役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

      2017/01/03

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくてはいけないポイントがあったりします。

妊娠の本などには基本的な事は書いてありますが、いまいち自分の状況と合っていないことも多々あります。

そこでオススメなのが妊娠を経験した事のある先輩ママの書いたブログです。

数多くのブログの中から、自分に合った対処法や食事管理の方法を見つけてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種は会社が強制してもいい?法的にどう?

インフルエンザが猛威を振るうこの季節。だんだんと周りでインフ...

女性のバイクライフ!バイカーのブログで学ぶポイント&注意点

バイクは男性の乗り物というイメージが強くありますが、最近は女...

女性でもバイクの免許は取れる?事前情報で大型も夢じゃない!

最近はバイクの免許を取得する女性が増えてきているようです。 ...

朝の通勤ラッシュと電車の遅延~遅れる原因は乗客も一因?

朝の通勤ラッシュ、遅延する電車はかなり多く、通勤に影響してし...

旦那の家事が雑すぎる…妻が抱える悩みと上手に伝える対処法

最近はイクメンなどという言葉がもてはやされ、家事や育児を手伝...

職場の雰囲気がゆるいと目標達成しない?管理職の方は再確認を

最近は会社内でのパワハラやブラック企業などが取り沙汰されるこ...

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

スポンサーリンク

ブログに学ぶ!妊娠中の食事はバランスが命!

妊娠中の食事は、とにかくバランスを重視!

炭水化物やたんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、脂肪……。栄養素にはさまざまなものがあり、エネルギーをつくったり、血肉や骨、筋肉の材料になったり、各器官の働きを助けたりと、それぞれ役割が異なります。どれかひとつ欠けても、ダメなのです。

とくに、妊娠中はおなかの赤ちゃんの体の材料やエネルギーも必要となりますから、いつも以上に栄養バランスに配慮した食事が求められます。基本は、偏食を避けること。なるべく多種類の食材を食べるよう、料理にも工夫を凝らしてみてくださいネ。

引用元-妊娠中の食事で注意すべき9つのポイント | こどもブログ

どういうものをどれくらい食べるといいのかが一目瞭然ですよネ♬ 主食、主菜、副菜、乳製品、果物をそれぞれどんな組み合わせで摂ればいいのか、わかりやすいイラストで描かれています。妊娠中の食生活の目安になります。

基本は一汁三菜です。主食を中心に、主菜と副菜、汁物を組み合わせ、そこへ乳製品や果物をプラス。すると、自然にバランスがとれた食事になります。ポイントは、カロリーの差し引きではないということです。「お昼にチョコパフェ食べたから、夕食を抜こう」というのはバツです。カロリーでなく、食事の中身に目を向けましょう。

引用元-妊娠中の食事で注意すべき9つのポイント | こどもブログ

ブログに学ぶ!妊娠中の食事に「蕎麦」が優秀だった!

蕎麦は、血糖値を上げにくく、妊娠中の体重コントロールに適している食品であるだけでなく、様々な栄養素を含んでいます!

蕎麦に含まれる代表的な栄養素と妊婦さんへのメリットは、

・タンパク質

 → アミノ酸がバランスよく配合されているため、体力が低下しやすい妊婦さんに必須な栄養素です。

・ビタミン類

 → 疲労回復や疲労からくるイライラ軽減に役立ちます。

・鉄分 →

 貧血対策になります。

・食物繊維

 → 便秘解消につながります。

・ルチン(ビタミンP)

→ ビタミンCの吸収をサポートしてくれるので、美容を気にする妊婦さんにお勧めです。また、抗酸化作用があるので、老化予防に役立ちます。血管を強くし、高血圧を予防する働きがあるため、妊娠高血圧症候群の予防にもなるでしょう。全身の血流を改善する働きがあるので、冷え性や冷えから来る肩こり、認知症予防にも期待できる栄養素です。

このように、蕎麦には妊娠中の体力低下、貧血、冷え性、便秘、高血圧予防など、妊婦さんのマイナートラブルを改善する働きのある栄養素が含まれている上、美容効果も期待できるのです!

妊娠中に蕎麦を食べずに過ごすのは、何だかもったいない気がしますね。

引用元-妊婦さんのダイエットに良いのは蕎麦?うどん?

ブログに学ぶ!妊娠中に気を付けたい食事と習慣

変えなきゃとわかっているのに変えられない生活習慣の一つとしてあげられるのは、たばことコーヒー。たばこの害については再三病院などで言われていると思いますので、ここではどうやったらやめれるのか考えましょう。

まず効果的なのは、やはりどれだけ赤ちゃんに良くないのかしっかりイメージすること。そして、旦那さんも喫煙者なら、一緒に協力してもらってやめるのも助けになるでしょう。受動喫煙も赤ちゃんに良くないので、一緒にやめるのは大切です。

コーヒーに関してはカフェインの摂りすぎは赤ちゃんにもお母さんにもよくありません。というのも、赤ちゃんに吸収されるカフェイン濃度って、お母さんが吸収するのとほぼ同じ濃度なのです!それにカフェインは、鉄分やカルシウムの吸収も妨げてしまいます。でも、飲みたいのに飲めない・・・とストレスになるのも赤ちゃんにはよくありませんので、一日に一杯、と決めて飲む分には赤ちゃんの健康被害は気にしなくても大丈夫でしょう。

また、働くお母さんが気をつけたいことの一つに、外食があります。外で食べるご飯には塩分がかなり含まれていますから、できれば外食を避け、どうしても、というときは朝ごはんだけはお家でしっかり栄養を摂るのもいいでしょう。そうすれば、外で食べすぎるのも防げます。

引用元-妊婦の食事についてー有名人妊婦のブログも参照してみよう!

ブログに学ぶ!妊娠中の食事の栄養管理について

もともと、妊娠前までは、お肉をあまり食べていなかったのと、お米もとっていませんでした。

これは、ダイエットというよりは、それが体にあっていたため、

野菜や豆類などを食べることが多く、お米を食べるなら、玄米食をしていました。

栄養士さんから言われたことは、脳の成長にはやはり、お米が必要だということ。

お米を食べていないから、おかずの吸収がとってもいいため、太るのではないかと言われました。

カーコは、栄養も取れますし、玄米をたべるようにしようと思いました。

お菓子やジュースなどは、もともとさほど食べないのですが、果物はよく食べています。

その果物も果糖があるため、とりすぎも良くないのです。 (わかっているのですが、食べてしまっていました・・・)

あと、夕飯は、だんなさんの帰宅が遅いのもあり、遅くに食べることも多いです。

栄養士さんから、まず、サラダや野菜から食べて、そのあとに、ごはんをたべるようにし、

果物を食べるときも、まずサラダを食べてから果物を食べると吸収率が違うそうです。

カーコは、果物を食べる前に、野菜を食べるという発想がなかったので、これは驚きでした!!!

とにかく、野菜を多く取り入れて、かさましををするように言われました。

緑黄色野菜やきのこはたくさんとらないと!

キノコは、干してあるものの方が、ビタミンが増えるらしいです。

引用元-妊婦は食事で体重管理を なぜかすぐに太ってしまう まず野菜から食べること | 36歳で妊娠!気になる高齢出産とは?初産から子育て体験記

ブログに学ぶ!妊娠中から意識したい母乳の為の食事

和食を食べる

ジャンクフードも好きだし、お菓子も、スイーツも大好きな私。
母乳をあげているとすぐにお腹が減ってしまうし、とにかく目にしたものが食べたくなる私w
だけど朝・昼・夜は和食中心にすることを心がけてきました。
洋食にもよりますが、やっぱり油っぽくなってしまうと母乳に出てしまうんですよね、、
乳腺炎になりやすくなるので、塩分や油の少ない煮物をよく食べるようにしています。

長いつわりが終わった産後に、思いっきり食べれる嬉しさに、ケーキやジャンクフードをがっつり食べた私・・・もちろん乳腺炎になりました(涙
乳腺炎って、想像以上に痛い・・・針でおっぱいを刺されているような痛みなんです。
もうあの痛みを味わいたくない!赤ちゃんに、ドロドロのおっぱいをあげたくない!!!
その思いで、和食中心の食事を心がけることを決意しました。
おかげで、それから乳腺炎とは無縁。
2人の子を完全母乳で育ててきました。

引用元-良い母乳を作る為のわたしの食事方法 | 妊娠ブログ

twitterの反応

https://twitter.com/twinkle__xo/status/781353230525566976

 - 子供, 食べ物

ページ
上部へ