてはならないと、それこそ大変です。また、金融機関も返済能力のある保証人でなければ意味がありませんので、保証人が誰でも良いわけではありません。

このようなことからも、住宅ローンを借入れする際には、保証人の役目をしてくれる保証会社の保証をつけるのが一般的です。

引用元-住宅ローンを借りるのに保証人は必要? [住宅ローンの借入] All About

保証会社に保証してもらうにはお金がかかる

家族の幸せのためのマイホーム取得だからこそ、安心して完済できる資金計画を

保証会社に保証をしてもらえば、知り合いにお願いする重荷はなくなりますが、保証料がかかります。一般的には、借入期間が20年であれば、1,000万円あたり約15万円、借入期間35年であれば約20万円です。3,000万円を35年返済で借入れをすれば、約60万円。住宅ローンを借りる際の諸費用の中の多くを占めます。

引用元-2/2 住宅ローンを借りるのに保証人は必要? [住宅ローンの借入] All About

住宅ローンの保証人を親に頼む時は注意も必要!

親や兄弟姉妹、友人などといった「人に頼む」場合は、別途費用はかかりません。連帯保証人になる人の返済能力等に問題がなければ、審査は通るでしょう。一方、「保証会社に頼む」場合は、一定の保証料を支払う必要があります。保証料は、借入金額や返済期間などによって異なりますし、保証会社によっても異なります。一般的に、2000万円~3000万円の融資を受ける場合だと、数十万円はかかると考えておくとよいでしょう。支払い方法としては、一括払いと分割払い(金利に上乗せして支払う)があります。
このように、選択肢としては2つありますが、連帯保証人を「人に頼む」のはリスクがあると思っています。確かに、引き受けてくれる人がいれば、保証料分の節約にはなりますが、万一の場合に、その人に返済の義務が発生してしまいます。自分は大丈夫だと思っていても、将来、何が起こるかは分かりません。収入が激減したり、病気やケガで働けなくなったりしたときに、「こんなはずじゃなかった」と思っても、時すでに遅しです。善意で連帯保証人を引き受けた人に、多大な迷惑をかけることになるでしょう。それまでの良好な関係も完全に崩れる可能性があります。

引用元-連帯保証人は、「人に頼まない」「頼まれても断る」のがキホン | SUUMO(スーモ)

twitterの反応


https://twitter.com/muchuko_com/status/635419771178094592

 - お金

ページ
上部へ