役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

大学の学費が払えない・・最悪な状況を打開する為のテクニック

   

大学の学費が払えない・・最悪な状況を打開する為のテクニック

大学に進学したけれど学費が払えない…そんな最悪な状況、あなたならどうしますか?

学費の支払いに困った時は、国や学校それぞれに救済してもらえる制度があるようです。

なるべく早めの対策で、大学生活を続けられるように対処しておきましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

大学の学費が払えないとどうなるの?

本来 学生は、授業料を支払うことで授業を受け、単位を取ることができます。裏を返せば、授業料を支払わなければ授業を受けることも単位を取ることもできません。

したがって、授業料を滞納すれば、単位も取れず、卒業も認められません。就職内定をもらっている場合は、内定取消になる可能性もあるわけです。

そればかりではありません。
授業料を支払わないと、ゆくゆくは退学処分や除籍処分になります。

授業料の納付期限は大学によって異なりますが、多くは下記のような期限を設けています。

前期:4月~5月
後期:10月~11月

授業料免除や延納・分納の手続きをしないで納付期限に遅れた場合、学費負担者(一般的には保護者)に督促が行きます。

その後の対応は学校によって異なるようですが、早急に対応しなければ退学や除籍処分になる可能性があります。

もちろん、一度、納付期限に遅れたぐらいで即座に退学・除籍処分になることは考えにくいですが、早急に大学と相談する必要があります。

ちなみに、退学と除籍は似ているようで大きく違います。

たとえば、3年後期の授業料が払えない場合、(3年前期までの授業料は支払い済み)、退学の場合は3年前期までの単位が認められ、「大学中退」という扱いになります。

「退学届」を提出し、それが受理されれば退学扱いです。

一方、除籍の場合は学籍そのものがなくなりますから、在学中に取得した単位すべてが無効になります。

引用元-学費が払えない時に読んで欲しい学費の免除・延納・分納のまとめ | キャッシングのまとめ

大学の学費が払えない時はまず相談!

学生課に相談

学生課というのが大学、専門学校の部署にあるはずです。通常学費は一括納入が多いですが、経済的な都合などがあれば分割での支払いや納入の延期を認めてもらえる可能性があります。
また、成績によっては学内奨学金のような制度が利用できるかもしれません。
学内制度ではありませんが、日本学生支援機構の貸与型の奨学金もあります。。在学中であれば学校を通じて奨学金の募集を受け付けているはずです(こちらは卒業後に返済する必要があります)。

奨学金等の支援制度もも含めて、期限までに学費が払えないことが確定したら学生課に相談するようにしましょう。

引用元-学費が払えない、払わないとどうなる?

必死に受験勉強をして、進学した学校で、将来就きたい仕事もあって希望に満ちた学生生活を送っていても、ピンチに見舞われることがあります。学生生活の中で一番不安に陥るピンチは、学費が払えなくなることではないでしょうか。

不況の影響で父親がリストラにあってしまって、経済的に余裕がなくなることもあります。病気や事故で親が死亡してしまうことや、家庭の事情で経済的に困窮してしまうことも考えられます。学費が払えないと、もう学校を辞めるしかないと、諦めてしまいそうになりますが、学校を辞める決断をする前に救済処置はあるようです。

せっかく学んできたことや、取得した単位を諦めないで将来に希望持てるように、まず学校に相談することがお勧めです。学費には納入期限が設けられているので、来期の学費が払えないことが解ったら1日でも早く相談すると、解決策の選択肢が増えます。

引用元-学費が払えない!在学を諦める前に最善な解決策を知っておこう|UpIn[アップイン]

大学の学費が払えないなら授業料免除制度を利用しよう!

日本には国公立大学と一部の私立大学で、家庭の経済状況により授業料の全額または半額が免除される制度がある。私も、親がほぼ無収入だったため東大の4年間は授業料の全額が免除された。こういった授業料減免の恩恵を受けている学生は、国公立と私立、学部から博士課程まで合わせた全体で約15万人、財政規模で約500億円だ。うち国立の学部生は6万人、200億円で対象者の13.6%、私立の学部生は3.2万人、約100億円で、対象者の1.5%になる。この予算と人数は近年増加しており(被災者を対象とした復興予算の影響もあるが)、2008年と比べるとほぼ倍増している。

こういった措置は評価に値するが、決して十分とは言えない。たとえば、東大は親の給与所得が400万円以下なら全額免除という措置を取っているが、他の国立大学でも同様の施策を実施してほしい。少なくとも国立大学に通えるくらいの努力をすれば、家庭の経済事情で進学をあきらめるようなことがないように保障すべきだ。

引用元-大学授業料免除はどこまで拡げられるか

大学の学費が払えないなら分納・延納制度を利用しよう!

多くの学校では年に2回の支払いとなっていて、国公立のやすい学費でも25万円以上、私立の学部によっては50万円以上の出費となります。

ギリギリの予算で自分たちの生活と、子供の学費を捻出していると、突発的な出費があると支払いが困難になる場合があります。
すぐに用意できる現金がない!
そんな時はどうしたら良いんでしょうか?

大学には「分納」「延納」の制度があります。

殆どの大学には、学費の支払いに「分納」「延納」の制度があります。

分納はその名の通り、学費を「分割して納める」ことで、2~6回に分けて払うことが出来ます。
まとまった額を一度に用意するのが難しい場合には、これを活用すると良いでしょう。

延納もその名の通り、「学費を納めるのを延期する」ことです。
「今、お金ないからちょっと待って!」って感じですね。

数カ月後にはお金が入るめどが立つんだけど、今はちょっと足りない…
なんて時にこの制度は助かります。

引用元-子供の大学の学費が払えない!分納、延納以外で払う方法とは

大学の学費が払えないなら教育ローンを利用しよう!

国の教育ローン

教育ローンの中でも一番知名度が高いのは公的な教育ローンである「国の教育ローン(日本政策金融公庫教育一般貸付)」でしょう。全国の金融機関の窓口でも申込可能です。学生一人当たり300万円以内の一括借入で返済期間は15年以内です。年収制限があります。

公的な教育ローンとして幅広く利用されています。年収等の融資基準があり、年収が高い世帯は利用することができません。

引用元-国の教育ローンの特徴と借り方

銀行の教育ローン

同じお金を借りる方法としても、奨学金は受給まで2か月かかります。学費の納入期日が迫っていて即日お金が必要な時は、銀行や国の教育ローンを利用するのも1つの方法です。

教育ローンは低金利でお金が借りれますが、返済義務が在学中に始まります。教育ローンの契約者は保護者になりますが、世帯収入にも基準が設けられているので注意が必要です。申し込みはネットでも出来るところがあるので、審査も入れて2週間で入金があるのは納期が迫っている時には助かると思います。

引用元-学費が払えない!在学を諦める前に最善な解決策を知っておこう|UpIn[アップイン]

twitterの反応


https://twitter.com/himekagero77/status/719865036332634112
https://twitter.com/yondoTvT/status/723100599844110336

 - お金, 勉強・学校

ページ
上部へ