役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

幼稚園の年中は子供が大きく成長する為の大切な年の理由とは

   

幼稚園の年中は子供が大きく成長する為の大切な年の理由とは

幼稚園の中でも年中の1年が成長にもっとも大きく影響すると言われています。

幼稚園にも慣れ、年長のお兄さんお姉さんに刺激を受けながら、自分よりも小さい年少のお世話をするという体験が成長に重要な影響を与えていくのです。

自分でできることも増え、心身ともに成長していく年中時期の子供についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

子供の成長!年少から年中への切り替えは幼稚園の春休みに!

(1)一年間の生活、行動をチェック

まずは、年少1年間を振り返ってみましょう。起床時間から就寝時間まで1日の行動を確認。さらに、“お子さん自身でできること”と“手伝いが必要なもの”に分けてみましょう。

(2)年中での目標を設定

(1)を踏まえたうえで年中での目標を決めましょう。おすすめは、“手伝いが必要なもの”の中から選ぶこと。“脱いだパジャマをたたむ”“食べ終わった食器を片づける”など、お子さんができそうなものを選ぶのがポイント。

『成功体験を積み重ねれば、お子さんの自信にもつながります』

(3)朝時間を有効活用

春休みだからといっていつもより遅く起きていると、生活のリズムが整わず、グズグズの要因に。幼稚園に行くときと同じスケジュールで行動するのがおすすめ。

『朝時間に余裕ができる分、外遊びをしたり、自宅で工作をしたりなどスケジュールが立てやすくなります』

引用元-年中へステップアップ! 進級する幼稚園児を成長させる春休み活用法4つ | パピマミ

何でも吸収!年中さん!幼稚園でのいろんな出会いが成長に…

幼稚園は、基本的に1日4時間、子どもが集団の中で生活をして〝育ち合う場所〟です。子どもたちが帰った後、先生たちは一人一人の一日を振り返り、「明日はこうしてみよう」と教育プランを立てます。子どもたちが伸びるために、園での4時間をどう過ごさせるかを考えていくのです。
 最初に幼稚園は〝育ち合う場所〟であると言いましたが、何を育ち合うのかというと、「みんなの中で自分の能力を発揮すること」です。
 人間は人とつながって生きることに喜びを感じます。人付き合いが苦手という人も、いい関わりが持てたときには、うれしくなります。自分の力を発揮することによって、相手の力も引き出されます。それが健全なよりよい社会です。お互いがお互いのために存在していることを感じる。この原点をつくるのが幼稚園です。
 お母さんの中には、例えば乱暴な子とは同じクラスにさせたくないと思っている人がいるかもしれませんが、いろいろな子どもと出会うことで、わが子が成長していくのです。同じようなタイプの子ども同士で付き合った方がうまくいくと考えがちですが、大人になり社会に出たら、否応なくさまざまな人と仕事をしなければなりません。そのときにいいパフォーマンスをするには、人間の幅が必要になります。その原点は幼稚園時代に育まれるのです。

引用元-幼稚園で学ぶことは?こんなときどうすればいいの? | あんふぁんWeb

成長の一過程!年中になって幼稚園に行きたくなくなる子供も…

幼稚園に行きたがらない理由

なんとなく「行きたくない」年少児と違い、年中児は周囲を観察する力、先を予測する力、想像力、お友達と協調して遊ぶ力が育ってきています。そのため、ハッキリとした意思がある子が多く、登園拒否には本人なりの理由があります。

成長して周囲の人間と関わることができるようになった分、周囲と自分との違いに気づき、友達との意見の相違があることで…

「友達と一緒に遊びたい!でも私は○○で遊びたいのにちっともできない」
「ぼくはピンクが好きなのに、○○くんは女の色だ!って笑う…。ぼくはいけないの?」
「私は工作がしたいのに、運動会の練習ばかりでイヤ!」

などと、自分という存在の確立にジレンマも感じるようになります。

年中児の「行きたくない」理由とは?

友達とトラブルがあったから
担任の先生が転勤や退職で変わってしまったから
苦手なことをしなければならないから
クラス替えで担任やクラスメイトが変わったから
転勤で幼稚園が変わったから
周りの人より劣っていると感じたから など

引用元-幼稚園に行きたがらない…今さら!?年中児の登園拒否への対応5つ – マーミー

幼稚園の年中時期は精神的な成長も!

年中というのは年長に続く非常に重要な学年。
目に見えにくい心の成長をしている学年
なのだ。

年少時は一番小さいので
上2つの学年からも可愛がられ、
先生からもかなり可愛がられるし、
何をしても可愛い~と注目の的なのよね。

ところが、
注目を浴びていたのに、新年少の登場によって、
いきなりその脚光を奪われる感覚になるわけよ。

自分よりも小さい子が入ってきた事で
お姉さんお兄さんとしての自覚が急に芽生えて
年中デビューして自立する子もいる反面、
年少時とのギャップに対応しきれず寂しくなる子もいる。

どっちに転ぶか分からない。
弟妹がいるか、いないのかによっても変わってくるので、
それこそ個人差が非常に大きいのだ。

今更遅いけど、
それを踏まえた上で4・5月は
1人1人の子どもに接しなくちゃならない。

寂しくなっているからといって甘やかしすぎてもダメだし、
自立を促すために突き放しすぎてもダメ。

1人1人の子どもに合った対応ができていると、
「この先生、僕/私のこと分かってくれてる」
と子どもが先生を信用するようになり、
全体の場でも先生の話を聞くので
結果としてクラスがまとまるわけです

引用元-この時期の年中さん | 幼稚園の先生の本音

どんどん成長中!幼稚園の年中ママが抱える悩み

女の子の中でいざこざがあったり、仲間外れのようなことがあったり…。仲良くやってほしいのですが。

年中さんは自己主張の塊のような時。ぶつかり合いを通して成長しています。
 年中さんの時期を一言で表すと、「やる気十分、実力不十分」。
自己主張が強くなってやる気十分なのですが、言葉がまだ粗削りなので、ぶつかり合うことが多い学年です。特に女の子は男の子より友達の〝囲い込み〞をしたがる時期で、仲間外れのようなことも起きてきます。
 ママとしては心配でしょうが、友達とのけんかやもめごとは、子どもの成長には欠かせない経験です。お友達とぶつかり合うことで、相手の気持ちや立場を理解できるようになっていきます。「年中さんはそういう時期」と腹を据えて見守ってください。

引用元-年少・年中・年長さん それぞれのママたちの“心配事”を解決! | あんふぁんWeb

好き嫌いが激しいので、お弁当のおかずが毎回同じになってしまいます。野菜を食べてほしいのですが…。

年中さんになったことだし、ほんの少し野菜を入れていきましょう。
 嫌いだから入れないのではなく、食べられるチャンスを作ってあげたいですね。
 例えば、お子さんのお弁当にトマトが入っているのを見たお友達が、「わあ、◯◯君、トマト食べるんだ!」と言ったことにつられて、食べてしまうことがあります。何か一つ入れてみてはどうでしょうか。
 また、野菜に興味をもつきっかけとして、野菜を育ててみるのもおすすめです。

引用元-年少・年中・年長さん それぞれのママたちの“心配事”を解決! | あんふぁんWeb

twitterの反応

https://twitter.com/peputimaru/status/790513190585065472

 - 勉強・学校, 子供

ページ
上部へ