役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

専業主婦が離婚で陥る貧困~後悔しない為の正しい選択と準備

   

専業主婦が離婚で陥る貧困~後悔しない為の正しい選択と準備

今、離婚した女性の貧困が急増しているようです。

中でも離婚前に専業主婦をしていた女性が貧困に陥る確率が高く、こんなはずじゃなかなった…と離婚を後悔する女性も多いようです。

ではなぜ専業主婦は離婚をすると貧困に陥ってしまうのか、またそうならない為にはどうするべきか…

離婚という選択を後悔しない為にも、決断する前にしっかり考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

離婚後に専業主婦が貧困に陥る原因は…

仕事は?生活は?離婚して仕事探しに苦しむ女性は多い

専業主婦の離婚で最も多く見られるのが貧困問題です。

何でお金に困るケースが多いのかと言うと、この答えは簡単で

単純に給料が安い仕事にしか就けていない
子どもが小さく、子育てと仕事の両立が困難
派遣、アルバイト、パートの勤務形態を選択するケースが多い

このような理由から収入面に悩むケースが多いのです。

夫からの養育費なんかは、このご時世ではあまり期待できませんしね・・・

そして、専業主婦だった方にたちはだかる大きな壁として「採用自体がされにくい」ということが挙げられます。

これは何でかと言うと、採用する企業からすれば中途採用で欲しい人材というのは

即戦力になる人材
会社が利益を上げるために貢献できる人
長く会社に貢献できる人

というのが求められるので、経験もそれほどない主婦だった方には風当たりは厳しいのです。

引用元-離婚後の仕事探し!主婦からでも大丈夫

専業主婦が貧困に陥らない為には離婚前に貯金しておく事が重要!

専業主婦が離婚をするにあたり、一番の問題がお金、となります。

離婚をしても食い扶持が稼げず、今まで通り夫に養ってもらいたいからという理由で離婚をせずに結婚生活を我慢する主婦が沢山いるくらいです。

実家が富豪、自分にたっぷりの貯蓄がある主婦ならば無問題ですが、大抵の人は人並みの資産しか持っていません。

しかも専業主婦となると、今まで旦那にお金を管理されておれば個人の貯蓄が無い、といった場合すらあります。

離婚調停に弁護士を必要とすれば、弁護士費用も掛かってしまいますし、離婚後は別居のための引越し代が必要になります。

離婚をする前にこっそり節約をし、貯金をしておく、働きに出てお金を貯めておく、などとまとまったお金を用意しておくと助かります。

自分名義の貯金通帳を持っておき、へそくりを貯めておくのです。

専業主婦であっても、長年コツコツと節約をして貯金をした結果、数千万円が貯まり、いつでも離婚ができる、と離婚に備えている人もいるくらいです。

離婚をしても、すぐに働き先が見つからなかったり、意外にも離婚にお金が掛かってしまったり、とお金に困ってしまう可能性は高いために貯金は蓄えておくべきです。

引用元-専業主婦が離婚するときに意識しておくべき6つこと

専業主婦が離婚後に貧困に陥らない為の支援制度

児童扶養手当

  18歳までの子供がいる母子家庭が対象で、場合に条件によって変わってきますが、月1万円~4万円ほど受け取ることができます。年3回、1回で4か月分をまとめて受け取ります。自分から申請しないともらえませんので、お住いの市役所で聞いてみることをおすすめします。

児童育成手当

  親が離婚されている場合も対象になります。条件によって変わりますが、月に15,000円ほど受け取ることができます。年3回、1回で4か月分をまとめて受け取ります。専業主婦だった場合はあまり関係ありませんが、受給条件には360万円程の所得制限が設けられていますので注意が必要です。

生活保護

  健康体で仕事をすることが可能ならあまり生活保護は受けることはないと思いますが、仕事に就けず、生活が困窮している場合は生活保護を受けることが可能です。生活することができない人のための生活扶助、そして家賃が払えない場合の住宅扶助、子どもを学校に通わせてあげられない人のための教育扶助があるので、もしも・・という場合にはこういった補助金があるということを把握しておきましょう。

引用元-専業主婦の離婚【仕事探しならこのサイト】

専業主婦が離婚後貧困に陥らない為にオススメの仕事

・保険の外交員

 ノルマが厳しいですが、女性が大活躍しています。母子家庭のお母さんも多いです。

・医療事務

 長く安定して働くには、医療関係は良いです。医療事務は資格が必要ですが、取り易い難易度です。お金と時間的余裕のある方は、数年単位で考えて、看護師を目指すというのも非常に良いと思います。

・宅建

 不動産会社、特に賃貸の会社では、常に一定の募集があります。一般的に、資格があるからといっても、未経験では就職につながらないことも多いのですが、宅建はいつも需要があるので就職に役立つ資格です。

・介護やヘルパー

 人手不足の業界ですから、少し勉強すれば、就職のチャンスは大きいです。介護は向き不向きはあると思いますが、やりがいがある仕事です。これから高齢化社会ですから、職に困ることはないでしょう。他には、保育士という職もありますね。女性が活躍しています。

・地域密着の仕事

 例えばヤクルトおばさんなど。朝早くの仕事なので、子育てと両立できます。地元にも仕事はあるかも?サイトで探すよりも、地域情報誌をチェックして下さい。

引用元-離婚後の生活費

貧困以外にも…専業主婦が離婚後を後悔してしまう事

孤独

離婚が珍しくない昨今は再婚も珍しくありません。バツイチ同士専門の婚活イベントなどもあり、再婚へのハードルは下がっています。しかし、

「出会いがない」
「年齢が上」
「子供の気持ちを考えると再婚は難しい」

などと、なかなか再婚に踏み切れない方も少なくありません。

「出産リミットを考えると、もう子供は産めないかも」、あるいは「将来、子どもが巣立っていったら、自分一人になってしまう」など、子どもの有無にかかわらず、将来陥るかもしれない「孤独」に、離婚を後悔する気持ちを抱くこともあるようです。

引用元-3/3 離婚前に要チェック!離婚経験者が後悔している5項目 [夫婦関係] All About

親権

離婚した場合、子供の親権を父か母のどちらかが持つことになります。子供が小さいうちは母親が持つことが多いですが、父親の方が親権に執着して離婚協議が成立しないようなパターンも出てきます。そのような場合、戸籍上の親権者を父親、監護権者を母親として、母親が手元に引き取るような形で解決を図る場合があります。

しかし、あくまでも、父親の方に親権があるため、いくら子供と衣食住を共にしていても、母親は法的には弱い立場に置かれてしまうことになります。最悪な場合、父親の方が子供を連れ去ってしまうようなこともあるなど、やはり親権を持っておかないとあとあと後悔することにもなるようです。

引用元-2/3 離婚前に要チェック!離婚経験者が後悔している5項目 [夫婦関係] All About

twitterの反応

 - 生活, 結婚

ページ
上部へ