役に立つlaboratory

役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

スポンサー リンク


糖尿病は血糖値が300超えたら確定!?つらい生活になる前に

      2016/04/28

糖尿病は血糖値が300超えたら確定!?つらい生活になる前に

血糖値が高いと糖尿病の発症の危険性が増すと言われています。
血糖値が300を超えると、ほぼ糖尿病に間違いないとされているようです。
そこで血糖値が高くなることによる体からのサインや糖尿病治療についてまとめてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

腹筋 筋肉痛 くしゃみ
腹筋の筋肉痛でくしゃみするだけでも痛い…原因とその対処法!

腹筋が筋肉痛の時、くしゃみをするだけで激痛が走る…そんな経験をしたことはありませんか?

ひどい人はくしゃみが原因で腹筋の筋肉痛が悪化してしまうこともあるようです。

そこでくしゃみと筋肉痛の関係について調べてみました。ぜひ参考にして辛い症状を乗り越えましょう!

%e6%97%a6%e9%82%a3-%e5%96%a7%e5%98%a9-%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e8%a9%b1
旦那との喧嘩が離婚話に発展!そんな時に読んでほしいあれこれ

旦那とささいなことから喧嘩し、いつの間にか離婚話にまで発展してしまったことはありませんか?

喧嘩の勢いで離婚話を切り出してしまうと、この先の夫婦関係にも悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで旦那との喧嘩を離婚話まで発展させない為のポイントや仲直りのコツをまとめてみました。

薬 服用 炭酸水
薬の服用は炭酸水等で飲むという人へ!間違った飲み合わせとは

身体に良いとされる炭酸水。愛飲している方も多いことでしょう。

しかし健康に美容に万能な炭酸水でも薬服用には不向きなようです。

薬によっては効果が半減したり、効きすぎたりと危険な面も…

そこで炭酸水と薬、危険な飲み合わせについて詳しく調べてみました。

%e8%82%a9-%e8%84%b1%e8%87%bc-%e5%85%a8%e6%b2%bb
肩の脱臼~全治するために必要となる治療とやってはいけない事

スポーツや日常の何気ない動作で肩を脱臼してしまうことがあります。

今回、そんな身近な怪我「脱臼」について詳しく調べてみました。

全治する為に必要な治療やケガ、またその後の予防など、ぜひ参考にしてください!

0dbb73357f47b70a93ed170320528205_s
糖尿病は血糖値が200で危険信号!甘くみてたらあなたも・・

糖尿病は血糖値が200を超えるとかなりの確率で発症します。

毎日の食生活が知らず知らずのうちに血糖値を上げる要因になっていることもあります。

糖尿病にならない為にどうするべきか、また糖尿病になったら…早期のケアで重症化を防ぎましょう。

毎日 つまらない 主婦
毎日つまらない…主婦を取り巻く環境と日々を輝かせる方法

毎日つまらない…そう感じている主婦は多く、そんな主婦を題材にした「昼顔主婦」も話題になりました。

主婦は気楽…そんなイメージとは裏腹に、主婦を取り巻く環境はなかなか思い通りにならないといった現状もあるようです。

そこで毎日をよりよく輝かせる為に、つまらなく感じる原因や対処法についてまとめてみました。

結婚 後悔 男
結婚して後悔する男性が急増中!?男性が陥る負の心理とは…

最近結婚したことを後悔する男性が急増しているようです。

女性よりも変化を受け止めることが苦手と言われる男性が、どのようなことに後悔を感じるのでしょうか?

男性が陥る負の心理と結婚生活について調べてみました。その後悔とどう向き合うかしっかり考えてみましょう!

親 介護 兄弟
親の介護で・・兄弟の間に亀裂!?もめない為のポイントとは…

親が健康なうちは良好だった兄弟の関係も、親の介護の問題で一気に亀裂が生じてしまうことがあるようです。

いつ我が身に降りかかるかわからない、他人事ではない問題。兄弟間でもめない為にはどうするべきなのか。

考えられる問題とその回避法についてまとめてみました。

%e6%90%ba%e5%b8%af-%e5%bf%98%e3%82%8c%e3%81%9f-%e9%80%a3%e7%b5%a1
携帯を忘れた・・連絡できなくてパニくるあなたはスマホ依存症かも

今やほとんどの人が持っている携帯電話。便利な機能も充実し、なくてはならない存在になっています。

しかし携帯を忘れた時、友達や家族に連絡できないことに過度な不安を感じてしまうようになったら要注意です。

意外と多くの人がその可能性がある「スマホ依存症」について詳しくリサーチしてみました。

朝 風呂 頭痛
朝風呂が頭痛の原因に!?入浴で命にかかわる危険なサイン…

スッキリとした1日の始まりに朝風呂を好んでいる方は多いようです。

しかし朝の入浴中や入浴後に頭痛に見舞われたことはありませんか?実はこの頭痛、命にかかわる体からのサインということも…

そこで頭痛から考えられる朝風呂に潜む危険性についてまとめてみました。

高齢者 食事 食べない
高齢者が食事を食べない原因は…高齢者の気持ちになって考える

高齢者と一緒に暮らす家庭では、高齢者が食事をあまり食べないと心配することも多いようです。

そこで高齢者が食べやすい食事のポイントや食欲を向上させる方法をまとめてみました。

ぜひ参考にしながら、家族みんなで「老い」について考えてみましょう。

タバコ 禁煙 電子タバコ
タバコを禁煙する為に電子タバコってどうなの?気になる安全性

健康や美容意識、また世間の風潮から禁煙を始める方が増えています。

しかし愛煙家にとってはなかなか続かないのが禁煙の難しいところです。

そこで今注目されているのが「電子タバコ」です。そこでより効果的に禁煙するために「電子タバコ」について調べてみました。

両親 不仲 解決
両親の不仲を解決する方法~子供に悪影響を与えない環境づくり

両親が不仲な家庭で育った子供は、心身的に悪影響を及ぼし、メンタルや対人関係に支障をきたしてしまうことがあるようです。

子供の為にも夫婦の関係性を見直すことも重要になります。

そこで子供に悪影響を与えない為の夫婦関係を修復する解決法をまとめてみました。

育児 イライラ 怒鳴ってしまう
育児のイライラで怒鳴ってしまう…子供への影響は絶大!な理由

育児でイライラすると、つい感情的になり子供を怒鳴ってしまうことがあります。

しかしこの叱り方では、子供の成長に悪影響を与える原因になることがあるようです。

イライラして怒鳴ってしまうのはママの心のSOSです。ママ・子供、両方の為にも改善していきましょう!

店員 態度 クレーム
店員の態度にクレーム!クレームを入れる前に知っておく知識

接客してくれる店員さんの態度があまりにもひどい場合、一言クレームを入れたくなります。

しかしクレームの方法を間違えると、クレーマーと見なされ処罰の対象になってしまうこともあるようです。

そこで効果的にクレームを入れる方法やクレーマー扱いされない為の注意点をまとめてみました。

36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s
友達と喧嘩・・気まずい空気をどう乗り越える?喧嘩と友情の関係

友達と些細なことで行き違い喧嘩をしたことはありませんか?

いつもの仲が良い時とは違い、なんとも気まずい空気が2人の関係を更にギクシャクさせるものです。

友達とぶつかり合い本当の意味で分かりあう為には喧嘩も必要です。要はその後その気まずさをどう乗り越えるかが重要です。

553f3cbe69984c8a928a11c8c421dbf2_s
アパートの騒音で警察に通報!解決?隣人トラブルのいろはとは?

アパートでの隣人トラブルの第1位に騒音問題が挙げられます。

様々な世帯、生活時間の違いなどから集合住宅では避けられない問題になっています。

この騒音問題を解決するため、警察に通報する手段は有効なのでしょうか…

友達 喧嘩 許してくれない
友達と喧嘩!許してくれない相手への上手な対処法と注意点

仲の良い友達同士でも、行き違いやタイミングで喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。

すぐに仲直りができると思いきや、友達がなかなか許してくれない…そんな辛い状況を乗り切る為にはどうするべきでしょうか?

親しき中にも礼儀あり!友達との仲を修復するための方法をまとめてみました。

結婚 後悔 離婚できない
結婚したことを後悔…離婚できない原因と自分の中の葛藤とは?

夫婦関係に亀裂が入り、結婚したことを後悔しているのに離婚できない人は意外と多いようです。

離婚できない原因は様々ありますが、この先の自分の人生を考えた時に、本当にこのままでいいのでしょうか?

離婚できない原因と離婚後の人生についてどうすべきか考えてみましょう。

高齢者 食事 カロリー
高齢者が食事で摂取すべき必要なカロリー~健康を維持するコツ

最近高齢者のカロリー不足が問題視されています。その原因の一つに食事の量の減少です。

食べる量が減ることにより、必要なカロリー摂取が難しくなっているようです。

そこで高齢者が健康を維持するために必要なカロリーや食事の見直しについてまとめてみました。

血糖値300は高すぎ?糖尿病の可能性は?

血糖値の測定

健康診断などで、血糖値を測定したことがある人は多いでしょう。血糖値というのは、血しょう1dl(デシリットル)中にふくまれる、ブドウ糖の量のことです。
一般的な健康診断では、空腹時血糖値(12時間以上食事をしない状態での血糖値)の測定を行います。その数値が高い場合、さらにブドウ糖負荷試験血糖値(一定の条件下でブドウ糖を飲み、2時間後の血糖値)を測定したうえで、糖尿病の可能性について判断されます。

糖尿病の診断基準

日本糖尿病学会では、次のような診断基準を定めています。

糖尿病型 空腹時血糖値が126mg/dl以上
または
ブドウ糖負荷試験血糖値が200mg/dl以上
※ブドウ糖負荷試験は通常、空腹時血糖値が高めの人を対象に、2次検査として行われます。
糖尿病型の場合、さらに後日の検査で同様の結果がみられると、糖尿病と診断されます。
境界型 糖尿病型と正常型の間の血糖値
(空腹時血糖値が110mg/dl以上~126mg/dl未満、
ブドウ糖負荷試験血糖値が140mg/dl以上~200mg/dl未満)
※糖尿病予備軍とされるのが、境界型です。
正常型 空腹時血糖値が110mg/dl未満
および
ブドウ糖負荷試験血糖値が140mg/dl未満
実際の糖尿病の診断と治療は、こうした数値に加え、肥満やほかの病気(高血圧や脂質異常症など)の有無などから医師が判断します。

引用元-糖尿病の診断基準とは|糖尿病|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア

血糖値300は糖尿病確定…

血糖値が高ければ高いほど、糖尿病のリスクが高まり、血糖値300mg/dlにもあると、間違いなく糖尿病であると言えるでしょう。

通常時の血糖値が、健康な方で100mg/dl前後ですので、それと比べると3倍もの数値となっており、糖尿病であると言わざる負えないでしょう。

血糖値300mg/dlの方は、病院での診断と医師の指導のもと、糖尿病治療をしたほうが良いと思います。

引用元-血糖値300mg/dl | 血糖値別に考える糖尿病のリスク

空腹時血糖値として、126mg/dl以上で糖尿病型なので、300mg/dlなら要注意というレベルは既に終了しています。

正常なら、食後血糖値が200mg/dl台ってこともありません。食後血糖値としても、上限は140mg/dl程度なので、高すぎます。

早急に、明日にでも糖尿病専門医にかかって治療を開始してください。

引用元-血糖値が300というのは要注意ですか?仕事を休んで療養したほうがよい数値... - Yahoo!知恵袋

糖尿病は血糖値が少々高くても症状のでない病気です。血糖値が300mg/dlを超えますと、口渇感(のどが渇く)、多飲(水を多くのむ)、多尿(尿に何度もいく)、全身倦怠感(だるい)、体重減少などの症状が出てきます。空腹時血糖値が126mg/dl以上、食後血糖値が200mg/dl以上であれば、糖尿病が強く疑われます。

引用元-恐ろしい糖尿病の合併症/医学小知識

糖尿病に危険信号!血糖値300の体からのサインを見逃すな!

体からのサインを見逃さない

個人差はありますが、血糖値が250を超えると、疲れやすくなったり、思考力が低下したり、やたら眠く感じたりするような症状が起こるようです。

血糖値が300を超えてくると、喉が渇いたり、皮膚に出来物などができるようになったり、食べてもすぐお腹が空くようになったり、体重が減り始めるというような症状が起こるようです。

さらに、血糖値が500を超えると、吐き気や嘔吐を起こしたり、意識がなくなったり、昏睡状態となってしまうこともあるようです。

気付かないだけで、少しづつ体に変化は起きているはずです。

定期的な健康診断などを受けることで、自分の血糖値を知っておくようにしたいものです。

早期の段階で血糖値の異常を発見することができれば、薬を使わずに、食事の内容を見直してみたり、運動を取り入れるようにしたり、生活を工夫することで、血糖値をコントロールすることができます。

引用元-血糖値を下げる方法|血糖値.jp

血糖値300を超えたら糖尿病治療を始めよう

糖尿病を治療する基本となるのが食事療法と運動療法です。それぞれがどんなことをするのかを詳しく解説していきたいと思います。

食事療法

食べる量と食べ方を見直すことで血糖値をコントロールしていこうという治療法です。ポイントとなるのは

バランスの取れた食事にする
野菜を多めに食べる
最初はおかず(副菜)を食べ、それからごはん(主食)を食べるようにする
ごはんを制限するよりも、いも類を制限する
油もちゃんと摂る
夕食を食べ過ぎない
一日三食きっちり食べる
お菓子は控えめに、または食べない、食べる場合は糖尿病用のものを選ぶ
お酒を控える
麺だけの食事は控える
よく噛んで時間をかけて食べる

引用元-糖尿病の治療について | 看護師が書いた糖尿病闘病記

運動療法

運動をすると私たちの体はエネルギーとしてブドウ糖を消費します。糖尿病では血液中に多くの糖が溢れた状態になっているため、運動をすることによって効率よく糖を消費させようと言う治療法です。

運動には、主に瞬発的な無酸素運動と、持続的な有酸素運動の2種類があります。無酸素運動は足だけや腕だけのように体のごく一部のみを動かしますが、有酸素運動は全身をフル活用させるため、運動療法では遅めのジョギング、体操、水泳、サイクリングなどの有酸素運動が推奨されています。

食事をしてから30分~1時間後が血糖値上昇のピークなので、その時間帯を狙って上記の運動をするようにすると血糖コントロールに効果があるとされています。また、体の中にある糖が燃焼されるようになるまでに15分はかかりますので、最低でも15分以上継続して運動するとよいです。

引用元-糖尿病の治療について | 看護師が書いた糖尿病闘病記

血糖値が高いままでは合併症の心配も…

●血管

動脈硬化が起こり、血栓が形成され、心臓、脳、脚などの大動脈の血流が
悪くなります。小さな血管の壁は傷つき、酸素が正常に運べなくなります。
血管が弱ることで、血液循環が悪くなり、傷が治りにくくなります。
血管が弱まることで起こる合併症は、心臓病、脳卒中、手足の壊疽、
インポテンツや各種感染症などです。

●眼

高血糖状態が持続すると、網膜の毛細血管が損傷されるため、血液が漏れます。
結果として視力低下が起こり、それを放置すると、最終的に失明します。
これが糖尿病性網膜症といわれる合併症です。

●腎臓

腎臓内の血管が肥厚することで、尿にタンパク質が漏れ出るようになり、
血液が十分にろ過されない状態のまま、体をめぐるようになります。
やがて腎機能低下や腎不全を引き起こし、透析に至る事になります。

●神経

血液中のブドウ糖が正常に代謝されず、血液の供給が不十分になるため、
身体の神経(特に毛細神経)が損傷されます。やがて、脚力の低下が起こり、
感覚の低下や手足の痛み、痺れが慢性的に続くようになります。

引用元-糖尿病者の血糖値をそのままにしておくと?恐ろしい合併症【血糖値を下げる!改善マニュアル】

twitterの反応


https://twitter.com/miyashika0215/status/608868647256203265

 - ストレス・病気