役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

体重が増加・・筋肉のせい?筋トレしてダイエットのつもりが・・

      2016/06/02

体重が増加・・筋肉のせい?筋トレしてダイエットのつもりが・・

ダイエット目的で筋トレした後に体重が増えていた経験はありませんか?

頑張った後の体重増加に、トレーニングを中断してしまう方も多いようです。

しかしその体重増加には筋肉と脂肪の特徴が関係しているようです。正しい知識できれいにスタイルアップを目指しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

筋肉トレーニング後の体重増加=太ったではない!

体重は変動するもの!体重が増える=太ったではない!

カウンセリングの現場で活動していた時、体重が増える=悪であるという固定観念に支配されている人の多さに驚いたことがあります。そういう私自身も前職での経験がなければ体重の増減で一喜一憂していたと思うので、気持ちはわかります。しかし、体重が増える=悪と考える人たちの中には大事な視点が抜けています。

その大事な視点こそ、体重は変化しやすい指標であり1日の中ですら一定ではないということです。体重は、水分量や便通状態によっても±2kg程度は簡単に変動します。それゆえ朝と夜でも体重は違います。ちょっと体重が増えたからといって、本当に増えたとは言えないのです。体重という見かけ上のトリックに引っかかると抜け出せない無限ループに陥ってしまいます。体重の増減だけに目を奪われないように要注意です!

体重増減の判断は1か月単位で!毎日測ると面白い

体重は変動しやすい指標であるため、判断は1か月単位で行うとイイと思います!男性は女性に比べ、筋トレやダイエットの効果が出やすいです。行動に移せば1か月で効果は感じられるでしょう!効果の判断に体重計測を使うわけですが、毎日が面倒であれば、1週間ごと1か月ごととスポットでもOKです。しかし、毎日記録すると食事の内容や飲酒などによる増減を見ることができて面白いと思います。

引用元-【筋トレで体重は増えるor減る?】変わらないことなんてある!?|JOOY [ジョーイ]

筋肉トレーニング後に体重が増加する原因

筋繊維の炎症による浮腫み

トレーニング翌日に過度な筋肉痛が引き起こされている場合、筋繊維の炎症部分に水分が蓄えられやすくなり、浮腫のような状態にある可能性があります。

それによって筋肉が肥大したり、驚くほど体重が増加したりしますが、筋繊維の炎症や筋肉痛が治まるにつれて元の体重に戻っていきますので心配することはありません。気にせずに筋トレダイエットを続けてください。

引用元-運動で太った?筋トレ翌日に体重が増える(増加する)理由について | トレーニングスタイル

グリコーゲンが補充されることによる体重増加

筋トレ翌日の体重増加には、筋繊維の炎症以外に「グリコーゲンが蓄えられたこと」による可能性が考えられます。

グリコーゲンとは、肝臓や筋肉に一時的に保存されるエネルギーのことで、グルコース(ブドウ糖)がたくさんつながったような構造をしています。グリコーゲンには水分を引きとどめる作用があるため、グリコーゲンが蓄えられれば体重が増加します。

また、グリコーゲンには「完全に枯渇させてからエネルギーを補給すると体内蓄積率が高くなる」という性質があります。

引用元-運動で太った?筋トレ翌日に体重が増える(増加する)理由について | トレーニングスタイル

1ヶ月の筋肉トレーニングでの体重増加はどのくらい?

専門のボディビルダーでも年間に数kgつけるのが限界だそうです。

とはいえ、今まで運動していない人が初めて運動するようになれば、始めの数か月がまさにゴールデンタイム。

脂肪が筋肉へと変化していくのが目の当りにできます。

ただこのゴールデンタイムは長くは続きません。

ある程度脂肪が筋肉へと変わっていけば、徐々に筋肉が付くペースは落ちていきます。

ある程度筋肉がついたのに、毎月2〜3kg体重が増えるのであれば、明らかにオーバーペースになります。

筋肉だけでなく脂肪もいっしょについてきています。

食事の量や内容を見直してみましょう。

運動しているとお腹がすきます。

自分へのご褒美とついついいつもよりも大目に食べていませんか?

せっかく頑張っているのに台無しになってしまいます。これには十分に注意しましょう。

1か月に増やす体重は500g〜1kgぐらいを目安にしたほうがいいでしょう。

心配な人は、体脂肪の数値も併せて確認していくと、脂肪が増えたのか筋肉がついたのか判りやすいと思います。

引用元-筋トレをして1ヶ月で体重増加したのは筋肉がついたから? | 話題のアレ

体重が増加するのは脂肪よりも筋肉の方が重いから!

実は筋トレを始めると体重が増えるというのはおかしいことではありません。

何故かというと、脂肪よりも筋肉の方が重いためです。

厳密に言うと脂肪と筋肉は密度が異なるため、同じ体積の脂肪と筋肉では筋肉の方が重いということなんです。(同じ体積の脂肪と筋肉なら筋肉の方が約1.2倍程重いです。)

特に筋力トレーニングをほとんどされたことのない方だと、トレーニングを始めてばかりの時は筋肉も付きやすく、筋肥大によって体重も増えやすくなります。

筋繊維の炎症で筋肉が肥大し、一時的に体重が増加しているということも考えられるでしょう。

気にせずそのまま数か月はウエイトトレーニングなどを続けて様子を見ることをおすすめします。

最初の方は脂肪が落ちるペースよりも筋肉が付くペースの方が早いこともあり、脂肪と筋肉の両方で体重が増えてしまうこともありますが、筋肉が付いてくれば代謝も増えて脂肪も徐々に落ちていきますよ。脂肪が落ちれば体重も減っていきます。

一時的に体重は増えますが、太ってはいませんので安心してくださいね。

引用元-筋トレダイエットで体重が増える理由!増加の原因は簡単なことだった | 筋トレでダイエット – JusticeBody

体重増加を気にするよりも筋肉をつけてスタイルアップを目指そう!

脂肪以外の組織のことを除脂肪組織と言い、その重さを除脂肪体重(LBM)と呼びます。体脂肪が低下しているはずなのに体重に変化が表れにくいのは、この除脂肪と体脂肪の密度が異なることも原因の一つ。体脂肪の密度は0.9g/ml、除脂肪の密度は1.1g/mlとされており、同じ体積ならば除脂肪(筋肉)の方が重いのです。
つまり、2つの法則が成り立ちます。
同じ体積であれば、筋肉の方が重い
同じ重さであれば、筋肉の方がスリム

例えば・・・

ある女性は体重が55kg、体脂肪率は30%だったとします。
すると、体脂肪の重さは 55×0.3=16.5kg、除脂肪体重は 55-16.5=38.5kgですね。
ダイエットをがんばって4kgの脂肪を落としましたが、体重は変わりませんでした。
これは4kgの除脂肪体重が同時に増えたためと考えられます。
体重が変わらないため、「ダイエットがうまくいってないや…」と落ち込んでしまうかもしれませんが、そうではないのです。
さきほどの2番目の法則より、「同じ重さであれば筋肉の方がスリム」ですから身体の体積は減って「やせた」ことになります。
実際に密度を使って計算してみると、
 ダイエット前の体積=16.5/0.9+38.5/1.1=51.6リットル
 ダイエット後の体積=12.5/0.9+42.5/1.1=51.26リットル
体重は同じ55kgなのですが、体積は約350ml 分ほそくなっていますね!
つまり、体脂肪が減って筋肉が増えると体重に変化がなくてもやせているのです。

引用元-【筋肉と体重の関係】体脂肪を落として筋肉を増やすダイエット | ダイエットSlism

twitterの反応


https://twitter.com/cessna110708/status/735299657216073728
https://twitter.com/nakagawapuyo/status/734917846350729216


https://twitter.com/s_____om/status/730903320986935297

 - コンプレックス, 趣味・スポーツ

ページ
上部へ