役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

結婚を後悔しない為にブログから学ぶ!諸先輩の結婚生活の秘訣

      2016/06/15

結婚を後悔しない為にブログから学ぶ!諸先輩の結婚生活の秘訣

結婚には後悔がつきものです。相手との考え方や生活習慣の違いなど理由は様々です。

しかし後悔ばかりに重きを置いていては、結婚生活は上手くいきません。

そこで様々なブログから後悔しない為の結婚観についてまとめてみました。ぜひ参考にして自分の考え方を見直してみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

ブログに学ぶ結婚観!後悔しない為には考えすぎない!

後悔しない結婚をする為には、深く考えすぎない事

後悔しない結婚は誰もが望んでいる事です。

大恋愛の末の結婚であっても、後悔する可能性はありえます。

最初からあまり期待しすぎずに、好きな人と結婚する事は前提ではありますが、家族となる人という感覚は必ず持っていた方がよいです。

長い人生を共に生活をする訳ですから、恋愛感覚での好きという感情を継続するのは非常に難しいものです。

しかし、家族として好きという感情を生涯持ち続ける事は可能です。

異性として好きという事も大切ですが、人間としても好きな人を選ぶ必要があります。

恋愛や結婚に理想を求めすぎない方が上手くいく。

自分も含めて完璧な人は存在しません。

出来るだけプラス面を見ていくように習慣付けていくといいです。

マイナスイメージを膨らませてしまうと、お互いにマイナスでしかありません。

これから結婚相手を探そうと思っている場合に、自分の理想や希望条件などを箇条書きする人がいます。

それは効率のよい探し方かもしれませんが、あまり決め込まない方がより理想の相手に巡り合うものです。

引用元-きっかけはできちゃった結婚?後悔した体験談

ブログに学ぶ結婚観!後悔しない為には「負けしろ」を!

『負けしろ』の少ない方がマウンティングする

他人同士が共同生活を始めると、夫婦二つの価値観が主導権を取ろうと時に激しく、時に静かに火花を散らします。

亭主関白は夫がマウンティングした状態であり、かかあ天下は妻がマウンティングした状態です。ここでのマウンティングとは、夫婦関係において自分の価値観を貫くという意味です。

必ずどちらかがマウンティングします。

あなたは『夫婦は対等であるべきだ』と考えているかもしれません。しかしその『対等』はあなたの価値観の『対等』であって相手の考える『対等』とは違います。

相手はあなたにしてもらっていることは、あなたが思う評価で受け入れてません。逆もまた然りです。

もし今の関係が対等だと感じているなら、相手はあなたよりも譲歩していると考えてみてはどうでしょうか。

自分の価値観を通した所はそれが自分にとってはごく自然で当たり前なため、相手が譲歩していることは、なかなかわからないはずです。

どこまで譲歩できるかというのはその人の成熟度によります。倫理学者の内田樹(うちだたつる)氏は著書の中で負けしろと呼んでます。

引用元-全ての既婚者は結婚を後悔しているのか?に答えます – 千日のブログ

ブログに学ぶ結婚観!後悔しない為には自分ばかりを正当化しない!

夫婦間で「正論」は危険

習慣の違いは、相手をイラ立たせますが、それは悪意があってやっていることではないので、正論を言ってやめさせるというのは効果的ではありません。
(中略)
もし相手に細かいことばかりを言っていたら、相手は極力、文句を言われないように、コミュニケーションを遠ざけるようになるのです。
言っている本人としては、それは常に正しいことなので、まさかそんな反応になるとは思わないかもしれませんが、夫婦間では正論は危険なのです。

P.143
私はバッグの口をあけっぱなしでいる女性が苦手です。すごく細かいですが(笑)。

バッグを閉じるなんて簡単なことを面倒に感じているのだから、他もかなりだらしないのだろうな、と思ってしまうんです。単純に、安全上の問題もある、と思ってしまいます。

そういえば、ナンパ師はそういう女性を狙う、と以前なにかで読んだ気がします(笑)。

けど、もし「バッグ閉じなよ」なんて何度も女性に言っていたら、すごく嫌われそうですね(笑)。

極力、対立構造をつくらないように「指摘」ではなく「相談」というスタイルの話し方をすることが重要です。
(中略)
お互いが歩み寄るには、ダメなところを減点法で指摘するのではなく、「加点法」で考えるということ、相手のプラス面には敏感力、マイナス面には「鈍感力」で向きあうということです。

P.143
相手のダメな点について鈍感になったほうが、自分もラクかもしれませんね。

自分も完璧ではないのだから、相手に鈍感になってほしいし(笑)。

引用元-1万人の失敗談から分かった!結婚を後悔しない5つの考え方 〜本『結婚を後悔しない50のリスト』 – ライフハックブログKo’s Style

ブログに学ぶ結婚観!後悔よりもベクトル合わせを!

「結婚とは無限のベクトル合わせだ」というもの。

つまり、思考回路や方向性が違う二人の男女は放っておいてうまく行くものではない、ということ。

方向性が違ったらそれを素早く修正する。ずれたベクトルを合わせる。それを繰り返すことが夫婦円満の秘訣だというのだ。

そしてベクトルを合わせる、ずれを修正するためには、夫婦間の情報共有、つまり会話がとても重要なのだ。

「おはよう」「おやすみ」「ありがとう」「いただきます」

単純で些細と思われる挨拶がきちんとできていない夫婦は、もっと大切な、そして大きな人生に関する相談や決断を相手に伝えられず、その結果として相手に対する信頼感を損ない、不仲になっていく。

相手が理解できない行動を取る時には、相手を責めるのではなく、なぜ相手はそうしたいのかを知る努力をする。

「これ、どうしたらいいのかな」という問い掛けをして、問題を共有して解決する。

そしてその修正は、短いピッチですり合わせることが大切だ。

日頃の些細な問題か解決できていない状態で、「独立起業」や「親の面倒」などの大きな問題を冷静かつ効果的に話し合うことは難しい。

無限のベクトル合わせの技術を習得すれば、僕らの結婚が上手く行く確率は大きく上がる。

引用元-結婚を後悔しない50のリスト 〜 結婚とは「無限のベクトル合わせ」である | No Second Life

ブログに学ぶ結婚観!後悔は誰にでもある!

ハッキリ言って後悔は必ずします。進路先・就職先・結婚相手など、人生の大きな選択をした際には必ず後で後悔するものです。

「あ~やっぱりこっちにすれば良かった」って必ず思うんです。これは何かを購入する時ですら思います。

だから実は「結婚して後悔するのは当たり前」なんですね。

一度も喧嘩しないわけがない

結婚相手との喧嘩ですが、一度もないはずがないんです。だから必ず一度は喧嘩します、そしてその際に少しは後悔が頭をよぎります。

僕は喧嘩が少ない夫婦だと自称していますが、それでもやっぱり「結婚してなかったらもっと楽だったかも」と思ってしまう瞬間はあるんです。

良い思い出を忘れて思い込むだけ

そしてその時は必ず良い点については頭から消え去っています。

実は普段はメリットの方を大きく感じているのに、その瞬間だけ突発的にデメリットばかりが頭に浮かぶ。そうなるのが人間です。

喧嘩をしたとしても、毎日している人は別ですがたまの喧嘩なら誰でもありえます。

それよりも普段の毎日は仲良く暮らしていて、結婚をしているからこそ一人の寂しさを忘れているんです。

その事を忘れて「結婚なんてするんじゃなかった」と幸せに慣れて思い込んでしまうだけなんですね。

僕はそうなるのが一番危険な気がします。総合的に考えたら結婚生活の方が良いに決まっているんで…。

引用元-結婚して後悔した事まとめ…いつ誰と結婚しても嫌になる瞬間はある – 結婚生活・お役立ちブログ Web論

twitterの反応


https://twitter.com/twitt_tweety/status/684580378602934272


https://twitter.com/kanimayo1983/status/722674268811698176


https://twitter.com/rinpo_new/status/531399366037082112

 - ウェブ, 結婚

ページ
上部へ