役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

腹痛の原因はストレス!?病院で治療すべき過敏性腸症候群とは

      2016/07/03

腹痛の原因はストレス!?病院で治療すべき過敏性腸症候群とは

原因がわからない腹痛に襲われたことはありませんか?

その原因はストレスという可能性もあります。最近ではストレス性の腹痛を患う方も増えています。

症状の改善の為には自己判断に任せず、病院での正しい治療と指導を受けましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

車検で交換を推奨されることが多い部品を知って賢く交換を!

車検の見積もりをもらうと、いくつか交換を推奨されている部位が...

中学生カップルは付き合うと何するの?長続きさせる方法は…

最近は彼女、彼氏がいる中学生が増えています。 恋愛がどんど...

インフルエンザの予防接種は会社が強制してもいい?法的にどう?

インフルエンザが猛威を振るうこの季節。だんだんと周りでインフ...

女性のバイクライフ!バイカーのブログで学ぶポイント&注意点

バイクは男性の乗り物というイメージが強くありますが、最近は女...

女性でもバイクの免許は取れる?事前情報で大型も夢じゃない!

最近はバイクの免許を取得する女性が増えてきているようです。 ...

朝の通勤ラッシュと電車の遅延~遅れる原因は乗客も一因?

朝の通勤ラッシュ、遅延する電車はかなり多く、通勤に影響してし...

旦那の家事が雑すぎる…妻が抱える悩みと上手に伝える対処法

最近はイクメンなどという言葉がもてはやされ、家事や育児を手伝...

職場の雰囲気がゆるいと目標達成しない?管理職の方は再確認を

最近は会社内でのパワハラやブラック企業などが取り沙汰されるこ...

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

スポンサーリンク

目次はこちら

ストレス性の腹痛「過敏性腸症候群」とはどんな病気?

過敏性腸症候群とはどんな病気か

 腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が長く続く病気です。以前は過敏性大腸(かびんせいだいちょう)といわれていましたが、小腸を含めた腸全体に機能異常があることがわかってきたため、過敏性腸症候群と呼ばれるようになりました。
 この病気は、日本を含む先進国に多い病気です。日本人では10〜15%に認められ、消化器科を受診する人の3分の1を占めるほど、頻度の高い病気です。発症年齢は20〜40代に多く、男女比は1対1・6で、やや女性に多くみられます。便通の状態により、便秘型、下痢型、交代型の3つに分類されますが、男性では下痢型、女性では便秘型が目立ちます。

原因は何か

 過敏性腸症候群では、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常の3つが認められます。ただ、これらの異常を引き起こす真の原因はわかっていません。一部の患者さんでは、感染性腸炎のあとに発症することが明らかになっており、何らかの免疫異常が関わっている可能性も指摘されています。ストレスは、症状を悪化させる要因となります。

引用元-過敏性腸症候群とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

ストレス性の腹痛かもと思ったら何かを受診すればいいの?

痛がある場合はまず消化器内科を受診しよう

お腹が痛いときはどの診療科を受診するか迷う人もいるかもしれませんが、下痢や便秘を伴う腹痛ということでもありますから、消化器内科を受診するのが妥当です。
過敏性腸症候群はストレスや自律神経が関係する疾患ということで、いきなり心療内科を受診する人もいますが、まずは検査などによって他の疾患ではないと確認し、過敏性腸症候群だと診断されてから心療内科を検討すれば十分です。

検査の結果によっては、別の消化器系の疾患が見つかる可能性もあります。過敏性腸症候群と診断された場合は症状に応じた薬の処方をしてもらえますし、まずは消化器内科を受診しましょう。

ストレスに起因する過敏性腸症候群の場合は心療内科へ通院することも

心療内科を受診するのは、過敏性腸症候群の根本的な原因であるストレスを取り除くことで症状を軽減させるためです。
過敏性腸症候群の症状は、ある程度改善してもふとした拍子にストレスが復活してしまうとまた現れることがあります。そのため、長期的な治療を行う覚悟も必要です。

引用元-過敏性腸症候群は病院の何科を受診すれば良いの?

ストレス性の腹痛「過敏性腸症候群」の診断とは…

過敏性腸症候群の診断は、症状の確認と、その原因となりうる何らかの疾患がないことを確認することで行います。

腸の中に潰瘍やがんなどの病気がないことを確認し、その上で過去3ヵ月の中の1ヶ月につき、少なくと3日以上腹痛や腹部の不快感などがあった場合、過敏性腸症候群と診断できます。

下痢や便秘、腹部不快感を起こす病気があるかどうかを具体的に確認するためには、大腸内視鏡検査や、大腸バリウム検査などを行います。とはいえ、下痢や便秘の症状があるすべての患者さんに、これらの検査をするわけではもちろんありません。一般的な問診、診察、血液検査などを行なった上で、検査の必要性を絞り込んでいきます。
急激に発症した、あるいは急速に症状が憎悪した
貧血の症状がある
予期しない体重減少があった
血便がある
発熱がある
以前に胃や大腸の悪性腫瘍の既往がある
年齢が50歳以上である

問診や診察でこれらの症状やポイントに当てはまるものが多い場合、大腸検査を考慮します。いずれにも当てはまらない場合は、早急な大腸内視鏡検査あるいは大腸バリウム検査は必要としませんが、数年に一度は検査をする方が望ましいと考えられます。

上記の検査でも異常がないのに、
排便により症状が軽減する
排便回数が変化する
ウサギのふんのように黒くコロコロとするなど、便の見た目が変化する
という3項目のうち2つを満たす場合、過敏性腸症候群と診断します。

引用元-過敏性腸症候群(IBS)の診断法・治療法・予防法 [過敏性腸症候群・IBS] All About

ストレス性の腹痛「過敏性腸症候群」病院で行われる薬物療法

過敏性腸症候群だと判明したら薬物療法が行われます。
薬物療法では、腸の働きを整えたり便の硬さを改善することを目的として、次のような薬が処方されます。

1.セロトニン3受容体拮抗薬(じゅようたいきっこうやく)

ストレスを感じた時に腸の粘膜から分泌される「セロトニン」という物質の働きを抑えます。

2.高分子重合体(こうぶんしじゅうごうたい)

水分を吸収してゲル化することで、便の硬さを調節してくれます。
下痢の場合は余分な水分を便から吸収してくれますし、便秘の場合は必要な水分を便に与えてくれるので、繰り返し型の症状の人に有効な薬です。
効果が現われるまでに1~2週間かかります。

3.抗コリン薬

下痢や腹痛などの症状改善のために処方されます。
腸の異常な運動を抑えてくれます。

4.整腸薬

「ビオフェルミン」や「ラックビー」などの腸内環境を整える薬です。
腸内細菌バランスを整えてくれます。

5.下剤

下剤には、便に水分を与えるタイプと腸を刺激するタイプの2つがあります。
過敏性腸症候群の便秘症状の治療に広く使われているのは、便に水分を与えるタイプです。
代表的なものには、「酸化マグネシウム」があります。

6.その他(抗うつ薬など)

過敏性腸症候群の最大の原因がストレスなので、ストレスが深刻な場合は心療内科を紹介されるケースがあります。
その場合、「抗不安薬」や「抗うつ薬」などを使うケースがあります。

引用元-その下痢や便秘の原因はこれかも!過敏性腸症候群の診断方法と治療法 | ナースが教える仕事術

ストレス性の腹痛「過敏性腸症候群」を改善するホームケア

ストレスを軽減する

過敏性腸症候群は、ストレス社会に起こる現代病ともいわれています。そのため、ストレスを溜めないようにするのが一番の予防法です。多忙な毎日を過ごしていても、家に帰ったら読書やテレビを楽しむ、ゆっくりとぬるめのお風呂につかるなどの息抜きの時間を持つようにして、ストレスを軽くする生活を心がけましょう。

規則正しい生活を送る

毎朝決まった時間に起きて、なるべく同じ時間に3食きちんと食べることで、体のリズムが整っていきます。睡眠時間が足りなくてつらいときは、朝日を浴びるとスッキリと目覚めることができます。また、短い時間でも深い睡眠を得られるように自分に合った枕を選ぶなど、睡眠環境にもこだわってみましょう。

引用元-過敏性腸症候群 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

腸をいたわる食生活を心がける

下痢を起こすタイプの人は冷えた食事や飲み物、そしてなるべく牛乳などの乳製品や高脂肪の食事も避けて、腸に刺激を与えないようにしましょう。便秘を起こすタイプの人はキャベツやゴボウ、バナナ、納豆などの繊維が豊富な食品を積極的にとって、自然にお通じを促しましょう。

引用元-過敏性腸症候群 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

twitterの反応

https://twitter.com/yukayanna/status/748049662586789888


https://twitter.com/neko29117/status/745531265915359232


https://twitter.com/saino0815/status/736011152279228416

 - ストレス・病気, 病院

ページ
上部へ