役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

子供はお風呂に毎日入れるべき?メリットとデメリットとは…

   

子供はお風呂に毎日入れるべき?メリットとデメリットとは…

みなさん、子供は毎日お風呂に入れていますか?

季節によっては入れる派と入れない派にも分かれる、子供のお風呂事情。

ママにとっては毎日の入浴は大変ですが、子供にとってはたくさんのメリットがあるようです。

子供の成長の場として、毎日の入浴を少し意識してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

車検で交換を推奨されることが多い部品を知って賢く交換を!

車検の見積もりをもらうと、いくつか交換を推奨されている部位が...

中学生カップルは付き合うと何するの?長続きさせる方法は…

最近は彼女、彼氏がいる中学生が増えています。 恋愛がどんど...

インフルエンザの予防接種は会社が強制してもいい?法的にどう?

インフルエンザが猛威を振るうこの季節。だんだんと周りでインフ...

女性のバイクライフ!バイカーのブログで学ぶポイント&注意点

バイクは男性の乗り物というイメージが強くありますが、最近は女...

女性でもバイクの免許は取れる?事前情報で大型も夢じゃない!

最近はバイクの免許を取得する女性が増えてきているようです。 ...

朝の通勤ラッシュと電車の遅延~遅れる原因は乗客も一因?

朝の通勤ラッシュ、遅延する電車はかなり多く、通勤に影響してし...

旦那の家事が雑すぎる…妻が抱える悩みと上手に伝える対処法

最近はイクメンなどという言葉がもてはやされ、家事や育児を手伝...

職場の雰囲気がゆるいと目標達成しない?管理職の方は再確認を

最近は会社内でのパワハラやブラック企業などが取り沙汰されるこ...

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

スポンサーリンク

子供を毎日お風呂に入れると嬉しいメリットも!

夕食の食欲がアップする

子どもが小食だったり、ご飯の時間帯には食べず後になってから食べると悩むママも多いですよね。

<夕方17時半くらいに、お風呂に入れて、18時半とかに、夕食にする。こうすることで、食事時間を30分~1時間おそくできますよね。このたかが30分は、意外と食欲にいい影響を与えます>
先にお風呂に入れれば、その分必ず夕食の時間は遅れます。少しでも遅い方が、食欲は湧きますよね。またお風呂に入ることで体力も使うので、お腹がすくように。これはプールの後にお腹が急激にすくのと同じ原理でしょう。

引用元-子どもの発育に影響?「お風呂の時間」を決めるべき理由3つ – WooRis(ウーリス)

寝つきが良くなる

子供の睡眠時間が遅いのも、ママの大きな悩み。実はお風呂を最後にしてしまうことで、寝付きが悪くなってしまうのです。

<子どもは、体が温まっているうちは、眠れません。早めにお風呂に入れておくことによって、寝付きも良くなります。温まった体温が、下がると、眠りにつきやすくなります。だから、お風呂→ごはん→おふとんが、うまく行きました>
寝かしつけを少しでも早く終わらせたかったら、井上さんがお勧めする流れにしてみましょう。

引用元-子どもの発育に影響?「お風呂の時間」を決めるべき理由3つ – WooRis(ウーリス)

子供は毎日お風呂に入れないといけないの?

子供をお風呂に入れるのは、本当に一苦労です。それでも毎日お風呂に入らなければならない!と強迫観念のように思ってしまってはいませんか?

子供に清潔感を身につけて貰うには、日々のお風呂はとても重要です。しかし、もし親が体調不良で辛い時等にも無理をしてお風呂に入っているのであれば、少し肩の力を抜いてみませんか?

どう見ても子供が汚れていたり、何日もお風呂に入らないのは論外として、たった1日、お風呂に入らない日があっても、それは悪い親なんかではありません。むしろ、これから十数年続く子育ての中、どこかで息抜きをしなければ、親のほうが疲れてしまいます。

子供には、小さいうちからあらゆる習慣を身につけさせたほうがいいのは確かでしょう。しかし、毎日が絶対、スケジュール通りに動くことなんて稀であるのは、大人なら誰でも分かることですよね?お風呂もまた然り。絶対毎日入らなければ、子供にとって悪影響だなんてことはありません。

育児書や世間の風潮に流される育児より、どこかでゆとりをつくり、臨機応変に対応することも、子育てには重要なのではないでしょうか。

引用元-子供のお風呂、毎日入る必要って本当にあるの? | キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

毎日実践!子供と毎日お風呂に入って「浴育」しよう!

20分以上の浴育で、子どもの心の成長に変化が!

浴育の注目されるポイントは、その効果がパパだけに留まらないことです。

資生堂「スーパーマイルド」パパフロ応援委員会の調査によると、20分以上の浴育で「家族にやさしい子になる」(69.2%)、「思いやりがある子になる」(74.4%)など心の成長に影響がある事が認められているようです。

パパと一緒にお風呂に入ることで、パパだけでなく子どもにも影響が及んでいるんですね。パパとお風呂に入る時は、カラスの行水ではなく、20分以上を目安にゆっくりと入ることが大切です。

引用元-パパと一緒の入浴で意外な効果!20分の「浴育」のススメ | Conobie[コノビー]

浴育の効果は子どもの社会性にまで影響が表れています。

同じく資生堂「スーパーマイルド」パパフロ応援委員会の調査によると、20分以上の入浴は20分未満と比べて「集団行動ができる」(6.2ポイント増)、「友達が多い」(8.6ポイント増)、「礼儀正しい」(10.6ポイント増)などの数値が出されています。(資生堂スーパーマイルド『パパフロ応援委員会』調べ)

その理由には、ママにはできないパパ独特の社会的な考え方やモラルなどの姿勢が影響しているという考え方が挙げられているようです。子どもの心の成長に伴って、豊かな社会性や考える力が付いていると考えられますね。

引用元-パパと一緒の入浴で意外な効果!20分の「浴育」のススメ(2ページ目) | Conobie[コノビー]

子供を毎日お風呂に入れる時の注意点

子どもの乾燥肌が増えています

小さい子供の乾燥肌に悩むお母さんが増えています。乾燥肌が悪化すると、全身に強いかゆみがでて眠れなくなったり、入浴のたびにじんましんがでたりするなど、辛いトラブルに発展することもあり、一度過敏になった肌を落ち着かせるには長い時間がかかることがあります。

乾燥肌をまねく原因はさまざまですが、お風呂での洗いすぎも原因のひとつです。入浴時に洗いすぎないことが大切です。

引用元-入浴が乾燥肌の原因に?注意したい子供の冬のお風呂の入れ方[カラダノート]

お湯の温度と浸かる時間に注意!

冬場は寒いのがつらくて、ついついお湯の温度は高く、お湯に浸かっている時間は長くなりがちです。しかし、熱すぎるお湯に長時間浸かることは、皮膚表面の皮脂を溶かし、角質層が緩む原因に。この状態でからだを石鹸やタオルで洗うと、乾燥肌を引き起こします。

また、お湯に浸かることによって皮膚の下にある毛細血管が拡張しますが、この際、熱刺激が原因となって肌にかゆみやじんましんを引き起こすことがあります。肌がデリケートな子どもは特に、熱すぎるお湯に長時間浸かることは避ける必要があります。

引用元-入浴が乾燥肌の原因に?注意したい子供の冬のお風呂の入れ方[カラダノート]

子供のお風呂どうする?季節によっては毎日入らない人も多い!

「冬は2日に1回」派も多数

夏と違って、ダラダラと汗をかくようなことは少ない冬は、体を洗う必然性は下がります。お風呂だって、特に気にならなければ2日に1回、3日に1回、もしかすると週に1回という人もいるかもしれません。

さて、皮脂が多い人は、胸や背中は毎日か2日に1回程度石鹸で洗い、腕や足、夏場は3日に1回、冬は週1回、石鹸で洗えば良いようです。女性などで皮脂が少ない人は、“毎日”は避けましょう。

また、便利だからといってボディソープを使いがちですが、これには界面活性剤が含まれているものが多く、肌に取ってはよくありません。“使いすぎ”の原因にもなってしまうため、石鹸のほうがオススメです。

せっかくキレイになろうとしているのに、逆効果では悲しいですよね。何事も過ぎたるは及ばざるが如し。ある先生は、「昔の女性は1週間に1度くらいしか、髪を洗うことはなかったでしょう。でも、つややかな髪だった」と指摘しています。

引用元-お風呂に入る頻度、冬は2日に1回でOK? 体は毎日洗うものなのか|セルフドクターニュース|カラダにうれしいネタのサプリ

twitterの反応

 - 子供, 雑学