役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

プールの水着の選び方~子供の水着はどこを注意して選ぶの?

      2016/07/29

プールの水着の選び方~子供の水着はどこを注意して選ぶの?

暑い夏到来!夏休みに入った子供たちとプールに行く機会も増える時期です。

子供の成長は早く、毎年水着を新調しているご家庭もあるのではないでしょうか?

そこで今回は子供のプール用水着の選び方のポイントをまとめてみました。

ぜひ参考にして子供とのプールを楽しみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

子供のプール用の水着はジャストサイズを選ぼう!

子供の水着サイズの選び方は、ピッタリサイズが良いんだそう。

ピッタリといっても、物凄くアバウトですよね。。。

私の子供は、身長が98cmなので、

100cmのものがピッタリサイズですが、

身長が95cmとか、105cmの場合、

お店で売ってなかったりするんです。

そんなときは、

子供の身長~プラス5cm程度

で選ぶのがベスト!

これだと、プールに入っても脱げることが無いんですって♪

引用元-子供の水着のサイズの選び方は大きめでも大丈夫?それともピッタリ? | コドママ

どんなサイズを選べばいいの?

ずばりジャストサイズの水着を選ぶ
のが一番です!

「来年も着れないともったない!」

その考えは捨てましょう!

ピッタリサイズの水着は少し窮屈そうに
見えますが実はそれでOKなんです。

水の抵抗力がある中で子供が元気良く
動き回れるように伸縮性のある生地で
作られています。

同じサイズであってもメーカーに
よってサイズに違いがあるので
メジャーでお子さんのサイズを
測ってから選ぶといい
ですね。

引用元-【ママ必見!】女の子の水着を選ぶ3つのポイント! | リキのネタ倉庫【リキネタ】

子供のプール用水着を選ぶポイント

ひとりで脱ぎ着できるタイプがおすすめ!

幼稚園によりますが、一人で水着を脱ぎ着する場合もあるかと思います。ヒモを結んだりボタンを留めたりするのは難しいかも知れません。

たとえば、女の子のワンピースの肩紐リボンなどは、一人で結ぶのは難しいものです。できるだけシンプルなデザインを選んであげると良いですね。

男の子のウエスト紐も同様です。私の周りの男の子ママは紐をゴムに付け替えていました。

自分で準備できたほうがお子さんも楽ちんですし「できた!」という満足感にもつながりますよ。

引用元-もうすぐ幼稚園もプール開き♪水着選び、4つのチェックポイント|cozre[コズレ] 子育てマガジン

長時間遊ぶ場合はラッシュガード

うちの子が通っている幼稚園は、プール遊びの時間が比較的長く、さらに毎日あります。

肩まで水に入らなくても、水着で園庭に出て水遊びをすることも多いので、日焼けはまぬがれません。

真夏の日差しはかなり強いですから、お肌が敏感なお子さんはラッシュガードを用意するのも一つの方法かも知れませんね。

幼稚園によっては着用可のところもあるようです。ちなみに、うちの子が通っている園では「自分で脱ぎ着できればOK」でした。

前ファスナーのラッシュガードはパーカー感覚で着られるのでスムーズでに脱ぎ着できますよ。

引用元-もうすぐ幼稚園もプール開き♪水着選び、4つのチェックポイント|cozre[コズレ] 子育てマガジン

子供のプール用の水着は細部までチェックして選ぼう!

縫い目が不快ではないか?

水着は体にフィットするため、ちょっとした細部が心地よさに直結します。

気を付けたいポイントのひとつが「縫い目」。ふくらみが大きかったり、ゴツくてざらざらした手触りだったりするものは、着ると不快に感じてしまうかも。
水にぬれると、ちょっとした刺激で肌が擦れてしまうことがあります。なるべく縫い目が大きくなく、無理なく体にフィットするものを選んであげたいですね。

着やすそうなものを手で触って選ぶほか、子供自身にしっかり試着させて確かめましょう。

女の子の水着ではここもチェック!紐がほどけやすくない?

男の子の水着では少ないですが、女の子の水着では、リボンや紐が付いたデザインは多いです。すでにリボンになってきっちり縫いとめてあるものなら良いですが、自分で結ぶタイプのものは、遊んでいるとほどけることが多いので注意です。

毎回結び直すのが面倒、という理由もありますが、プールなどで何かに紐がからまったら…と考えると、怖くなりませんか?

安全面から考えても、ほどけるような紐のついた水着は、避けることをオススメします。

引用元-水遊びをストレスなく楽しむ!知っておきたい子供の水着の選び方 | MARCH(マーチ)

子供とのプールで水着以外に持って行くべきものは?

着替え

服だけではなく下着も忘れないようにしましょう。

水着

帽子や日焼け対策に濡れてもいい上着などを持っていくといいです。

浮き輪

浮き輪があれば溺れる心配も少なく、水の上で休憩などすることが出来ます。

シート

座る場所が限られていると思うので、自分で小さなテントやシートなどを持っていっていれば、自分たちだけの場所を確保でき、休憩もすることが出来ます。

水筒

暑いと思うので、水分補給は必要です。自動販売機で買うのもいいですが、自宅から持って行ったり、プールに入る前に買っておけば、好きな時に飲むことが出来ます。
自動販売機が並んだり、欲しい物がないと言うことがありません。

食べ物

水筒と同様で、自宅やプールに入る前に持っていればいつでも食べられます。

これだけ持っていれば最低限楽しめます。
この他に、家庭によって必要な物が違うと思うので、必要だと思う物を持っていきましょう。

引用元-プールの持ち物の必需品リスト!子供、赤ちゃん連れの場合にも対応! | 情報ジャングル

子供とプールに行く時のママの水着の選び方

ママになって子供とプールへ。
水着はもっているけれど、産前の水着ってどうなのかなぁ??と思うママも多いのでは?
個人的には、ビキニでも良いと思うんですけどね。
ただ、子供を抱っこうすると、胸はよく触るので、ポロっとなりそうなので、首がつまったハーフトップなら大丈夫だとは思いますが、そうでない場合は避けた方がよいでしょう。

ママが水着を選ぶ場合、
赤ちゃんとベビースイミングに行く、プールなどの水遊び場所に行く、などの目的で選ぶことが多いと思います。

ベビースイミングの場合、多いのはスポーツ用のセット水着です。
プールに遊びに行く場合は、子供が小さい場合は、水深が低いところで遊ぶので、タンキニ+ショートパンツ(ORサロペット)にラッシュガードを着て、足元はプール用のレギンスのママが多いですね。

ということで、ママの水着は実用的かで選ぶのがおすすめです。

ママの水着の選び方

・気になる体型をカバーできる(服のように上下セットになっているものが着やすい)
・ビキニの場合、首元が引っ張られても見えないもの
・ラッシュガード、uvカットレギンスは必須(日焼け対策)

引用元-ママ水着の選び方 短パンがおすすめです!楽天で買う時には注意! | いちみのまとメモ

twitterの反応


https://twitter.com/725t/status/750152468684677120

 - 子供, 雑学

ページ
上部へ