役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

   

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無などが心配になります。

特に高齢での妊娠や薬の服用や飲酒・喫煙などの悪習慣などで、子供の障害の確率が上がってしまうようです。

今は出生前診断で子供の障害を検査することもできるようになっています。

妊娠中はストレスや心配事も悪影響になります。あまり重くとらえずに、子供の健康について考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

妻が仕事で忙しい…現代の共働き夫婦の決めごとの重要性とは

共働き家庭が一般的になり、中には妻の方が仕事が忙しいという夫...

猫が子供を助ける時見せる威嚇行動とは…猫の生態あれこれ

気まぐれで自分勝手なイメージのある猫ですが、実は母性本能が強...

娘が友達と喧嘩…親が解決することは子供の成長を奪うことも?

娘が幼稚園や学校で友達と喧嘩をしてきた時、親としては心配にな...

結婚する理由~決めた1番のポイントは?既婚男性ヒアリング

結婚したいと思っても、彼氏がなかなか結婚の話をしてくれないと...

免許の返納した後に再取得はできる?返納後のメリットとは…

最近は高齢者の事故が取り沙汰されることも多く、免許証の自主返...

妻の仕事に理解不足な夫…夫婦が円満に過ごすためのコツ!

結婚した後も働き続ける女性が増え、夫婦共働きの家庭が一般的に...

運転が下手だから車に酔う?運転手の心がけと同乗者の対策

運転が下手な人の車に同乗し、車に酔うことはありませんか? ...

スポンサーリンク

子供の障害につながる妊娠中に心配な事…

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、「私の赤ちゃん」の先天性異常のリスクに注意を払いましょう。

この時期に、重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の妊婦さんに葉酸を積極的に摂取するように通知を出してます。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが、妊婦さんに必要な量に不足しているのが現状です。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

引用元-妊娠初期につわりがこない?不安や心配?悪阻が来ないと障害では?

・喫煙はやめる
 (喫煙は発達障害児を産むと言っても過言ではありません。本当に、百害あって一利なしです!)
・つわりがひどくても、野菜ジュースやサプリメント、栄養ドリンクなど、可能な限りバランスよく体にいいものを摂る
 (栄養が足りないと胎児の脳形成に影響が出ます。極論、食事が取れなくてもサプリで補えるので大丈夫!)
・極度なストレスがかかるようなことはとにかくシャットアウトする
 (ストレスは大量にビタミンなどを消費し、細胞を壊してしまいます!)
・小麦・牛乳を含む食品は避ける
 (小麦の代わりには大豆や米粉使った製品を、牛乳の代わりには豆乳を使った製品を摂る!)
・水銀を含む大きな魚(マグロなど)は避け、なるべく小魚を多く摂る

引用元-妊娠中の生活と発達障害の関係 | 発達障害のためのセラピスト

赤ちゃんが心配…妊娠中の検査でわかる障害は?

■妊娠中に赤ちゃんの発達障害や自閉症はわかりますか?

発達障害や自閉症は、脳の一部に異常があることが原因で起こります。

これは妊娠中に確認することはできません。

発達障害や自閉症の診断は「徴候がある1歳半以降に行う検査」によって確認することができます。

ことばや心理の発達についての検査や血液検査、頭部の画像検査などによって診断をうけることができるのです。

多くの発達障害や自閉症の赤ちゃんには

・視線が合いにくい

・抱っこをすると反り返って嫌がる

・指さししない

・呼びかけても反応が少ない

などという特徴がありますが、あくまでも目安に過ぎませんので

気になる場合は病院できちんとした診断を受けることが大切です。

■妊娠中に赤ちゃんのダウン症は分かりますか?

ダウン症は、妊婦さんに義務付けられている定期検診のエコー検査で発見することができます。

ダウン症の可能性が高い胎児には

・首のうしろに厚みがある

・手足が短い

・指が太い

・成長が遅い

といった特徴があります。

ただし、胎児の身体の大きさや成長の速度にはには個人差がありますので

あくまで判断材料のひとつとして捉えておきましょう。

これらの特徴が揃っている場合、お医者さんによっては「出生前検査」をすすめてくる場合もあります。

出生前検査では、より詳しい遺伝子異常や病気を調べることができるのです。

引用元-妊娠中に赤ちゃんの発達障害や自閉症、ダウン症はわかりますか? – 赤ちゃん乳幼児の子育て百科

子供の障害が心配…妊娠中の検査には問題点も…

「お腹の赤ちゃんにどんな障害があったとしても受け入れるつもり」それならば、そもそも、この検査は受けないはずです。

この検査を受けること自体が「赤ちゃんに何かが見つかれば中絶する選択肢を選ぶ検査である」ということをきちんと知っておく必要があります。

産婦人科医は、「お腹の子が健康な子かどうか、ママは心配。だから、お腹の子が元気であることを証明し、その後の妊娠期間を安定して送ってもらう」と言います。

さらに、「万が一、お腹の赤ちゃんに障害があるとわかった場合は出産後の育て方について十分、考えることができる」とも言います。

でも、結果が黒と出た場合、90%が人工中絶をする現実……。医師の言う「育て方を考える」なんて人は、実質1割にも満たないということ。だから、この検査は固い決心がなければ受けてはいけないのです。

また、もう一つ問題点があります。

それは、星の数ほどある障害の中の一部しか判明しないということ。全ての障害や病気がわかる診断ではないのです。

出産時のトラブルで脳性麻痺になる、高熱、病気、事故などで障害を持つ、という可能性もあります。よって、”染色体異常以外の障害であれば受け入れて育てる”ということを肝に銘じなければなりません。

筆者も羊水検査を受け安心して出産しましたが、その2年後、子どもが自閉症であることが判明しました。出生前診断ではお腹にいる赤ちゃんが自閉症かどうかはわからないのです。

引用元-お腹の赤ちゃんに「障害があったら…」と不安になりませんか? – It Mama(イットママ)

高齢での妊娠は赤ちゃんの障害も心配…

不完全な卵子でダウン症の障害児

不完全な卵子とは、染色体に異常があることを指します。染色体に異常があると、細胞分裂を進めることができないため、成長が止まってしまいます。もしくは、一部の機能が成長しないまま、育っていくこともあるでしょう。

その結果、先天的に障害を持つ赤ちゃんとして生まれてくることになります。高齢出産では、染色体異常でダウン症になり生まれてくる赤ちゃんの割合が約0.3%で、35歳以下の0.1%よりもUPしてしまいます。また、40歳以上の場合は1%にまで上がってしまうのです。

高齢出産は先天性異常の障害児

高齢妊娠の一番の問題は染色体の異常にあります。染色体は23組ありますが、どの組の染色体に異常があるかでお腹の赤ちゃんの先天性異常が変わるのですが、この染色体異常は高齢になるにつれて確率が高くなります。

染色体異常の中にはダウン症のように妊娠継続できるものがありますが、それでもやはり不安定なため早産や陣痛から分娩までの時間が非常に短くなりやすいのが特長です。

染色体は卵子と精子が23本ずつ持っていて受精の瞬間に完成するので、卵子だけでなく精子にも加齢による染色体異常があると、先天性異常が発生する確率は更に高くなります。

先天性異常とは生まれつき体の代謝、ホルモンの仕組みに異常があり、ダウン症、意識障害、知能障害などの心身トラブルが発生します。

引用元-高齢出産において知っておくべき障害の知識 | ニンアカ

妊娠中の検査で子供に障害が分かっても100%ではない!

障害や疾患があると言われたときに、それを受け入れるのは困難を伴うとともに時間もかかると思います。夫婦間をはじめとして家族など周囲の人ともよく話し合う必要があるでしょう。

また、検査結果や医師の診断は100%ではありません。性別が実は違ったということもあるように、障害があると言われていても実際に生まれてきたらなかったというケースもあるとされています。

もちろん心の準備は重要ですが、あまり考えすぎてストレスが過多にならないようにしたいものですね。

引用元-ダウン症だけじゃない?妊娠中にわかる胎児の障害と検査とは

新出生前診断を受ければ、お腹の赤ちゃんに降りかかる全ての先天異常がわかるというわけではありません。 3つの染色体異常のみをかなり高い確率で発見できる優れた検査ではありますが、他の異常を見つけるには別の検査も必要となります。

そして、検査結果が陰性と出ても、100パーセント赤ちゃんが先天異常ではないという保証もないというのが難しいところです。検査結果が陽性の場合は、更に詳しく調べるために羊水検査を受けることになっています。

引用元-妊娠中の出生前診断を受けるか決める前に、まずは詳しく知ろう! | MARCH(マーチ)

twitterの反応

 - 子供, 雑学

ページ
上部へ