役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

親知らずの虫歯治療について~抜歯の必要性と考えられる注意点

      2016/06/10

親知らずの虫歯治療について~抜歯の必要性と考えられる注意点

親知らずが生えると、他の歯に比べ虫歯になる確率がかなり高いようです。

親知らずの歯は治療せずに放置していると激痛や口腔内の健康までも脅かしてしまうそうです。

そこで気になる親知らずの虫歯治療について調べてみました。悪化する前に早めに歯科を受診しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

虫歯の親知らずの治療について

虫歯の親知らずは必ずしも抜歯するわけではない

親知らずが虫歯になったら、どうやって治療するのか。おそらく多くの人は「抜歯する」と答えるかもしれませんがまっすぐ痛みを伴わず生えていた場合、他の歯と同じように神経の切除と詰め物による虫歯治療が行われます。
詰め物による虫歯治療の辛いところは何と言っても時間が掛かること。レントゲンを撮って、虫歯を消毒して、神経の切除のために少し削って、神経を切除して、型を取って、作った詰め物が合わさるように調整して、詰め物をして終了となるわけですが、治療期間は週一回の通院で1か月かかることはザラにあります。
特に銀歯などの詰め物は出来てくるまで数日掛かるため、仮の詰め物が取れてしまわないかビクビクしながら過ごさなければなりません。

虫歯治療自体が辛い

虫歯治療は、あの「キュイイイン」と唸るドリルの音が苦手という人も結構いるでしょうが、あの痛さに比べたら我慢できる程度の嫌悪感でしかありません。

しかし、親知らずの虫歯治療では口を最大限に開けなければならないこと、顎が閉じないように力を入れて治療器具が押し込まれるので、顎が外れそうになるくらい痛いし辛いものです。
そして麻酔を打たれた後の頬のゴロゴロした感じ、神経切除の際のゴリゴリと器具を押し込まれる感じなど、治療の辛い場面が次々とやってきて疲弊すること間違いなしです。

引用元-実録!親知らずが虫歯になるとこんなに辛い!|トピックスファロー

虫歯の親知らずの治療で抜歯しなくていい場合は?

1. 親知らずが縦にまっすぐ生えている。

隣の歯と同じように、縦にまっすぐ生えていることです。

2. 虫歯の程度が比較的、軽いものの場合。

虫歯の部分を取り除き、詰め物をすることで治療が終わるようなものだと抜歯をすることはありません。しかし親知らずは一番奥に生えていますので、虫歯の位置や程度によっては治療が難しくなる場合もあります。その場合は抜歯する可能性もあります

3. 歯ブラシがきちんと当たる。

一番奥に生えている親知らずにきちんと歯ブラシが当たって、歯磨きをすれば、 汚れを落とせる状態なら大丈夫です。しかし一度、虫歯になってしまったわけですから、ブラッシング指導を受け、自分に合った磨き方を知ることが大切です。

4. 今後も虫歯予防のコントロールができると見なされた場合

日々の歯磨きを続けることができ、今後は虫歯になりにくいだろうと判断されたら、 抜歯せずに残せます。定期的な歯磨きと共に、その磨き方も大切です。

これらの条件が揃っていれば、例え親知らずが虫歯になっていたとしても抜歯をすることはありません。

引用元-親知らずが虫歯に・・・さぁどうすべき??専門家に聞いてみよう! | どくらぼ

虫歯の親知らずの治療で抜歯すべき場合は?

親知らずを抜いた方がいい理由

・生え方によって歯磨きができない箇所があり、
 虫歯・歯周病になりやすい
・親知らずの虫歯、歯周病が重度な場合
・親知らずがあるせいで手前の歯が虫歯や歯周病の
 危険にさらされている場合
・親知らずのせいで噛み合わせのバランスが悪くなり、
 全体的に悪影響を及ぼす場合
・矯正治療後残っていると歯並びをまた悪くする原因になる場合

「親知らずは抜いた方がいい」と聞いたことがある方が多いと思いますが、それは、親知らずによって、痛みが出たり、他の歯に様々な悪影響が生まれるからです。

特にまっすぐに生えず、腫れたり痛くなってしまった親知らずは、抜歯する事が最も確実な治療法です。なぜなら、一度抜けば、その後一生トラブルに悩まされる心配はなくなるからです。逆に、抜かない限りずっと再発のリスクに悩まされることになります。

引用元-呉市で親知らずにお悩みの方へ ふかみスマイル歯科

虫歯の親知らず治療で抜歯した後の注意点

抜いた日は安静にして下さい

歯を抜くと出血し、その後にかさぶたになります。それまでは血が出やすくなっているので、アルコールの摂取、運動、長時間の入浴は避けましょう。血行が良くなってしまい、出血しやすくなってしまいます。
抜いた部位は触らないで下さい

舌や食べ物、水などで抜いた穴に触れないように極力気をつけて下さい。かさぶたが気になるかもしれませんが、剥がしてしまうとばい菌に感染してしまう恐れがあります。(注意していれば、過度に怖がる必要はありません。)

お薬をきちんと飲んでください

感染予防のため、抗生剤が出ることが多いです。口腔内は、雑菌がたくさんいます。抜歯した傷口からばい菌が入ると、長引いて痛みが出ます。出されたお薬は、指示に従ってきちんと飲むようにしましょう。痛みが我慢できない場合は、痛み止めを飲むようにしてください。痛み止めで痛みが引かないときや、何日も痛みが続くときは、ご連絡ください。
食事は反対側で食べてください

抜いた日とその翌日くらいまでは抜いたところに食べ物が当たらないように、反対側でそっと食べてください。痛みがあると食欲が落ちますが、体の活力がないと傷の治りも遅れます。柔らかいものでいいですので、頑張って食事をとるように心がけましょう。

引用元-抜歯後の注意点|Dr.中島公式サイト

虫歯の親知らずを治療しないとどうなるの?

やがて激痛が襲ってくる

親知らずは一番奥にあり、とても歯ブラシでは磨きにくい場所です。そのため、虫歯になる可能性が大変高いにが親知らずの特徴です。痛みが弱いからと、親知らずの虫歯を放置しておくと神経にまで虫歯菌が及びます。そして根っこには膿がたまるようになります。
この状態になると尋常ではない痛みが襲ってきて、激痛でのたうち回ることもあります。この状態で歯科にいっても治療中に触れるだけでも激痛が走りまさに地獄です。

引用元-親知らずに出来た虫歯の放置はとっても危険な7つの理由 | ヘルスケアファクトリー

骨まで炎症が広がる

親知らずの虫歯が進行すると、そのうち神経にも炎症を起こします。ここまでくると、すでに痛みをともなっているはずです。しかし、多忙や歯科治療の恐怖でそのまま放置していると炎症は骨まで進行します。骨に炎症が広がると、親知らずの回りの骨が溶けてくるのです。
炎症が治まったからと、再び放置していれば、さらに進行し骨髄炎まで発症することになります。

引用元-親知らずに出来た虫歯の放置はとっても危険な7つの理由 | ヘルスケアファクトリー

周囲の歯も虫歯になる

奥歯は歯ブラシが届きにくく、磨きにくい箇所です。さらに奥の親知らずは口内ケアが大変難しい歯です。親知らずの虫歯は、最初は何となく奥歯が痛いという感覚です。自分では、どの歯が虫歯か判別することは難しく、少し痛みが治まると放置しがちです。
その間に口内ケアが不十分な奥歯は、虫歯菌にとって好環境を与え続けます。親知らずの虫歯は進行し、その虫歯菌が周囲の歯にも影響を与えます。気づいた時には、回りの歯までが虫歯になっているのです。

引用元-親知らずに出来た虫歯の放置はとっても危険な7つの理由 | ヘルスケアファクトリー

twitterの反応


https://twitter.com/TERA_Buleberry/status/735373455676329985


https://twitter.com/fuku_s12/status/731372991964045312

 - 病院

ページ
上部へ