役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

虫歯の治療の麻酔について~正しい知識と知っておきたい対処法

      2016/05/01

虫歯の治療の麻酔について~正しい知識と知っておきたい対処法

虫歯治療において麻酔はよく用いられます。

簡単な処置とはいえ、やはり麻酔についてはいくつか知っておくべき知識や注意点があるようです。

そこで虫歯治療の麻酔について詳しく調べてみました。もし治療で使用する際は、どのようなものか理解しておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

虫歯の治療で麻酔をするかしないかを選択する際の要素とは?

患者側の希望

もっとも重要視されるのは、治療を受ける側の希望です。一般的には、治療時に痛みを伴いそうであれば、何も言わなくても麻酔が利用されます。念のため、希望するのであれば、治療時に「痛くなりそうなときは早めに麻酔をしてもらえますか?」と確認をすると良いでしょう。

引用元-歯の治療…麻酔をする時・しない時 [虫歯] All About

虫歯の深さ、大きさ

歯を削る際、大きさより深さが、痛みを生じるかどうかを左右します。明確な基準はありませんが、浅ければ麻酔をしなくても治療が可能なケースが多くなります。

深い場合は、歯の内部の神経に近づくため、麻酔が前提で、まれに麻酔をしなくても痛みをあまり感じないで治療できるといった感じになります。

痛みに対する許容度

治療の際誰もが痛みを感じるような大きな虫歯ではなく、麻酔が必要かどうか微妙なケースでは、人によって治療時の反応が大きく異なるため、その人の治療の際の反応や表情なども参考にすることもあります。

妊娠の有無

妊娠中は基本的に麻酔の使用を控える場合が多くなります。しかし強い痛みを生じている場合には、麻酔なしでは治療できない、そのまま放置も出来ない、そんなときに麻酔を使用し治療する方が、メリットがあると判断されれば麻酔での治療が行われることもあります。

引用元-歯の治療…麻酔をする時・しない時 [虫歯] All About

虫歯治療の麻酔は効かないことも…

歯が痛いときに麻酔が効かないなんて、まるで拷問ですよね・・。調べてみると、歯の麻酔が効かないことは決して珍しくないとか!
「自分って麻酔が効かない体質なんだよね」「酒飲みだから麻酔が効かなくって」とかいうこともたまに耳にしますが、実は体質とかお酒を飲むから、などが原因で麻酔が効かない、ってことはないそうです。
ズバリ、次のような場合に麻酔が効きにくくなるそうです。

1.ズキズキ痛い時は効きにくい

痛い時にこそ効いてほしい麻酔ですが、ズキズキ痛い時というのはつまり、炎症が強い時。そして炎症が強い時は、組織が酸性に傾き、そのような状況では麻酔が効きにくいのだそうです。

2.下の奥歯は効きにくい

下の奥歯は最も骨が厚くて緻密な所で、麻酔が浸透しにくいらしいです。

3.がっちり男性は効きにくい

一般的にがっちりした男性は骨もがっちりしているので、麻酔が浸透しにくいのだそうです。

4.骨が硬くなっていると効きにくい

長い間虫歯を放置していたり、根の先に膿が溜まっている状態だと、体の反応でその周囲の骨が硬くなり、麻酔が効きにくなるそうです。

引用元-麻酔をしても歯が痛い!実は歯の麻酔が効かない人がいるんです| BiVa(美歯)

虫歯治療の麻酔の効果がきれる時間

1-2.大人の場合1~3時間程度

歯医者の麻酔は歯だけでなく、歯の周り全体をしびれさせて治療を行います。そのため治療が終わってもしびれている麻酔の感覚が残ります。麻酔は血液などに流され、徐々にしびれはとれてきます。大人の方の場合、治療後1~3時間程度で感覚が戻ってきます。

1-2.親知らずの抜歯の際の麻酔は3~6時間程度

通常の麻酔であれば1~3時間程度で麻酔がきれてきます。しかし、親知らずの抜歯の場合は、親知らずが骨の深くにあり、通常の麻酔では麻酔が効かない時などに、下顎孔伝達麻酔(かがくこうでんたつますい)という麻酔を行います。下顎の半分に麻酔を効かせる方法で、麻酔の効果は6時間程度効いています。

1-3.子供の場合は1~2時間程度

子供の場合、歯茎や骨の厚みが薄いため、麻酔は大人の半分以下の量を使用します。そのため麻酔の効果は1~2時間程度で切れてきます。

1-4.子供の場合、半日くらいしびれが残ることもある

子供が下顎の麻酔をした場合、骨が薄いために大きな神経まで麻酔が効いてしまうことがあります。麻酔は下顎や唇まで感覚が無くなります。半日程度、しびれが残こることがありますが、徐々に感覚は戻ってきます。

引用元-歯医者の麻酔が効いている時間/注意すべき4つのこと

虫歯治療の麻酔が効いている時の注意点

温度差の激しい食べ物を食べる

麻酔が効いている際には、痛みを感じないだけでなく、熱にも感じません。特に、感覚がないため熱いものでやけどをしても気づきません。麻酔が切れたあとになって、やけどの痛みが出てしまいます。

熱い食べ物や飲み物は避けるようにしてください。麻酔が効いている時に火傷をしてしまうことがよくありますので、麻酔が切れた後に食事をするようにしましょう。

引用元-歯医者で麻酔をするときに確認したい5つのこと

歯で口内や舌を噛む

感覚がないため頬の内側や唇を強く咬んでしまうことがあります。
麻酔が切れた後のお食事をおすすめしますが、どうしてもというときは麻酔を打ってない反対側でゆっくり柔らかい物を食べるようにしましょう。

特に気をつけたのが小さい子供で、麻酔が効いているときに誤って唇をかんでしまい、大きく腫れてしまうことがあります。麻酔が効いていると唇を噛んでも痛くないため、何度も噛んでしまいます。麻酔が切れるまでの間、子供が唇を噛まないように見守ってあげてください。

引用元-歯医者で麻酔をするときに確認したい5つのこと

入浴や激しい運動をして血行を良くする

麻酔をしたときに入浴や激しい運動をしないように言われたことはありませんか?麻酔というよりも、麻酔を使用した治療を指すのですが、入浴や激しい運動をして血の巡りが良くなり、血が止まらないことを避けるためです。なので、抜歯をした際には、歯医者に確認をとることをお勧めします。

引用元-歯医者で麻酔をするときに確認したい5つのこと

虫歯治療の麻酔が切れた時の痛みの対処法

鎮痛剤を服用する

治療後に麻酔が切れはじめると、痛みが出ることがあります。
痛みが心配であれば、早めに痛み止めを飲んでください。歯科医院で出された痛み止めや市販の痛み止めを飲むようにしてください。

引用元-不安を解消!歯医者での麻酔をしっかり理解しよう

麻酔の針を刺したところが口内炎

麻酔は針を歯茎に刺します。その際に、歯茎に傷がつきます。口の中にはたくさんの細菌がいます。口の中の細菌が傷口に付着すると、口内炎になることがあります。口内炎は触ると痛いので、市販の口内炎のお薬、ケナログを一日に数回塗ってください。痛みが軽減されます。

引用元-不安を解消!歯医者での麻酔をしっかり理解しよう

麻酔をした場所を押すと痛い

麻酔をする際には、麻酔針を歯茎に、あるいは麻酔が効きにくい場所には骨の中に入れます。そのときに、針が骨を傷つけるため、麻酔の針を刺した場所を押すと、痛みがあります。ズキズキする痛みから痛痒さなど症状は様々です。長くても2週間程度で痛みは引いてきます。
ただし心配な場合には、すぐに主治医に連絡をとり、症状を伝えることをおすすめします。

引用元-不安を解消!歯医者での麻酔をしっかり理解しよう

twitterの反応

https://twitter.com/tyuriann0110/status/723824318178689024


https://twitter.com/SnooPyBenJaMin1/status/723715602922131456


https://twitter.com/0718_yuzuki/status/719444681545789440

 - 病院

ページ
上部へ