役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

胸の筋肉におこる痙攣~気になる症状の原因と改善のポイント~

      2016/07/01

胸の筋肉におこる痙攣~気になる症状の原因と改善のポイント~

胸の筋肉が急にピクピクと痙攣した経験はありませんか?

胸部の筋痙攣には様々な原因が考えられますが、どの原因も体からの何らかのサインです。

胸部の筋痙攣を繰り返さない為にも、ぜひ体の不調を改善しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

胸の筋肉が痙攣する原因①運動過多・不足

運動過多で適応力を超える使い過ぎでもトラブルがおこりますが、運動不足でも血流障害を伴った筋疲労がおきます。覚えておいて欲しいのは全身の血流が悪くなって筋力が衰えてるということです。ですからことは全身症状なのですが、あなたにとって弱い箇所である大腿部に分かりやすくそれが現れているだけです。

日頃あまり使わないでいると筋肉は疲労しますが、弱った筋肉を使うとさらに疲労が重なり血管はますます収縮してしまいます。そのままでは生体は破綻してしまいます。
ですから、実は筋肉の痙攣や震えは体が自ら筋肉を動かして血管を拡張、発熱(筋肉は熱エネルギーの発生場所)させるいわば治癒反応だと思います。

引用元-太ももの部分的な痙攣 – 病気 | 【OKWAVE】

運動神経(動けという命令)が興奮することでカルシウムイオンが放出されます。それが筋肉を収縮させるためのフィラメントについているトロポニンというタンパク質に結合することにより突っ張り棒が崩れ、滑走が起こります。これが筋肉の収縮の大まかなメカニズムです。
逆に、筋肉を緩めるためにはATPというエネルギーを使ってトロポニンとカルシウムイオンの連結を解除し、カルシウムイオンを回収することで筋肉は弛緩します。しかし、筋肉の収縮を繰り返してるうちにエネルギーや酸素が不足していきます。そのためカルシウムイオンを回収出来なくなるので、筋肉は弛緩出来ずに収縮したままとなり、筋痙攣を起こします。

引用元-筋痙攣について|東京都町田の接骨院なら関城接骨院 町田院

胸の筋肉が痙攣する原因②ストレス

不安や緊張などを感じるなどストレスを
感じると人間は心拍数が上がり体に力が入ります。

このようなストレス状態が長く続くもしくは
繰り返されてしまうと、
体が常にストレス状態になってしまい、
正常な反応が出来なくなってしまい
その結果痙攣が起きる場合があります。


引用元-胸がピクピク痙攣する原因とは?病気の可能性ってあるの? – ワクワクログ

ストレスによる筋肉の痙攣も見落とすことは出来ません。
ストレスが過度にかかった状態が続くと、交感神経も緊張した状態になります。すると、筋肉もこわばり、強い緊張状態になります。
ストレスを感じた時にすごく肩がこったりしませんか。それも肩の筋肉が緊張しているということですね。

そういった筋肉の緊張状態が長く続けば、もちろん筋肉は疲れてきてしまいます。
また交感神経が緊張した状態は、血行不良を引き起こすともされています。
そうした要因から、筋肉の痙攣は起こりやすい状態となります。
うつ状態や自律神経失調症などの人が、起こりやすいのはそのためですね。

引用元-筋肉の痙攣が起こるメカニズムを徹底解説!原因ってなんだろう?|JOOY [ジョーイ]

胸の筋肉が痙攣する原因③ミネラル不足

ミネラルバランスが崩れると筋肉がつる理由

疲労や老化が原因になるのは何となくわかります。ではミネラルが不足するとなぜ筋肉がつるのでしょうか。
それは血液中にあるミネラルイオンがバランスを崩すと、筋肉が正常な代謝を続けられなくなって、神経が異常な興奮状態になってしまうためです。

引用元-筋肉がつりやすい人は要注意、病気が隠れているかも。 | 暮らしズム

筋肉が痙攣する原因は何なのかですが、
その一番の原因は、ミネラルと水分の不足により、
体内の電解質がアンバランスになっていること
です。

電解質とは、水に溶かすとイオンに分解されて、
電気を通す性質を持つ物質のことですが、
具体的には、ナトリウムやカルシウム、
カリウムやマグネシウムといったミネラル成分のことです。

そして、これらのミネラル成分は、
筋肉が収縮する上で重要な働きをしているのです。
しかし、ミネラルは汗と一緒に体外に排出されてしまうものなので、
適切な摂取を心がけないと、すぐに不足してしまうのです。

もしミネラル不足の状態で筋トレを行ったりすると、
筋肉が正常な収縮を行うことができず、
筋肉が攣ったり痙攣が起こってしまうのです。

また、ミネラルは水分によって筋肉中に運ばれるのですが、
大量に汗をかいたりして脱水状態になってしまうと、
筋肉中にスムーズにミネラルが運ばれなくなり、
筋肉が正常な代謝を行うことができず、
正常な筋肉の収縮も行われなくなってしまう
のです。

引用元-筋トレ中の痙攣を防ぐには – 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~

胸の筋肉が痙攣する時の対処法

筋痙攣といわれる前胸部のこむら返りの応急処置を紹介します。

1.腕を挙上し側屈しながら、後方に反るようにします。

2.両腕を後方に持って行き胸を張るようにします。この場合、顎を挙げてて頭が後方に倒れるようにすることです。

3.息を大きく吸って胸郭を広げ、しばらく息を止めるようにします。

この方法のポイントは痛みのとれる位置に止め、しばらくその姿勢を保つことです。

こむら返りが治ったかどうかを確認するときはそのまま胸の力を緩めてみましょう。
痛みがあるようであればまた元の肢位に戻します。
再度、この肢位を続けたあとで力を緩めるというふうに試し、痛みがなければ大体こむら返りが治っていることが多いです。

他には温めたタオルを使う方法もあります。
こむら返りが起きている場所に温めたタオルをあてて、タオルの上からやさしくマッサージを施します。

その場合、強い調子でマッサージするとかえって痛みが強くなるので注意が必要です。

また、応急処置として消炎鎮痛剤があればそれを塗布する方法もあるのですが、胸のこむら返りに塗布することはあまりおすすめではありません。

引用元-胸の筋肉がつる!原因や対策は? | neta-life【ネターライフ】

胸の筋肉の痙攣を予防する方法

準備運動やマッサージを行い、ミネラルを補給する

急に運動を開始したときや、立ち仕事の場合には足がつりやすくなります。スポーツなどを始める前にはウォーミングアップをして筋肉を温め、終了後や帰宅後はマッサージ、ストレッチ、入浴などで筋肉の疲労を取り除きましょう。また、カルシウムの多い牛乳や緑黄色野菜、マグネシウムの多いアーモンドや大豆、貝類などを積極的にとりましょう。

目を休め,室内の乾燥を防ぐ

長時間にわたって目を酷使するときは、1時間ごとに約15分は目を休めましょう。目の疲れをとるマッサージをしたり、蒸しタオルをまぶたにのせて目の周りの筋肉を温めると効果的です。また、目が乾燥しないように、加湿器などで室内の湿度を調節しましょう。目の健康に良いとされる、ビタミンA、C、E、B群をとることも大切です。

ストレスを溜めない、生活習慣を見直す

痙攣の多くはストレスが引き金になったり、悪化の要因になったりすると考えられるため、趣味を見つけるなどストレスを上手に発散することが大切です。また、動脈硬化を防ぐことが片側顔面痙攣の予防に繋がります。脂っぽい食事を避ける適度な運動を習慣づけるなど、生活習慣を見直しましょう。

引用元-痙攣(けいれん) 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

twitterの反応

 - ストレス・病気, 豆知識

ページ
上部へ