役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

転職の時期で税金の支払いが変わる!?知っておくべき税の仕組み

   

転職の時期で税金の支払いが変わる!?知っておくべき税の仕組み

仕事上の区切りや賞与などの関係で転職時期のタイミングを計ることがあります。

しかし退職時期で税金の支払いや手続きが変わることはあまり知られていないようです。

知らずに退職し、税金の支払いに追われる…ということも!そうならない為に転職時期と税の関係についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

転職時期の所得税の手続きのポイント

【所得税】

給与所得にかかる税金です。毎月、簡易計算した税額が天引きで徴収され、年末に正確な額を計算(年末調整)して余分に払った分が戻ってきます。
退職時に会社から「源泉徴収票」を受け取ります。これは「年末調整」や「確定申告」に使うので大切に保管を。
年内に再就職できたら、転職先に「源泉徴収票」を提出すると、「年末調整」をしてもらえます。
離職期間のまま年を越した場合は、自分で「確定申告」の手続きを行うと、納め過ぎた分を戻してもらえます。


引用元-5.税金・年金・保険の手続き / 転職成功マルわかりガイド

所得税

個人のその年の課税される税金で、国に納める「国税」です。
所得税は「源泉徴収」という方法で給与から天引きされています。

これは、あらかじめ予想される税金を毎月の給与から天引きする方法で、12月にその年の収入が確定した時点で「年末調整」もしくは「確定申告」をして精算します。
11月までに見込みで納めていた所得税が最終的に多かった場合は12月に「還付」され、少なかった場合はさらに「徴収」されます。

引用元-自分が納めている税金。意外と知らない【所得税】と【住民税】の話 | 働く人に知ってほしい「社会保険・労働法・税金」

退職時期によって支払い方法が異なる住民税

住民税は1月から12月までの1年間の所得に対して課された税額を、翌年6月から翌々年の5月までに「後払い」で納める仕組みとなっています。在職中は基本的に給与天引きによって納税しており特に意識していない方も多いですが、退職後は支払いの区切りである5月までの残額を自分で納めなければなりません。納税方法は退職の時期によって異なりますので注意しておきましょう。

1:6〜12月に退職した場合分

前年の所得に対して課された税額のうち、翌年5月までに納めるべき残額を、退職時に一括で支払うか分割で支払うか選択し、退職する会社に伝えます。一括の場合は最終月の給与や退職金から納税額を天引きするなど、方法は会社と相談してみましょう。分割の場合は後日役所から送られてくる納税通知書に従って自分で支払います。

2:1〜5月に退職した場合

前々年の所得に対して課された税額のうち、5月までに収めるべき残額を退職時に一括で支払います。6月1日付で再就職している場合、前年分は転職先企業での給与から天引きとなりますが、そうでない場合は役所から送られてくる納税通知書にしたがって自分で納税します。

引用元-退職手続き虎の巻 どうする?年金と税金 | 転職成功ガイド(履歴書、職務経歴書、面接対策) |転職ならDODA(デューダ)

転職時期にもらう退職金にかかる税

税金を減らしお金を増やすには勤続期間を確認する

得する辞めるタイミングには勤続期間が大きく関係しています。特に退職金は、金額が変化するだけでなく税金の控除額にも大きく関わっています。あなたの勤続年数や退職金の計算方法などをしっかりと確認しておきましょう。

また、病気やけがで会社を辞める時は一年以上勤続していないと手当金がもらえません。退職後にも継続してもらうことができるため、必ず確認しておきましょう。この場合退職日に出勤しないことも要件の一つになりますので、退職理由にる最適な勤続期間を決めておきましょう。

引用元-転職者必見!会社を辞めるタイミングで3倍得する方法とは⁉︎|JOOY [ジョーイ]

退職金を前の会社からもらい転職で確定申告が必要な場合は、

退職金も給与所得として所得税が控除された場合です。

退職金は通常の給料と違い所得区分と言うものが給与所得ではなく、退職所得に分類されます。

退職金は毎月もらう給与よりも所得税が退職所得として扱われ優遇されます。

会社は毎月社員に給与を支払う時に所得税を予め天引きした金額を支払っています。

給与を支払う時に天引きしなければいけない金額よりも、退職金を支払う時に天引きしなければいけない金額の方が本当は優遇されているので少なくなります。

しかし会社の中には、普段給与しか支払わないため退職金も給与扱いで所得税を天引きする事があります。

その時には退職金を確定申告して払いすぎた所得税を還付する手続きをする必要があります。

引用元-転職予定で退職金がある場合の税金,確定申告情報

転職先で税に関する支払時期などを相談しておこう!

次の職場の経理担当者に相談を

会社員として働いていると、源泉徴収、特別徴収、年末調整によって納税が完了します。このため自分で税務署に足を運んで確定申告を行う経験をしたことがない人も多いでしょう。しかし、転職の際は、前職から速やかに次の職場に移ったとしても、ケースバイケースで確定申告を行わなくてはならない場合も少なくありません。
新しい職場に移ったら、まず経理担当者に相談をして、所得税や住民税の天引きはいつから行われるのか、確定申告は必要か、といった事柄を確認しておきましょう。

引用元-転職時の税金の手続きを徹底解説!確定申告・年末調整の手続きから、住民税の支払まで | 求人・転職サイト ピタジョブ

転職時には住民税について適切な手続きが必要になります。一括徴収の場合は最後の給与から多くの額が引かれることになるので、期間を空けずに転職するのか、退職の時期はいつなのかをしっかり確認して、一括徴収に備えましょう。

また、届出書は会社を通して提出するので、新旧の職場とよく相談して書類の不備による住民税延滞という事態にならないように気をつけましょう。

引用元-転職者は要チェック!転職後の住民税の手続きまとめ

転職は税金のトラブルが少ない時期に行おう!

税金のトラブルが少ない時期を選び、スムーズに転職を

税金の視点から、転職で気を付けなければいけない点がいくつかあります。特に要注意なのは、年末に無職であるケース。年末調整は、12月31日に在籍している会社で行いますので、その時点で無職の場合は、年末調整が行われません。このときは、自営業者と同じく、自分自身で確定申告を行わなければなりません。

なお、年末調整や確定申告で申告を忘れがちなものに、無職期間に支払った国民年金や健康保険料があります。領収証は必ず保管しておいて転職先での年末調整や確定申告で申告するようにしましょう。

また、スキルアップのための留学などで海外に転出する場合は、確定申告を済ませてから出国するなどの対策を。1月1日に住民票が日本国内にあると、そのあと海外で生活を始めたとしても前年の所得に応じて、その年の住民税の納税義務が生じます。

転職やスキルアップのために離職期間が発生してしまうのであれば、タイミングをはかり、税金面で煩雑な手続きや大きな負担の発生しない時期を選ぶのが賢明であるといえます。

引用元-知らないままで大丈夫?転職前に知っておきたい税金の基礎知識 – キャリタスPRESS

twitterの反応

 - お金, 仕事

ページ
上部へ