役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

警察への被害届提出までにかかる時間~解決のためのあれこれ

      2016/10/23

警察への被害届提出までにかかる時間~解決のためのあれこれ

もし何らかの被害や事件に巻き込まれた時、まずは警察への被害届が費用になります。

しかし警察署に行き、すぐに捜査が始まるわけではなく、提出・手続き・着手までにはかなりの時間を要することも…

あまり経験がない被害届の提出について、詳しく調べてみました。

ぜひ参考にしてスムーズな解決を目指しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

被害届提出は時間短縮のためにも警察署へ!

被害届を提出しようとすればどこにいけばいいのか

刑事事件の被害にあって警察に被害届を提出したいと思えば、警察署、交番所のどちらでも被害届の提出は出来るといえます。ですが、交番所へ被害届の提出にいっても、自転車の盗難などの簡単な事件の被害届しか受理してもらえないので、空き巣に入られたとか、暴行を受けたといった難しい捜査が必要な事件の被害届は、警察署にいって提出することになります。交番所にいっても事件によっては警察署へ行って受理してもらうように指示される場合もあるので、二度手間になることが煩わしければ最初から警察署へいって刑事課へ被害届を提出するほうがスムーズだともいえます。被害届出は、犯罪の日時、場所、被害にあった物件、被害金額などを聴取されるのであらかじめ分かる範囲で事件概要などを整理してから捜査機関へ届出に行くとスムーズに受理してもらうことが出来るともいえます。

引用元-被害届の出し方 | 刑事事件 弁護士|検事出身の弁護士による刑事事件相談

被害届を出すなら24時間警察で対応してもらえる?

被害届は原則24時間受理してくれます。
受理したあと、受理番号を交付してくれますので、例えば泥棒に入られた被害届なら、翌日の昼間に刑事課盗犯係に連絡して受理番号を伝えると対応してくれます。基本的に届けを出す時、聴取を受けますが、専門的な事案で捜査が必要な聴取は日中行います。但し緊急を要する場合、その場で詳しく聴取されます。
また警察は何でも受理番号を交付しますから、何の届けを出しても受理番号を控えておくといいでしょう。

引用元-警察は被害届を24時間受け付けてくれますか?聴取などがあると思う… – Yahoo!知恵袋

とりあえずの事情は聞いてもらえます。
それを調書にしてもらうことも、不可能ではないと思います。

しかし、具体的な被害届となると、夜間は難しいと思います。

警察官も人間ですから、基本的に夜間は当直体制です。
人手が足りないこともあり得ます。

さらに、被害の内容がどんな犯罪に該当するかは、それなりの知識と経験のある警察官にしかできません。

たとえば、詐欺になるのか恐喝になるのか、それとも別の犯罪になるのか。
はっきりとさせないと、正しい捜査へ進めなくなります。

なので、夜間は事情を聞いてもらうだけになる可能性が高いと思います。

もちろん、すぐに対処しなければ身の危険がある、などの場合は別です。

引用元-警察は被害届を24時間受け付けてくれますか?聴取などがあると思う… – Yahoo!知恵袋

警察に被害届を出した後の手続きで時間がかかることも…

警察に届出した後の手続きについて説明します。

事情聴取

担当の警察官が、被害の状況や犯人の様子について詳しく事情をお聴きします。

犯人の特定や犯行を証明していくためには欠かすことのできない重要なものですので、ご協力をお願いします。

思い出したくないことや話しにくいこともあると思いますが、犯人のちょっとした言葉や犯行の手口を話していただくことが、犯人を割り出す手がかりとなります。

また逮捕後、犯人に言い逃れをさせないためにも、詳しくお話をうかがうことが必要となりますので、ご協力をよろしくお願いします。

証拠品の提出

犯人の犯行を裏付けるために必要な場合は、被害当時、被害にあわれた方が着ていた服や持っていた物などを、「証拠品」として提出していただくことがあります。

これらは「物的証拠」として、裁判において犯人と犯罪を結びつける重要な証拠となりますので、ご協力をお願いします。

提出していただいたものは、保管の必要がなくなった時点でお返しします。

被害にあわれた後、すぐにでもシャワーを浴びたり、着替えをしたいと思うのは当然だと思います。

しかし、体や服などに犯人の証拠が残っている可能性がありますので、シャワーや着替えはせずに、まずは警察に連絡し、警察官に確認してください。

また、もし着替えをした後でも、服を洗濯したり捨てたりせずに、保管方法等を警察官に確認してください。

実況見分の立会い

実況見分 ( じっきょうけんぶん ) とは、警察官が犯罪の現場などについてその状況を確認することをいいますが、被害にあわれた方に立ち会っていただくことがあります。

引用元-警察に届出した後の手続き | 茨城県警察

警察に被害届を出しても捜査着手までには時間がかかることも…

誰しも犯罪に巻き込まれたときには警察に犯人を捕まえて欲しいと願いますよね。犯罪に遭ったとき,警察署に行って被害申告をします。ところが,被害申告をしても被害届を受理してもらなかったり,被害届は受理してくれたがほとんど捜査してくれず,更に被害が生じて社会問題になるケースもあります。

では,被害届には何の効力もないのでしょうか。

被害届とは,犯罪の被害に遭った人が被害の事実を警察に申告することの届出をいいますが,「警察官は,犯罪による被害の届出をする者があったときは,その届出に係る事件が管轄区域の事件であるかどうかを問わず,これを受理しなければならない」(犯罪捜査規範61条)とされており,そもそも被害届の不受理は許されません。しかし,実際には受理してもらえない場合もあるようです。

その理由としては,事件化するつもりはなく交渉ごとを有利に運ぶため警察を利用しようとする輩がいたり,警察官のマンパワー不足のため軽微な事件については当事者で解決して欲しいという理由などから,できるだけ軽微なものは被害届を受理せずに済ませたいという考えがあるようです(被害事実の真偽を見極めることが難しいこともあるでしょう)。

引用元-被害届で警察は動く? | 長屋綜合法律事務所

警察に被害届を取り下げてもらうのにも時間がかかる…

被害届を取り下げてもらうには

仮に、真実犯罪を行ってしまい、かけられている容疑に間違いがない場合は、被害者に対して早急に謝罪と賠償を尽くし、示談に応じてもらうことで、被害届を取り下げてもらえる場合があります。
しかし、被害者の中には、加害者側と直接連絡をとることを拒む方も少なくありませんし、加害者側としても誤りたくても被害者の連絡先を知らない場合もあります。

このような場合は、弁護士が間に入り交渉をすることによって、被害届の取り下げに応じてもらえる場合があります。

被害届の取り下げはいつまでか

被害届の取り下げに期限はありませんが、できるだけ早いに越したことはありません。
被害届が逮捕前に取り下げられていれば、警察としては逮捕する可能性が低くなったと考えるので、逮捕の可能性は低くなります。また、検察官が事件を起訴する前に被害届が取り下げられれば、起訴がされなくなり前科が付かない可能性が高まります。
従って、被害届の取り下げは、早いほどよいといえるでしょう。

引用元-被害届を取り下げてもらうにはどうしたらいいですか? – 刑事事件 – 加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士 加西法律事務所

twitterの反応


https://twitter.com/ppppppp214/status/787307536957321216

 - 生活

ページ
上部へ