役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

貯金するなら銀行よりもタンス預金?メリットとデメリットは?

   

貯金するなら銀行よりもタンス預金?メリットとデメリットは?

銀行に貯金してもほとんど利子がつかない現在。

銀行に貯金することにメリットを感じない現状に、タンス貯金が注目されているようです。

本当に銀行よりもタンスの方がメリットがあるのか、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

銀行よりも安全!?タンス貯金とは…

タンス預金とは、自宅に保管されている現金のことを指します。お金は、銀行や郵便局の口座に預けている方が多いと思いますが、金融機関に預けたお金以外に自宅に保管しているお金がタンス預金です。

日本のタンス預金はいくらあるのかをご存知ですか?正確には把握できないと言われておりますが、30兆円から80兆円はあるだろうと言われております。

政府は、このお金を何とか使ってもらおうと対策をうっております。その対策の代表例が、『教育資金の一括贈与』や『結婚・子育ての一括贈与』という制度で、教育のためなら1,500万円を贈与しても無税にしましょう!という法律や、結婚、子育てのためなら1,000万円を贈与しても無税にしましょう!という法律を作りました。
タンス預金を保有している方の多くが高齢者なので、高齢者のタンス預金を子どもたちに渡してもらえるように工夫して作った制度が上記の2つの制度となっております。
この制度を利用して、高齢者から子どもたちにお金が贈与されれば、タンス預金は減少します。
しかし、まだまだ多くの対策が必要だと言われております。

引用元-タンス預金は必要不可欠!?マイナンバーは預金に影響あり?

タンス貯金の方がいいの?銀行に預けるリスクは…

銀行に預けておくと、その銀行がつぶれてしまえば、簡単に下ろせないばかりか、預金保険の上限である1,000万円超の部分については、毀損してしまう可能性が極めて高いからです。

要するに銀行預金だと、銀行が破綻した場合に残高1,000万円超だと全額戻ってこない可能性が高いので、そうしたリスクを取るくらいなら、自宅に保管してしまおう、ということですね。

特に過去、取り付け騒ぎにより、銀行が次々破綻した体験を持つシニアな方々はこうしたタンス預金を好む傾向があると言われています。

引用元-タンス預金のメリット・デメリット | 最新版!定期預金 比較/金利比較ランキング

預けていたお金が引き出せなくなる事態というのはいくつか考えられます。例えば金融機関が倒産するかも?という不安から預金者みんながお金を引き出そうとして取り付け騒ぎが起きるとか、預金していた銀行が実際に倒産してしまうとか。銀行などの金融機関には信用不安・倒産リスクがあります。実際、ギリシャでは財政危機にあたって取り付け騒ぎがありました。日本の場合、銀行が倒産したとしても、一つの銀行につき1000万円までは預金保険機構によって保証されます。なので、預金が引き出せなくなるリスクは非常に低いです。全部銀行が潰れてしまうような事態にならなければ。

ただし、金融機関が破綻したときに保証される金額は一行につき1000万円までが上限です。

引用元-タンス預金のメリット・デメリットを考えて、銀行預金にしましょう – kabueye blog

やっぱり銀行が安全?タンス貯金のデメリット

タンス預金にはデメリットもあり、まず1つ目は利息がつかないということですね。定期預金などにしておけば、いくらかの利息が定期的に支払われるわけですが、タンス預金の場合は1円たりとも増えません。

ただし、上記の通り低金利が続き、金利の前にゼロがたくさん並んでいる状況では、そもそも大した利息はつかないわけで、実際に計算してみるとデメリットというほどの不利益はない、と考える人は少なくなさそうです。

2つ目のデメリットは「防犯に弱い」という点です。タンス預金だからといって、実際に「タンス」に預けている人は少数派だと思いますが、金庫にしまうにせよ、床下に隠すにせよ、現金が物理的に家にある以上、銀行で大切に保管されている資金(実際に銀行内にキャッシュで保管されているわけではありませんが)に比べれば、格段に盗みやすくなります。

お金に色はついていませんので、盗まれたが最後、それを取り戻すのはかなり困難です。

ちなみにここ10年以上、銀行強盗事件を聞いたことがありませんね。世の中平和になったのか、銀行のセキュリティが堅くなったのかは分かりませんが、良い傾向だと思います。

引用元-タンス預金のメリット・デメリット | 最新版!定期預金 比較/金利比較ランキング

やっぱり銀行が安全?タンス貯金の注意点

タンス預金の意外なリスクは廃棄です。タンス預金といっても、タンス以外のリュックの中や本に挿んでいたり、花瓶、古いバッグなど、日常使用しないものの中に貯めたまま忘れてしまうということが多いようです。そうとは知らない家族が、本人が留守の間にリサイクルへ出すということもあるようです。出された物の中に数百万円が混じっていたというニュースが流れることもたまにあります。

引用元-タンス預金は安全なの?危険なの? 定期預金の金利の比較

出火は自分で注意することで防げますが、延焼・放火は無理、防ぎようがありません。盗難もしかりです。「タンス預金4000万円盗まれる。盗んだのは知人」(2007年6月毎日新聞)や、「農家のタンス預金を狙った空き巣を逮捕。被害総額1584万円(被害件数205件)」(2004年埼玉県警)のように侵入被害が頻発しています。

2006年東京都で発生した侵入窃盗の認知事件数は17,325件、そのうち住宅で発生したものは12,026件と約70%にものぼります(警視庁サイトより抜粋)。しかし、家財保険での現金盗難補償は20万円程度と僅かです。

引用元-2/3 総額27兆円! タンス預金に潜む3つのワナ [貯蓄] All About

銀行?タンス?マイナンバーが貯金に影響するかも…

1)改正されたマイナンバー法により、マイナンバーに銀行口座が紐付けされることに

まずは、マイナンバー法の改正について見ていきましょう。改正マイナンバー法では、新たにマイナンバーに銀行口座が紐付けされることになりました。

しかし、紐付けが行われるのは平成30年(2018年)移行からであり、現状では紐付けは義務付けられていません。ですから、最近よくある「今すぐ口座を作るべき」というような論調がありますが、実際のところ、それまで急ぐ必要はないということがわかるでしょう。

ただ、政府は平成33年ごろには義務化する方向で動いているので、そうなると銀行口座とマイナンバーが紐付けられ、誰の口座にどれぐらいの預金があるのかを把握できることになるのではないかという見方が広がっています。

2)銀行口座に税金がかけられる?タンス預金が増えるワケ

銀行口座が政府によって監視されているだけでも少し気味が悪く感じる人が多いかもしれませんが、さらに、銀行口座の預金に税金がかけられる可能性もあります。

政府が「貯蓄税」という税金を新たに設けるのではないかという議論が最近話題になっています。確かに、マイナンバーによって税の分野と預金口座の情報が紐付けられれば、このような税金の徴収も可能になるでしょう。

引用元-マイナンバー制度でタンス預金をする人が増えるのか?知っておくべき「預金口座への適用」

twitterの反応


https://twitter.com/dohentaiJK/status/758990023475597312

 - お金

ページ
上部へ