役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

女子が好きな部屋を白に統一♡は精神に影響も?白をうまく使う技

      2016/09/30

女子が好きな部屋を白に統一♡は精神に影響も?白をうまく使う技

今はやりの「白」を基調とした部屋は、清潔感だけでなくインテリアが映える色として注目されています。

しかし白を基調としたお部屋作りは、意外と難しくポイントや注意点を押さえておく必要があります。

ぜひ参考にして、女子力アップさせるオシャレな部屋作りに挑戦してみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

白を基調とした部屋作りで女子力をアップしよう!

白いインテリアで大人女子な部屋作りをしよう

大人女子の皆さんはお部屋のイメージをリッチでエレガントにしたいと思っている方も多いと思います。そんな皆さんにオススメしたいのが白いインテリア。白はシンプルになりすぎると思うかもしれませんが、使い所によって部屋の雰囲気をワンランクUPさせてくれるんですよ。

引用元-シンプルにもガーリーにもなる白!大人女子インテリアはエレガントにまとめる! | kabukiペディア(カブキペディア)|日本が誇るプロダクト・カルチャーをストーリーとともに世界へ発信するメディア

シンプルなイメージのある「白」

何にでも合う万能色

ホワイトベースはインテリアの基本中の基本です。広い範囲で使っても圧迫感がないですし部屋を明るく見せる効果があるので壁紙に一般的に使われる色です。どの色とも調和するので部屋の模様替えも簡単。ただし、白で統一した部屋づりはシンプルなだけに上級者向き。白は質感も大事になりますし、あまり白ばかりでは明るすぎる場合もあります。そこで、赤や黒などといったアクセントカラーを取り入れるとよいでしょう。

引用元-部屋を好きな色で彩る。インテリアカラー別お部屋コーディネート – biche(ビーチェ)

女子力アップ!白がメインの部屋を居心地よくするポイント

光を調節する

大きな窓がある明るい部屋というのは素敵なものですが、大きな窓がある部屋での白メインのインテリアは避けておきましょう。窓から入る光の調節が難しいので、せっかくの窓を有効に使えなくなってしまいます。白メインの部屋は窓が小さめの部屋にすると、逆に白の特性によって簡単に明るい部屋にすることができますよ。

またどうしても大きな窓の部屋でやりたい、と考える場合は柔らかく光の差込を調節してくれるレースのカーテンなどを使いましょう。このときカーテンの色を白にすることは避けて、薄いベージュ、薄いグリーンなどにすれば少し緩和することができるかもしれません。

白一色にしない

白メインではあるけれど真っ白ではなく、薄い黄色が入ったアイボリーやベージュ、グレーなど淡い色をあわせると目に対する負担を軽減することができます。パッと見は真っ白のインテリアにできるのではないでしょうか?おすすめは淡い暖色になります。

引用元-白い部屋の注意点。素敵な部屋でくつろぐために知っておきたいこと | iemo[イエモ]

白を基調とする部屋の女子度をアップする為には…

【女子部屋のポイント1.色調が統一されている】

まず女性らしい部屋の最も大きな特徴とも言えるのが色の統一感があるということです。

特に北欧系のインテリアを使った白基調の部屋というのは明るい印象もあり、女子力の高さを感じることができます。

賃貸住宅などはもともと白い壁をしていることが多いですが、そこに白塗りペンキの板を並べたり、白~パステルカラーの木製チェストを置いたりすることでぐっと女性らしい部屋になります。

【女子部屋のポイント2.全体的に家具の高さが低い】

これも案外気づきにくいことですが、女性らしい部屋の場合には身長よりも高い本棚やラックなどがほとんど見られません。

かなり荷物の収納に気を使わないといけませんが、高さをせいぜい腰くらいまでの家具だけにしておくと視界が広くなっていかにも女の子らしい、こじんまりとした印象の部屋になるようです。

【女子部屋のポイント3.観葉植物・ファブリック・額縁など生活に必要ないものがある】

これも女子らしい部屋の大きな特徴で、生活に直接的に必要のないようなグッズやインテリアをうまく配置しているという特徴があります。

引用元-女の子らしい部屋を作るポイント | スマートエブリディ

部屋に合った女子力アップの白家具を購入する時のポイント

1.信用できる通販サイトを選ぼう

価格ばかりに惑わされずに、信用できる通販サイトを選びましょう!
家具は長い時間を共に過ごす大事なものです。最近では、安い白家具も多く販売されていますが、極端に安い物などは作りが雑だったり、安っぽく見えてしまうものがあります。
購入する前にしっかりとしたショップなのか見極めることも大切です。
もし、少しでも疑問があれはショップに問い合わせて聞いてみましょう。

2.サイズを調べて買おう

家具を買う時にやってしまいがちなのが、寸法を図らずに購入してしまい思っていた場所に置けなかったという失敗ではないでしょうか?
ネットショップや通販では、写真が載せてありますから部屋に置いた時のイメージはしやすいですが、大きさは見落としがちです。

理想の場所に置けるようにしっかりと寸法を調べてから購入しましょう。
部屋に運び入れることが出来る大きさかどうか、搬入経路の確認も重要です。

3.デザインがお部屋に合った白家具を買おう

一目惚れして素敵な白家具を買っても、実際に自分のお部屋に運び入れてみたら、お部屋の雰囲気や他の家具と合わなかったということはありませんか?
せっかく可愛い家具を購入したのに、雰囲気に合っていなかったら、それだけ浮いてしまうこともあります。
購入する前に、部屋に合っているかどうかもよくイメージしてみましょう。

引用元-白家具を通販で買うときの3つのポイント | ユーロマーケット ブログ

実は危険?白い部屋を目指す女子が気を付けるべき事!

白という色は使い方を間違えると、心を乱す原因となる色です。まず、白は光を反射してしまう色です。その為、その部屋にいることで目が疲れてしまい、長期間過ごすことで脳にまで影響を及ぼします。

純白のイメージを持つ白ですが、同じく死装束であったり白い布団など、日常では避けられるような色でもあるのです。汚してはいけないと思わせてしまう白は、緊張感や警戒心で心をいっぱいにしてしまうのです。

もしその尊厳高い白を汚してしまった場合、喪失感や絶望感などの心理状態にさせてしまうこともあるのです。

以前は病棟のイメージカラーは白でしたが、無気力になるなど精神状態に良くないことが分かってきたため、最近は色味の付いたものへと変化してきています。また、子供部屋への真っ白な壁紙の採用はなるべく避けたほうが良いでしょう。

家具をも白で統一するというのは大変危険で、無気力・冷淡・完璧主義に陥りやすくなるため、注意しなければなりません。こうしてみると、白の効果が逆に悪影響を及ぼしてしまっているのですね。

引用元-憧れの白いインテリアの部屋。実は精神的な病を引き起こす原因に | 女性の美学

twitterの反応


https://twitter.com/yu_girls15/status/774251732440264705
https://twitter.com/rrrrei0x0/status/772276551643639808

 - 豆知識, 趣味・スポーツ

ページ
上部へ