役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

納豆・味噌汁・豆腐はミラクルフード!大豆イソフラボンの効果

      2016/05/07

納豆・味噌汁・豆腐はミラクルフード!大豆イソフラボンの効果

日本には多くの大豆製品があります。納豆・味噌汁・豆腐など、その種類も様々です。

この大豆製品には健康や美容に効果があると言われる大豆ソフラボンが豊富に含まれています。

この大豆イソフラボンを効果的に摂取するための量やポイントについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

納豆・味噌汁・豆腐…大豆がもたらす効果

大豆は豆類の中でもたんぱく質を豊富に含むことから「豆の王」、アミノ酸の組み合わせが動物性タンパク質に似ていることから「畑の肉」とも呼ばれています。栄養面以外でも大豆は味噌・醤油・納豆・豆腐・きな粉など和食を代表する調味料・加工品として広く用いられ、私たちの食生活になくてはならない存在となっています。ユネスコ無形文化遺産に登録され、世界中から注目を浴びる「和食」も大豆なしでは成り立たないと言っても過言ではありません。

世界的に見ると大豆はごく最近まで採油用・飼料用が主体でしたが、肉に匹敵するタンパク質・アミノ酸スコアやコレステロール値低下作用が認められたことから「ミラクルフード」として脚光を浴びるようになりました。和食ブームやダイエットブームの影響から「大豆ミート(ソイミート/ベジミート)」と呼ばれる大豆を使った肉の代用品(肉もどき)も支持されています。
ちなみに大豆が英語でsoyもしくはSoybeanと呼ばれているのはドイツ出身の医師・博物学者のエンゲルベルト・ケンペル氏が『日本誌』の中で「醤油(soyu)」を作る豆であると紹介したことが由来だそう。

洋食化が進む日本では年々消費が低下していく傾向がありましたが、大豆イソフラボンの女性ホルモン作用や、海外セレブが美容やダイエットに大豆を取り入れていることなども報じられ、大豆を意識的に摂取しようとする方が増えています。美容面への様々な効果が期待出来ることから特に女性に人気が高く、大豆バーや豆乳プリンなどスイーツへの応用・商品化も広く行われ、手軽に購入できるのも魅力ですね。

引用元-大豆の効果・効能・美容成分・食べ合わせ⋆SlowBeauty

納豆・味噌汁・豆腐…イソフラボンの含有量

納豆 1パック 65.0mg きな粉 大さじ1 15.6mg
豆腐 1/2丁 55.0mg 味噌 大さじ1 7.2mg

食品や加工食品として日常的に利用されるのは大豆や緑豆です。

具体的には、緑豆は「もやし」で、大豆は大豆食品である「納豆、豆腐、味噌、醤油、豆乳、きなこ、油揚げ、厚揚げ」などで、いずれも豆腐屋やスーパーで容易に入手できます。

和食を食べる機会の多い人は、味噌汁や納豆などの大豆加工食品を食べる機会が多いので、特別に意識しないでも1日に必要な量のイソフラボンを摂取できているようですが、食品安全委員会では「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」の中で、一日摂取目安量の上限値を70~75 mgに定めています。

ちなみに、大豆食品のイソフラボン含有量をいくつか列記すると、納豆1パック(50g) 65.0mg、豆乳(125ml)69.0mg、豆腐1/2丁(110g) 55.0mgです。

引用元-イソフラボンの多い食品って何?それらの摂取量や含有量は?

納豆・味噌汁・豆腐…効果的な摂取量

一日に必要なたんぱく質の量は?

肝臓を守るために一日に必要なたんぱく質の量はおよそ80gとされています。一日に80gと言われてもピンとこないかも知れません。そこで日本の伝統的食材である大豆食材に含まれるたんぱく質の量を挙げてみます。

豆腐(木綿1丁300g)=20g
納豆(1カップ50g) =8g
豆乳(100ml) =3g
味噌(100g)=7g
油揚げ(100g)=18g
おから(100g)=5g
枝豆(100g)=16g

一日に必要とされる80gのタンパク質を例えば豆腐だけで賄おうとすると毎日、1年中365日豆腐4丁を食べ続けないといけない計算になります。この量はよほどの豆腐好きでもムリな量です。大切なことは80gを毎日3食にちりばめて食事から摂ることです。

例えば、味噌汁の具を豆腐と油揚げにする言った具合に。そこでタンパク質を毎日、必要量摂取するちょっとした工夫とコツが必要になります。

引用元-肝臓を守る食事 豆腐、納豆、みそ等大豆食品の賢い取り方 | 健康生活

納豆・味噌汁・豆腐…効果的な食べ合わせ

大豆はイソフラボンの他に、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維を含んだ栄養豊富な食べ物です。
PMSの改善が期待できるほか、他の食品と一緒に食べると、下記のようなさまざまな効果が期待されます。

 +牛乳、小魚などのカルシウムを含む食品 → 骨粗鬆症予防、悪玉コレステロールを下げる +ごま(エストロゲンに似た働きをするゴマリグナン含みます) → 抗酸化作用 +DHA、EPAを含む青魚、ビタミンDを含むカツオやサケ → 中性脂肪や、悪玉コレステロールを下げる +抗酸化作用のあるビタミンA(トマト)、ビタミンC(キウイなどの果物)、ビタミンE(アボカド)など → 美肌効果、血管を強くする +ヨーグルト、キムチなどの発酵食品 → 乳酸菌が善玉菌を増やして、腸内環境を整える +バナナ、ごぼう、玉ねぎなどに含まれるオリゴ糖や、果物、野菜、海藻などに含まれる食物繊維 → 排便を促して便秘を改善する、腸内環境を整える、コレステロールや血糖値の改善 例えば、豆乳とバナナをミキサーにかけてジュースにしたり、冷ややっこにキムチを乗せる、納豆にしらすを混ぜるなど少しの工夫すると、
効率よく効果を期待できます。

引用元-大豆イソフラボンの効果について、 管理栄養士さんにお聞きしました!

納豆・味噌汁・豆腐…取り過ぎも注意が必要!

大豆は、豆類の中でもタンパク質がもっとも多く、
含まれています。また、

食物繊維や鉄分、カルシウム、カリウム、
マグネシウム、ビタミンなどが含まれた、
バランスの良い、栄養食品
です。

脂肪も多く含まれていますが、動物性脂肪のように、
コレステロールが、多く含まれていません。

このように、大豆にはからだに良い成分が豊富で、
「健康食品」としての、イメージがあります。

そのため、大豆を使用したダイエットサポート食品が、
たくさん、売られていますがカロリーが高いのも事実。
食べ過ぎは、確実に太ります。

いくら食べても、太らない気がしていましたが、
それはただの、幻想でした。

更に、太るだけでなく、
食べ過ぎによる、弊害は他にもあります。

大豆の食べ過ぎに気を付けて!
大豆は、牛乳や卵と合わせて、
三大アレルゲンの一つとして、上げられています。

お醤油やお味噌の原料として、日本人の食生活に、
欠かせないのが、大豆です。

その大豆をとりすぎることによって、
アレルギーになるということも、あるそうです。

更に、大豆に含まれるイソフラボンは、
女性ホルモンと、同じ働きをすることから、

ホルモンバランスを、整えてくれる物質として、
人気がありますが、婦人科系の病気を患っている場合、
悪化させるということで、摂取を控えなくてはなりません。


引用元-大豆の食べ過ぎは太る? 食べ過ぎってどのくらい? | 今日何食べる?

twitterの反応


https://twitter.com/sckmTVXQ/status/718477531511279617

 - 食べ物

ページ
上部へ