役に立つlaboratory

役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

スポンサー リンク


離婚後の子供の養育費ってどうしたらもらえる?離婚アレコレ

   

離婚後の子供の養育費ってどうしたらもらえる?離婚アレコレ

離婚する夫婦にとって決めなくてはいけないことはたくさんあります。
子供のいる夫婦なら、さらに複雑な取り決めが必要になります。
その中でも特に重要なのが養育費の問題です。子供の為にも養育費についてしっかり話し合いましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

住宅ローン 保証人 年齢制限
住宅ローンの保証人に年齢制限はあるの?気になる条件と注意点

住宅ローンを組む時に保証人が必要になる場合があります。

親や親族にお願いする方も多いようですが、頼む相手が高齢の場合など年齢制限はあるのでしょうか?

住宅ローンの保証人とはいえ、あなたの返済次第で相手の信用問題や生活を変えてしまうことも…しっかり責任を理解してからお願いしましょう。

%e5%a8%98-%e6%97%85%e8%a1%8c-%e5%bd%bc%e6%b0%8f
娘が旅行に彼氏と行くのを知ってしまった…あなたはどう対応する?

自分の娘から「彼氏と旅行に行く」と言われた時にあなたは許すことができますか?

結婚前の娘が彼氏と旅行なんて有り得ない!と考える方が多い中、あまり厳し過ぎると秘密や嘘をつかれる原因にも…

そこで今回はそんな娘を思う親心と旅行について調べてみました。

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s
家のローンは年収250万で組める?ローンのルールを知ろう!

家のローンを組む時に審査の基準として年収200万~300万の間がボーダーラインになっているようです。

収入に見合わない無理な借り入れは、その後の返済にも影響を及ぼし、結果的に家を手放さなくてはいけなくなることもあるようです。

そこで実際に年収250万でローンを組むとどうなるか、注意点やポイントをまとめてみました。

同居 ストレス 子育て
同居のストレス~子育て中のママが感じる義両親への不満とは…

義両親との同居に様々なストレスを感じる女性は多いようです。

中でも子育てによる義母との意見の相違なども大きなストレスの原因になっているようです。

そこで子育て中の同居ストレスの原因や解消法など、楽しい毎日を送る為の方法をまとめてみました。

マンション 購入 後悔
マンションを購入後に後悔したくない!購入前の知識が大事な訳

人生の中でも大きな買い物と言われる、マイホーム。

しかしいろいろ考えてやっと購入したマンションも、住んで後悔している…という方は少なくないようです。

そこでマンション購入で後悔しない為の‪チェックしておきたいポイントをまとめてみました。

ぜひ参考にして、思い通りのマンション選びに役立ててください!

%e9%9b%a2%e5%a9%9a-%e5%ad%90%e4%be%9b-%e9%9d%a2%e4%bc%9a%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84
離婚後に子供は父親と面会しないとダメ?優先すべき気持ちは…

親の離婚後、子供はどちらかが親権を持ち引き取られることになります。

たいていの場合は母親が親権を取り、父親は面会という形で子供に会うようになります。

しかし中には面会しない方向で話が進むことも…子供の気持ちを考えて親ができることは何か考えてみましょう。

子供 欲しくない 夫婦
子供は欲しくないと考える夫婦が急増している原因と不安とは?

最近は結婚しても子供は欲しくないと考えている夫婦が増えているようです。

お金やライフスタイルなど、子供が生まれることによる変化を懸念する以外にも、様々なことが原因となっているようです。

そこで子供が欲しくないと考える夫婦の心理や夫婦間そして理解されがたい世間との価値観についてまとめてみました。

%e3%83%90%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%81-%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e8%b2%a7%e5%9b%b0
バツイチの女性が貧困に陥りやすい理由は?子供への影響も…

近年女性の貧困がニュースなど話題になっています。

その原因の一つに「離婚」が考えられます。バツイチ女性は貧困に陥りやすく、子供がいる場合は更に影響は大きくなります。

どうしてこのような貧困に悩むバツイチ女性が増えるのか、身近な問題として考えてみましょう。

住宅ローン 保証人 親
住宅ローンの保証人を親にお願いする時のポイントと注意点

住宅ローンを組む時に保証人が必要になるケースがあります。

その場合、親にお願いする!という方も多いようですが、安易に考えてはいけません!

親にお願いする前に、ローンの保証人の正しい知識を持ち、どうするべきか一番いい方法を考えてみましょう!

離婚 子供 養育費なし
離婚後の子供の養育費なしは泣き寝入り?知らない養育費のこと

子供がいる夫婦が離婚する時、養育費の取り決めが必要になります。

しかし最初から養育費なしとする場合や、取り決めた金額を払われない場合など、多くの家庭で養育費の支払いがないという現状です。

そこで養育費の支払いについて詳しく調べてみました。

ぜひ参考にして子供の為に親としてできることを考えていきましょう!

子供 部屋 diy
子供の部屋をdiy!ママでもできるオシャレ空間づくりのコツ

最近はdiyを楽しむ方が増え、雑誌やテレビ、ネットなど様々な媒体で話題になっています。

そして中でもママが子供部屋をオシャレに変身させるdiyも注目されています。

そこで今回は自分のイメージ通りの子供部屋を作る為のdiyのコツをまとめてみました。

子供 お風呂 毎日
子供はお風呂に毎日入れるべき?メリットとデメリットとは…

みなさん、子供は毎日お風呂に入れていますか?

季節によっては入れる派と入れない派にも分かれる、子供のお風呂事情。

ママにとっては毎日の入浴は大変ですが、子供にとってはたくさんのメリットがあるようです。

子供の成長の場として、毎日の入浴を少し意識してみてはいかがでしょうか。

子供 通帳 おすすめ
子供の名義の通帳を作るおすすめの方法!知らないと損する!?

子供の将来のことを考えて、子供名義の通帳を作る方が増えているようです。

ネット銀行・ゆうちょ・メガバンクなど多数ある銀行をどう選ぶか、おすすめのポイントをまとめてみました。

子供名義の口座には知っておきたい注意点も!ぜひ子供の為の通帳を作る参考にしてください!

大学 学費 払えない
大学の学費が払えない・・最悪な状況を打開する為のテクニック

大学に進学したけれど学費が払えない…そんな最悪な状況、あなたならどうしますか?

学費の支払いに困った時は、国や学校それぞれに救済してもらえる制度があるようです。

なるべく早めの対策で、大学生活を続けられるように対処しておきましょう!

日本 今後 インフレ
日本の今後って?インフレ?貯金だけじゃ・・自分の資産を守るには

日本の経済政策により、長かったデフレの時代が終わり、インフレへと突入すると言われています。

しかし今後のインフレで私たちの生活はどう変わり、影響を受けていくのでしょうか?

不安要素も多いインフレに注意しておきたいポイントや自分でできる対策をまとめてみました。

金 購入 申告
金の購入・売却って申告が必要?売買前に知っておくべきこと!

金を購入・売却する場合に申告が必要ということをご存知ですか?手堅い投資として最近注目されている金投資。

申告を怠ると、犯罪行為として処罰の対象になってしまうこともあるようです。

そこで金における申告についてまとめてみました。しっかり決まりを守って正しく投資を行いましょう!

香港 銀行 振込手数料
香港の銀行口座と振込手数料!HSBC香港ってどんな銀行?

HSBC香港という銀行は世界的に信頼度も高く、ビジネスにおいて口座を所有している方も多いそうです。

海外からの送金など、振込手数料は高くなりますが、それ以上のメリットが期待できるようです。

そこで今回はHSBC香港の送金や振込手数料などについて詳しく調べてみました。

子供 性格 変わる
子供の性格は○○で変わる!?子供の性格は育った環境が影響?

子供の性格は環境によって変わるものです。親との関係・生活環境などその影響は様々です。

良い影響も悪い影響も、子供の性格に刷り込まれながら成長していきます。

そこで子供の性格に影響する要因についてまとめてみました。ぜひ参考にして子供の成長を見守りましょう。

転職 時期 税金
転職の時期で税金の支払いが変わる!?知っておくべき税の仕組み

仕事上の区切りや賞与などの関係で転職時期のタイミングを計ることがあります。

しかし退職時期で税金の支払いや手続きが変わることはあまり知られていないようです。

知らずに退職し、税金の支払いに追われる…ということも!そうならない為に転職時期と税の関係についてまとめてみました。

%e5%ad%90%e4%be%9b-%e9%83%a8%e5%b1%8b-%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88
子供の部屋にキッズ用テント!インテリア×実用性の素敵空間

皆さん、子供部屋のインテリアはどうしていますか?

最近は海外風のかわいく装飾された子供部屋が日本でも話題になり、主流になりつつあります。

今、そんな子供部屋にキッズテントが人気になっています。

そこで子供部屋に置きたいキッズテントの魅力についてリサーチしてみました。

離婚後の子供の養育費はいつからいつまでもらえるの?

養育費はいつからいつまでもらえるか

養育費の調停、審判の申し立てをしたときからの養育費が認められる事例が多いようです。

養育費の支払いは、一般的には、子どもが社会人として自立するまでとされています。これは必ずしも未成年者を意味するものではありません。高校卒業まで、18歳になるまで、成年に達するまでなど判決は分かれています。具体的には親の資力、学歴といった家庭環境によって判断されています。

よく問題になるのが、大学進学の費用が養育費として請求できるか、ということです。裁判例は、大学教育をうけさせる資力がある父親への請求で争いになったケースで、その子どもに大学進学の能力がある限り、大学教育を受けさせるのが普通家庭における世間一般の通例であるとして養育費を認めています。

引用元-養育費で損しない方法!-離婚のマル秘テクニック集

過去の養育費は支払ってもらえるか

養育費の請求には、時効というものがありませんから、過去にさかのぼって、一方の親だけが負担していた養育費についてもう一方の親に請求することができます。

別居状態が相当期間続いたあとで離婚することになった場合、離婚後の養育費だけでなくて、離婚前の過去の養育費を支払ってもらえるのかという問題があります。

夫婦が別居している場合に、夫婦の一方が支払った養育費は離婚までは婚姻費用の一部ですので婚姻費用として過去の養育費を請求できます。離婚するときには財産分与に過去の婚姻費用の清算という要素も含まれていますので、財産分与に含めて請求することもできます。

引用元-養育費で損しない方法!-離婚のマル秘テクニック集

離婚後の子供の養育費はいくら位もらえるの?

基本的には,金額を決める手続は婚姻費用を決める場合と同様です。

まずは,夫婦(代理人)間で話し合いをし,離婚協議で決まらなければ離婚調停において金額や支払方法を話し合うことになります。もし,調停で話し合いをしても決着がつかないときは,離婚審判ないし離婚訴訟の中で,裁判官に決めてもらうことになります。金額については,婚姻費用と同様に「養育費算定表」というものを用いて金額を算出することが多いです。

≪養育費を決める具体的な計算方法≫

(1)義務者(支払う側),権利者(もらう側)の基礎収入を認定する。
※総収入から,所得税等の公租公課,職業日,住居費,医療費等の特別経費を差し引いた金額)

(2)義務者,権利者,子のそれぞれの最低生活費を認定する。
※たとえば,生活保護の水準

(3)義務者と権利者の負担能力の有無を確認する。
※義務者の基礎収入が,(2)で算出された最低生活費を下回っていれば,負担能力はない

(4)子どもに充てられるべき生活費を認定する。
※子どもと義務者が同居していたと仮定し,義務者の基礎収入を,義務者と子どもの基礎収入の割合で案分する

(5)義務者の負担分を認定する。
※子どもの生活費を,義務者と権利者双方の基礎収入で案分する

この計算方法は,以前から理論的で妥当な方法であると考えられてきました。しかし,このようなプロセスで養育費の金額をきちんと認定していくためには,膨大な資料が必要となり,結局,養育費の算定に時間がかかるという問題点があります。

引用元-子どもの養育費 | 離婚と子どもについて | 弁護士が教える パーフェクト離婚ガイド

離婚後、元妻が再婚した場合子供の養育費の支払いは?

妻が再婚したのに養育費は払う必要がある?

離婚時の取決めで、養育費は子供が20歳になるまで毎月4万円の支払いをする約束です。

父親は生活が苦しいながらも子供の為と思い合意しました。

ところが、離婚から数年後母親が再婚し、母親は子供と一緒に新たな夫と暮らし始めた。

実質、子供は再婚相手の男性に養われているのに、まだ養育費を毎月4万円支払う必要があるのでしょうか?

民法の条文には、「扶養にかかる協議または審判があった後事情の変更が生じた時は、家庭裁判所は、その協議又は審判の変更又は取消しをすることが出来る」とされています。(民法880条)

つまりこの条文は、「事情の変更」が生じた場合は、養育費の減額可能だということを示しています。

事情の変更の主な例は、収入の減少、支払い義務者が障害を持って働けなくなったことなどが挙げられます。

そして「妻の再婚」もこの事情の変更に当てはまります。

しかし、母親が再婚したことのみによって、養育費が減額できる訳ではないのです。

引用元-父親or母親が再婚すれば、離婚時の養育費はどうなるかをお教えします

離婚後に子供の為に貰える養育費の範囲

一言で養育費といっても、どのような費用が含まれるのでしょうか?
養育費はあくまで子どもを育てるためにかかる費用なので、親権者の生活費は含まれません。

具体的には以下の内容のものが養育費に含まれます。

子どもの衣食住のための費用
幼稚園・保育園~大学までの教育費
健康を維持するための医療費
その他、子どもが自立した社会人として成長するために必要な費用
なお、各費用はそれぞれの生活レベルによって異なってきます。

その際の指標となる生活レベルですが、養育費を支払う側の生活レベルと同等のものとされます。
つまり、離婚しなかった場合の生活と同等レベルの生活ができる程度の養育費が支払われるべきだとされています。

養育費の中でも、大きくポイントとなるのは「2.幼稚園・保育園~大学までの教育費」です。

教育費には、幅広く以下の費用が含まれます。

学習塾の受講料
家庭教師を雇うための費用
進学のための予備校の授業料
受験料
公立、私立含め学校等の授業料
教材費
学校のクラブ活動費

などが含まれることとなります。

引用元-離婚時の養育費の相場とできるだけ多くの養育費をもらうための方法

離婚後子供の養育費が支払われないケースも…

自分の子どもにかかる養育費をなぜ支払わないのか、と疑間を持つ人は多いかもしれませんが、厚生労働省の平成一〇年のサンプル調査によりますと、協議離婚・審判離婚・裁判離婚による離婚後の母子家庭で、別れた父親から養育費の支払いを受けている人は三割に過ぎません。

離婚に際して養育費の取り決めをした人が約二五%ですから、そもそも離婚時に養育費の支払いを期待してもいなかつたケースと、取り決めをしたが支払わなくなったケースが多いことを物語っています。

別れた父親が養育費を支払わない理由、支払わなくなった理由は、もともと資力が乏しい場合もありますが、資力はあっても支払わない場合も多いと言われています。

引用元-子供の養育費が支払われない場合の対処法|離婚と親権ナビ

厚生省発表の、「養育費の支払い状況」では、

「1983年:11.3%」「1998年:20.8%」、その後横ばいで「2011年:19.7%」

法律上、『養育費』の考え方は、「親である以上、子どもが生きていくために扶助するのは当然。そのための費用が養育費」というものです。

養育費というのは、もともと、子どもの成長には欠かせない、払って当然のお金であることは間違いありません。にもかかわらず、「取決めはしたけれど一度も払ってもらっていない」「そもそも取決めさえしていない」というケースもまだまだ多いようです。

引用元-えっ……たったの20%!? 離婚後に実は支払われていない“養育費”の実態 | パピマミ

twitterの反応

 - お金, 子供