役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

マイルを家族で使用して旅行へ!ANAマイルを上手に貯めるコツ

      2016/09/03

マイルを家族で使用して旅行へ!ANAマイルを上手に貯めるコツ

旅行や仕事で飛行機を使用する時によく聞く「マイル」。

最近では日常生活の買い物などでもマイルを貯めることができるようになり、貯まったマイルでお得な特典を受けることができます。

今回はそのマイルを家族で活用できる「家族マイル」について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

車検で交換を推奨されることが多い部品を知って賢く交換を!

車検の見積もりをもらうと、いくつか交換を推奨されている部位が...

中学生カップルは付き合うと何するの?長続きさせる方法は…

最近は彼女、彼氏がいる中学生が増えています。 恋愛がどんど...

インフルエンザの予防接種は会社が強制してもいい?法的にどう?

インフルエンザが猛威を振るうこの季節。だんだんと周りでインフ...

女性のバイクライフ!バイカーのブログで学ぶポイント&注意点

バイクは男性の乗り物というイメージが強くありますが、最近は女...

女性でもバイクの免許は取れる?事前情報で大型も夢じゃない!

最近はバイクの免許を取得する女性が増えてきているようです。 ...

朝の通勤ラッシュと電車の遅延~遅れる原因は乗客も一因?

朝の通勤ラッシュ、遅延する電車はかなり多く、通勤に影響してし...

旦那の家事が雑すぎる…妻が抱える悩みと上手に伝える対処法

最近はイクメンなどという言葉がもてはやされ、家事や育児を手伝...

職場の雰囲気がゆるいと目標達成しない?管理職の方は再確認を

最近は会社内でのパワハラやブラック企業などが取り沙汰されるこ...

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

スポンサーリンク

みんなで使用するのに便利!ANA家族マイルのメリット

家族マイルの特典は?

家族で合算したマイルは、ANAの特典航空券(国際線・国内線)、ANA国際線のアップグレード、提携航空会社の特典航空券のいずれかに交換することができます。通常のANAマイルの特典でもある、電子マネー・提携ポイントへの交換やツアー料金の支払い等に使えない点は残念ですが、家族に分散していたマイルを集めることで、特典航空券ゲットへの道のりは飛躍的に縮まります。

ちなみに、家族マイルの特典航空券やアップグレードは、家族マイルメンバーだけでなく、プライム会員の2親等以内の親族(兄弟・祖父母等)も利用することができます。

引用元-ANAマイルを家族で合算|マイレージまめ知識

家族で使用する為のANAマイル口座の合算

まず、ANAカードをメインカードにしているANAカード本会員を「プライム会員」として登録する必要があり、マイルはすべてプライム会員に集まってきます。

そしてファミリー会員の条件は2つあります。

プライム会員と生計を同一にし同居するANAカード本会員またはANAカード家族会員
プライム会員と生計を同一にし同居するANAマイレージクラブ会員(18歳未満および18歳の高校生の場合)
要するに、プライム会員からみて、生計を共にしている配偶者と両親と子供まで(一親等以内)ということになります。プライム会員の兄弟は二親等なのでNGです。

申し込み方法は2通り

ANA SKY WEB
郵送

ANA SKY WEBでの登録は簡単なのですが、条件があって、家族が持っているカードが「家族会員カード」である必要があります。
ちなみにソラチカカードのメトロポイント経由でのマイル交換特典は「家族会員カードでは受けることができない」ので、郵送での手続きが必要になります。

郵送での手続きはちょっと面倒で、下記のいずれかの証明書を同封する必要があります。

各種健康保険証のコピー(参加申込される皆様全員分。氏名・生年月日・ご住所記載面〔カードタイプの場合は両面とも〕)
住民票(発行から3ヵ月以内のもの。参加申込される皆様の続柄・氏名・生年月日が記載されているもの。コピー可)
勤務・修学・療養等の事情で同居していなくても各種健康保険証のコピーや戸籍謄本を提出して、生計を共にしていることが証明できればOKということです。

引用元-ANAマイル合算の本当の威力 | ANAマイレージ・マイルで新LifeStyle提案

家族旅行でマイルを使用するなら子供料金をチェックして!

気をつけるべきことは、特典航空券では、子供も大人と同じマイル数が必要なことです。

 国内線では、搭乗客に同行し座席を占有しない乳児(2歳未満)は搭乗者1人につき1人まで無料で、これは特典航空券でも同じです。

 しかし国際線においては、座席を占有しない乳児も幼児運賃が必要で、特典航空券は大人と同じマイル数が必要となります。幼児運賃は大人運賃の10%なので、幼児分は航空券を購入し有償搭乗するほうが得になるケースが多いはずです。

――国際線では、幼児にはマイルを使わないほうが得と……。

櫻井:日本の国内線では、12歳未満の子供は大人普通運賃の半額の子供運賃が使えます。区間や料金によって特典航空券は大人分だけにし、子供は子供運賃を使うことも一考です。

 ただし国内線でも事前購入型の割引運賃では、子供運賃より割引率が高い場合もあります。スケジュールの変更がないのであれば、子供にもこの事前購入割引運賃を使うほうが得な場合があります。

引用元-子供には、特典航空券を使わないほうが得する場合あり – 日経トレンディネット

みんなでマイルを貯めよう!どんどん増える家族カードの使用法

日常の支払いはカードにすべし!

大量マイルゲットを目指すなら、出来る限り日々の支払いはANAカードで決済するようにしましょう。家族みんなで同じカードを持てば、それぞれのシーンで力を合わせてマイルを貯めることができますよ。

例えば…こんなシーンでカードを利用すればマイルをゲットできます。

■お父さんの場合

・日々のランチ代
・コンビニでのちょっとした買い物
・ガソリン代
・幹事になって飲み会代の支払い

■お母さんの場合

・毎日のスーパーでのお買い物
・ドラッグストアなどの日用品代
・お友達とのカフェ代

■お子さんの場合

・参考書などの本購入
・友達と行くカラオケ代
・ネットでのお買い物

など、少額なお買い物でもANAカードを利用すればマイルがどんどん貯められます。家族みんなで大量マイルを目指しましょう!

カードマイルプラス加盟店ならマイルがUP

ANAカードマイルプラス加盟店なら、ANAカードで支払いすると、クレジットカードポイントに加えて、100円または200円(税込み)で1マイルが貯まります。

例えば、いつも気軽に利用しているこんなお店がANAカードマイルプラス加盟店になっています。

■イトーヨーカドー
■セブンイレブン
■マツモトキヨシ
■スターバックス

など

オンラインストアなら
■伊勢丹
■小田急百貨店
■ベルメゾン
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場


引用元-【ANAカード】家族カードで皆でマイルを分け合おう!その方法教えます|UpIn[アップイン]

ANAの家族カードのマイルを使用する時の注意点

特典航空券用の座席数は限定されていて予約がとりずらい

特典航空券(無料航空券)は席に限りがあります。
特に、繁忙期のように黙っていても満席になるようなタイミングでは特に特典航空券での予約は取りづらい印象があります。(航空会社はどの程度を特典航空券として提供しているか明らかにしていません)。

特に、家族で特典航空券(無料航空券)を使いたいというような場合には、人数が多いと特典航空券での確保が難しいかもしれないということを考えておく必要があります。

国内線での利用や日程に都合がつけやすい方ならあまり問題はないかもしれませんが、休みが決まっているような方は特典航空券での人気路線での海外旅行などは難しいかもしれません。

ANAマイルの有効期限は3年間しかない

3年間という期間を「長い」と感じるか「短い」と感じるかは人それぞれだとは思いますが、1万マイルくらいを貯めるというのは簡単かもしれませんが、家族3人ででアメリカにファーストクラスで行きたいというなら15万マイル×3=45万マイルを貯める必要があります。

極端な例ですが、自分が目標としているマイル数を期限内に貯められるかというのは一つ頭に入れておく必要があるでしょう。

引用元-ANAの特典航空券で知っておきたい注意点、デメリット

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ