役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

結婚の10年目でもう1度結婚式を!密かなブームのリ・ブライダル

      2016/07/30

結婚の10年目でもう1度結婚式を!密かなブームのリ・ブライダル

結婚10年目は夫婦として一つの節目と考えている方は多いようです。

そんな10年目の記念に、もう1度結婚式を挙げるリ・ブライダルが注目されているようです。

夫婦が新しいスタートを切る10年目に挙げる結婚式について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

結婚10年目にもう一度結婚式を!リ・ブライダルが人気に!

「もう一度、ウェディングドレスが着たい」。2人に1人の女性が、そう回答した。
入籍だけして式を挙げなかった夫婦が、子供を授かってから家族で結婚式(ファミリーウエディング)を挙げる。もしくは一度結婚式を挙げた夫婦が、結婚3年目や10年目の節目などに改めて絆を誓い合う結婚式をする。このような結婚式のあり方は「リ・ブライダル」と言われており、近年需要が高まっているという。

結婚式に関するアンケート調査(株式会社オークローンマーケティング)

ファミリーウェディング情報を扱うwebサイト「みんなのファミリーウェディング」は、短時間で行える挙式のみプランや子供連れに人気の披露宴込みのプラン、記念日に気軽に行えるフォトウェディングなど、全国の式場の多様なプランを紹介している。ユーザーからの関心の高さを裏付けるように、今年の1月から5月にかけて、アクセス数が2.2倍に増加しているそうだ。

引用元-「リ・ブライダル」が人気! もう一度結婚式を挙げよう | FQ JAPAN 男の育児online

結婚10年目に再スタートで結婚式を挙げよう!

 結婚して10年も経てば、新婚当初は大きく状況が変わっているというものだ。子供たちもいるし、夫婦の所有物も増加し、そして何より夫婦の思考や行動まですべてが変わってしまうのだ。本物の夫婦になるということは、新たな誕生と見て間違いないし、それを儀式として現れる形で祝福してあげなければならないのだ。

 結婚後10年目で再スタートだと思っておいた方がいい。必ずしも結婚して10年目に再スタートが起きるのではないのが、そこいらの辺りで再スタートが起きるのである。結婚をスタートさせるために結婚式が必要なと同じように、結婚後10年目でもう一度結婚式を挙げて再スタートを図るのだ。そういう結婚式がどうしても必要なのである。

 世の中には儀式というものを嫌って、結婚式すら挙げないような人々がいるが、儀式というものは、その区切りをつける上で絶対に必要な行為なのだ。結婚式を挙げずに、ただ結婚届けを出して結婚した場合、それがまともな結婚にならず同棲と変わらなくなってしまうように、何か大きな変化が起きる前に儀式を執り行うことで、自分の人生に劇的な変化を起こすべきなのである。

引用元-結婚後10年目の結婚式: ★★タマティー天使の運命学研究所★★

結婚10年目の記念にフォト結婚式もおすすめ!

10年間仲良く過ごすことができた記念にスタジオで撮影するのは記念になります。
そのころには、お子さまがいらっしゃるかもしれませんので、夫婦+子どもで記念撮影をすることをおススメします。

撮った写真をアルバムにしても良いですし、どこかに飾るのもアリでしょう。
そして夫婦というのは常に仲が良いわけではなく、時には喧嘩をしたりして危機的状況に陥ることもあります。

しかし、結婚10周年の記念写真を撮ることによって新婚の頃を思い起こし、お互いを見つめなおすきっかけにもなります。

引用元-結婚10周年の記念には特別な写真を残そう | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

「写真だけで行う結婚式」のことをフォトウェディングと呼びます。
その形や選ばれる理由は人により様々です。大自然や青空の下、煌めくサンセットとのビーチ撮影、森の中にある小さなチャペルでのロマンチックな撮影、諸事情から結婚式を挙げなかった人、結婚式では和装だったので今度は洋装での写真を残したい人、10年目の結婚記念日としての記念写真など、様々な形や希望に合わせた結婚式を叶えてくれるのがフォトウェディングです。
世界的に人気の南国リゾート地であるハワイでは、様々なフォトウェディングのプランを提供しているところが多く存在し、日本では旅行会社を通じての依頼や、フォトウェディング専門の業者に依頼することで実現可能にする利用者が増えています。

引用元-フォトウェディング/ロイヤルカイラ ウェディング

結婚10年目の結婚式!人気のウェディングスタイルは?

「教会式(キリスト教式)」・・・60.7%

「ベタですが、真っ白なウェディングドレスを着て父とバージンロードを歩くのが小さい頃からの夢でした!ドレスのトレーンを持つ『トレーンベアラー』を3歳の姪っ子にやってもらい、ほほえましくも感動的な式になりました」(洋子さん・32才・主婦)

結婚式=教会式(キリスト教式)をイメージする人が多数いるようです。
雑誌やテレビなどでウェディングドレスを着用したチャペルでの挙式を目にすることが多く、「THE結婚式」のイメージを抱きやすいのも人気の理由。

「人前式」・・・26.7%

「自由な雰囲気はもちろん、『人前式』は日本の挙式スタイルの原点であるという話も気に入ってこのスタイルに決定。セレモニーの最後には、参列者全員でシャンパンで乾杯する『シャンパントースト』の演出も取り入れて大盛り上がり!」(咲羽さん・24才・会社員)

形式や格式にとらわれない人前式。
リーズナブルに式を挙げたい人からも支持があります。特別な場所や設備を用意しなくても行える手軽さも人気の一因。
工夫次第では、3大挙式スタイルの中で一番コストを抑えて実施できることも魅力です。

「神前式」・・・12.6%

「色打掛に洋髪を合わせるスタイルを雑誌で見て、結婚式は神前式でやりたい!と心に決めていました。和装姿を見て、祖母もよろこんでくれました。毎年初詣している地元の神社で挙式できたので、来年からの初詣も感慨深いものになりそうです」(由佳さん・29才・会社員)

日本の伝統的なスタイルで根強い人気を集める神前式。
昨今、「和婚」とも呼ばれる和装でのぞむ結婚式ブームで、この挙式スタイルを選ぶ人が再び多くなってきています。

引用元-「結婚式のスタイル」人気の3大タイプ | 結婚準備の基礎知識

結婚10年目の満足いく結婚式を実現させよう!

小さい頃から女性が夢見る“結婚”。将来の夢は「お嫁さんになること」なんて書いた記憶はありませんか? 白い純白のドレスに身を包み、それまで育ててくれた父親に手を引かれ彼の元へ……。妄想するだけで幸せになれそうです。

女性にとって人生の大きな節目となる結婚式は、絶対に失敗したくないイベントですよね。そのために連日式場で打ち合わせを重ねたり、着るものや親族への伝え方、披露宴に呼ぶメンバーなど、しっかりと考えて当日に臨むはずです。

が! スターツ出版株式会社の運営する『OZmall』とワタベウェディング株式会社が共同で行った調査によると、既婚女性の半分以上が結婚式に満足していなかったことがわかりました。そして、もう一度結婚式をするなら海外リゾートで、という願望を持った人が49%もいるという事実が浮き彫りになりました。

引用元-なんと50%以上の女性が結婚式で後悔していると判明! – Menjoy! メンジョイ

もう一度結婚するなら海外リゾート

小栗旬さんと山田優さんのハワイ・ラナ島や、中田敦彦さんと福田萌さんのインドネシア・バリ島の結婚式など、海外リゾートでの結婚式をする芸能人も多いです。

海外リゾートの魅力を考えてみると、海外という非日常的な場所での特別な感情・海が綺麗な場所が多いなどがあります。最近はラフな感じのアットフォームな結婚を望む声も多く、ハネムーンや家族旅行を兼ねて結果的にリーズナブルにするという考えもあるようです。

引用元-なんと50%以上の女性が結婚式で後悔していると判明! – Menjoy! メンジョイ

twitterの反応


https://twitter.com/syouji1019/status/712165986128896000


https://twitter.com/kasaiyua/status/668785546223718400


https://twitter.com/rarkkumaaa/status/664819356077953025


https://twitter.com/Nacchiii73/status/525963973024161793

 - 雑学

ページ
上部へ