役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

面接で聞かれる自己prを履歴書に書く時のポイントとは…

      2016/05/18

面接で聞かれる自己prを履歴書に書く時のポイントとは…

就職の面接で聞かれる自己prは、履歴書にも記載していることが大半です。

自己prは就職の合否を決めるのにも大変重要なポイントです。ただ履歴書に記入したものを答えるだけでいいのでしょうか?

自分をしっかりアピールするための履歴書記入・面接での応答のポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

面接や履歴書で重要な自己prなかなか書けない原因は?

①文章力がない

⇒テレビ業界の場合、企画書や台本、カンペ、アナウンス原稿など、文章を書く機会がたくさんあります。文章力に自信がない方は、意識するだけで変わってくるはずです。読む人のことを考えると、読みやすく親切な文章になってくるのではないでしょうか。
②説得力がない
⇒就職・転職活動における自己PR文は、採用担当者に自分という人間を売り込み、「採用してください」と説得することです。本当のことでなかったり、あまりにもつまらないことを誇張し過ぎると、読む方は訝しく思い、読む気が失せます。

③志望度が低い

⇒本当にその会社に入りたいと思っていたら、「何を書いたらいいのかわからない」どころじゃないはず。好きな人に告白する時、その人の前でただ黙っているだけでは想いは伝わりません。

④仕事(会社)への理解度が低い

⇒自分の何が、会社の何に役に立つのか理解していなければ的外れなアピールになってしまいます。志望企業について詳しく調べることで、何をアピールしたら効果的かわかるようになります。
自己PR欄は履歴書の一部であって、実は重要なポイントとなっていることを、応募者の皆さんは意識が足りていないかも知れません。
「この応募者に会いたい!」と思わせるのは自己PR次第と言ってもいいのです。
履歴書を書く時、自己PRを書くことを面倒に思わず、自分という人間を映し出す場所だと意識してみてください。

引用元-面接への扉を開く!?履歴書の自己PR文 | キャリアトレインブログ

面接で自己prを聞かれたら履歴書に記載したことを答えるべき?

面接でよく聞かれる「自己PRして下さい」という質問に対して、エントリーシートや履歴書に書いた自己PRと同じことを話すべきか否かというのは、多くの就活生が抱く疑問です。

「同じことを話すよりも、履歴書やエントリーシートに書けなかった新しいエピソードを話したほうが受かりやすいかも!」

 と勘違いする人もいますが、履歴書やエントリーシートに書いた自己PRと同じことを言うべきです。

 自己PR欄に書ききれなかったエピソードなどを付け加えて話したり、順番や緩急を変えて話すのはOKですが、全く違うエピソードを語ると「履歴書に書いてある自己PRと違う……」と面接官が混乱してしまいます。

 アピールしたいがために、あちこち話題が飛んでしまうと、聞き手である面接官に「結局、どれが本物の自己PRなの?」と疑問を抱かせてしまいます。

 面接官は事前に自己PR欄を見ていますし、当然、その話をしてくるだろうと思って面接に挑んでいます。そこで別のエピソードを話されたら、評価以前に驚いてしまいます。

引用元-面接の自己PRは履歴書やエントリーシートに書いた事を話すべきか?自己PRで見られるポイントとは – 大人のための転職活動支援塾

履歴書の自己prの書き方と面接での話し方のポイント

自己PRの書き方、話し方ポイント

しっかり伝わる自己PRをしよう
「明るいところが取り柄です!」というい人が、暗い顔をして話していたり、「リーダーシップをとるのが得意です。」と言いながらも、具体的に何をしたのかが抜けていたり、履歴書やエントリーシートは通るのに、実際面接で話すと、棒読みになってしまい、いまいち伝わらなかったり。
自己PRでよくありがちな失敗例です。
「相手に伝わる」自己PRになっているかどうかのポイントをあげました。
自己PRを作成した後に、是非確認してみて下さい。
 ポイント1.相手にわかりやすい言葉、表現で書いているか
 ポイント2.話の筋が通っているか
 ポイント3.具体的かどうか
 ポイント4.(話す時)感情を込めて話が出来ているか
自分の自己PRを見てどうでしたか?

特に面接での自己PRは練習が必要です。「相手に伝える」ということを意識して練習しましょう。

引用元-履歴書や面接での自己PR|楽天みんなの就職活動日記

履歴書や面接で聞かれる自己pr3つのポイント

履歴書の自己PR欄に最低限書いたほうがいい内容や、基本的なことを理解しておくことが大切です。

その基本的な部分を抑えないで、自分流で書いてしまうとせっかくのあなたの伝えたいことが伝わらない可能性もあるので、一番最初に理解しておくべきポイントを紹介していきます。これらのポイントを意識して、あなたも面接に強い履歴書の作り方を習得してくださいね!
必要なポイントはたったの3つだけ!?

あなたは履歴書の自己PRを書くときにどんなことを意識して書いていますか?自己PRのときに書いた方がいい最低限の内容は以下3つになります。

・あなたがこれまで何をやってどんな実績を残したか
・あなたがこれまでの経験を生かしてどんなことができるか、何ができるか
・その応募先では、あなたは今後どんなビジョンを持って、何を成し遂げたいか

最低限この三つだけを入れておけば、自己PRの内容で必要な最低限の部分は満たすことができます。自分のことが履歴書1枚で判断される大事な内容なので、書き慣れていないということもあり、手こずってしまうのはわかりますが、この上記3つのポイントに沿って書いておけば、まずは最低ラインは超えているので、書く内容がわからない人は、ぜひ参考にしてみてください。

引用元-絶対に面接者の目に止まる履歴書の自己PRの書き方完全マニュアル|JOOY [ジョーイ]

面接や履歴書で聞かれる自己prの注意点

自己PRは会社の求める人物像から逆算して、企業に合わせて言うべきか

採用担当者など、面接を行っている方は、企業の軸ともいえる社員を決めるいわばプロです。もちろん、企業の求める人物像に合っている人であることに越したことはありませんが、会社の求める人物像に無理に合わせようと自分自身を取り繕う必要はありません。むしろそんなことをしていたのでは、面接官にはすぐに分かってしまいますし、どこかで必ずぼろが出てしまい、取り返しのつかないことになりかねません。企業の求める人物像に合わせるために、逆算の考えを持ち、必要以上に合わせることはありません。冷静に自己分析し、会社にどう貢献できるのかを、いかに自分をアピールするかにかかっています。

自己PRでは話を広げ過ぎない

自己PRは自己紹介ではありませんので、自分の生い立ちや経歴など、履歴書に書くような内容をだらだらと話しても意味がありません。あくまでも自分が今までどのようなことを経験し、何を自分の強みとしているか。自分が考える長所・特技の活かし方や具体的な成功談などをアピールすることが重要です。

しかし、ただ体験談を話しただけでは、企業に強く印象付けることは難しいでしょう。採用担当者はたくさんの応募者の中から、自分の会社にとって有益であり、将来性を感じられる人を採用したいと考えています。採用を得るには、より具体性の高いインパクトある自己PRが必要です。

引用元-求める人物像を意識しすぎるな!?就活の面接で印象に残る自己PR

twitterの反応


https://twitter.com/okamitsu0804/status/731021104467218432

 - 仕事, 勉強・学校

ページ
上部へ