役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

花粉症対策で購入したマスクは医療費控除の対象になるの?

   

花粉症対策で購入したマスクは医療費控除の対象になるの?

毎年多くの方がツライ症状を患う花粉症。治療費や薬代なども医療費控除の対象になるようです。

しかし毎日のように使用する花粉症予防のマスクは医療費として認められるのでしょうか?

花粉症対策や治療にかかる費用と医療費控除について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

花粉症用マスクは医療費控除の対象になるの?

医療費控除できる治療費とはどういうものか

さて、ここで医療費控除ができる医療費とはどのようなものか見ていきましょう。まずは医者に通院した時の治療費、これは分かりやすいですね。
もちろん、病気やけがの程度により入院した際にはその入院費用も対象です。次にその医院にて処方された薬の購入費。これも対象です。そしてその医院への交通費も対象です。
もちろん、自家用車ではなく公共交通機関を利用した場合ですのでご注意ください。なお、足のケガにより移動がままならず、タクシーを利用した場合も当然対象となります。
もちろん出産費用も医療費として算入可能です。それから、街中のドラッグストアにおけるかぜ薬等の医薬品の購入代金も医療費として算入できます。
なお、これらに共通して注意すべき点は「治療」のために費用が発生する点であることです。医療費控除で議論となるポイントとして「治療 or 予防」があります。
医療費控除は「治療」のための支出に限定されます。即ち、いくら病院治療費とはいえ、インフルエンザの予防接種代は対象外となりますし、薬局で購入する花粉症対策のマスクも対象外です。


引用元-サラリーマンだって申告できる! 確定申告の「医療費控除」ってどういうの? | THE LANCER(ザ・ランサー)

マスクはダメでも…医療費控除を受けられる花粉症対策

花粉症の市販薬で医療控除の対象となるのは
「医薬品」と表示されているものです。

目薬や、うがい薬の一部も「医薬品」と表示されているものは
全て医療控除の対象です。

もちろん、花粉症だけでなく胃腸薬や頭痛薬なども
同じように対象となります。

「医薬品」という表示の市販薬は、
基本的にその用途が治療を目的としていますので
医療控除が受けられるというわけです。


引用元-花粉症2015 医療費控除の対象となる花粉症の市販薬は?|花粉症2015年版対策まとめ

花粉症の薬を医療費として申告!

例えばアレグラの場合。
2月からゴールデンウィーク終わりまで飲み続けると、約7箱必要になります。
1箱1,980円なので、計算すると1,980円×7箱=13,860円
意外と高くついてしまいますね…。

実は病気やケガの治療のために、病院に行かずに薬局で購入した医薬品は、医療費控除の対象となります。

医療費控除とは、医療費が多くかかった年に少しでも負担を減らずべく、掛かった医療費の一部を税金から控除すること。
自分だけでなく家族も含め、支払った医療費の実費負担が年間10万円を超える場合、その超えた金額を所得から差し引くことができます。(控除できる金額の上限は200万まで)

引用元-薬代も節約!?花粉症の薬(医薬品)を申告して、少しでも医療費節約する方法とは? | 節約大全

マスクだけじゃない!花粉症対策で医療費控除を受けられないもの

Q 毎年花粉症に悩まされています。腸内環境を改善することで花粉症を改善できると聞いて、ヨーグルトを食べたり、サプリを飲んだりしています。これらの費用は医療費控除に対象となるのでしょうか?

A 医療費控除の対象となる費用は「コンタクトレンズ代は医療費控除できますか?」というブログでもご紹介しているとおり、治療が目的の支出になります。

 従いまして、病院で花粉症の治療のために処方してもらった目薬やうがい薬、漢方などは間違いなく医療費控除の対象となりますし、病院で処方されたお薬のみならず、ドラッグストアなので購入した花粉症対策の目薬なども医療費控除の対象となりますので、購入された場合は領収書を残すようにしてください。

 ここで気を付けていただきたいのは、購入された薬が医薬品であることです。薬の箱に「医薬品」と記載されていることを確認してください。

 今回ご質問のヨーグルトやサプリですが、これらは腸内環境を改善して免疫力を高めて体質改善を図るもので、花粉症の直接的な治療としては認められません。よって、残念ながら、医療費控除の対象にすることは難しいと考えられます。

引用元-花粉症対策は医療費控除できる? | 消費税 | 税務 |

花粉症では無理でも…マスクが医療費控除の対象になることも!

例外もあり

 一部例外も御座います。 それは—

 医者から処方箋として出されたマスク。

 医者が処方するのは医療ゆえの根拠がありますので、こういった場合に限っては間違いなく医療費控除の対象となるでしょう。

引用元-マスクは医療費控除の対象となるのでしょうか?

マスクの場合は薬事法に該当しない「雑貨品」扱いとなります。かといってマスクが即否認されるというわけでもないようで、「治療のため」と税務署を納得させることができれば、医療費控除も可能なんていう解釈もあるようですが現実的にはかなり厳しいでしょうね。

 また、個人だけではなく、会社としてのマスクの購入をした場合、とくに感染が心配される地方へどうしても外せない出張などで赴く際に、会社でマスクを購入した場合については、当局は「常備薬などと同じ扱いで、『福利厚生費』などの項目で経費処理とするのが適当」としています。マスクが品薄な地域にいる得意先にプレゼントした場合については、「取引先との関係次第で『交際費』か『寄付金』になるだろう」という見解のようです。

引用元-新型インフルエンザの脅威・・・マスクは医療費控除??|税理士やまねっちのblog ~スペシャリストからジェネラリストへ・・・~

花粉症対策で医療費控除を申請したらどのくらい還付されるの?

医療費がたくさんかかったから、相応に得をしそうなイメージを持ちますが、そうではありません。

医療費控除では、納めている所得税の還付が受けられるだけとなります。つまり、夫か妻のいずれかが給与明細で天引きされているであろう源泉徴収税について、一部還付されます。
ですので、それぞれの所得税率・支払った医療費によって還付される金額は違ってきます。人によっては数十万円還付された、ということもあり得ます。もちろん、それだけ支払った医療費も多い、ということです。

例えば医療費が18万円かかった場合、医療費控除として申告できるのが8万円。(保険等の給付はなしと考えます。)申告する者の所得税率が10%とすると、8万円×10%=約8千円が還付されるという計算になります。

「たったそれだけ?」と思ってしまいますよね。ですが、医療費控除を受けた計算式をベースにして住民税も計算されますので、確定申告をすることによって翌年の住民税の軽減にもつながります。住民税も一律10%なので、所得税と合わせて1万6千円の還付を受けられるとしたら、けっこうな金額ですよね。

引用元-医療費控除で税金の還付が受けられる 知って得する税金の話|cuta [キュータ]

twitterの反応


https://twitter.com/morimiy716/status/703034134088650754

 - 病院, 豆知識

ページ
上部へ