役に立つlaboratory

役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

スポンサー リンク


納豆・味噌汁・豆腐はミラクルフード!大豆イソフラボンの効果

      2016/05/07

納豆・味噌汁・豆腐はミラクルフード!大豆イソフラボンの効果

日本には多くの大豆製品があります。納豆・味噌汁・豆腐など、その種類も様々です。
この大豆製品には健康や美容に効果があると言われる大豆ソフラボンが豊富に含まれています。
この大豆イソフラボンを効果的に摂取するための量やポイントについてまとめてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニ パスタ 冷凍保存
コンビニのパスタは冷凍保存していいの?&解凍時の豆知識!

コンビニのパスタは手軽においしいパスタが食べれると人気の高い商品です。

そんなコンビニパスタが余った場合、冷凍保存がおすすめです。そこでパスタを冷凍保存する方法をまとめてみました。

最近ではそのまま冷凍できるコンビニの冷凍パスタも注目されているようです。

%e3%81%8a%e5%bc%81%e5%bd%93-%e5%89%8d%e6%97%a5-%e5%8d%b5%e7%84%bc%e3%81%8d
お弁当を前日に用意!卵焼きを前日用意しても美味しいコツとは

忙しい朝のお弁当作りはとっても大変…最近は前日にお弁当を作り置きする人も増えているようです。

しかし前日作り置きする人の中には卵焼きだけは当日作る!という人も少なくないようです。

実は卵焼きも保存方法や注意点を守れば前日に作り置きすることは可能です!

ぜひ参考にして、さらにゆとりある朝を手に入れましょう!

ご飯 味噌汁 栄養
ご飯と味噌汁は栄養満点のゴールデンコンビ!な理由を知ろう

ご飯と味噌汁…日本の朝食として定番のこのコンビ。実は栄養の面から見てもベストマッチな食べ合わせだったのです。

しかし食べ方や具材によってもその栄養面での効果が変わり、組み合わせ次第ではその効果を半減させてしまうことも…

そこでご飯と味噌汁、そして具材の相性についてまとめてみました。ぜひ明日からの朝食に役立ててください。

%e3%81%94%e9%a3%af-%e5%91%b3%e5%99%8c%e6%b1%81-%e9%85%8d%e7%bd%ae
ご飯と味噌汁の正しい配置って?食膳の配置の様々な理由とは?

最近はネットに食事の写真をアップする人も増えています。

そこで話題となっているのがご飯と味噌汁の配置についてです。

アップした写真の配膳位置について様々な意見が飛び交っているようです。

そこで今回は気になる正しい食事の配置について詳しく調べてみました。

ご飯 味噌汁 かける
ご飯に味噌汁をかけるの賛成or反対?みんなの意見徹底比較!

みなさんはご飯に味噌汁をかけて食べたことはありますか?

実はご飯に味噌汁をかけることには賛否両論あり、様々な意見があるようです。

また土地柄や仕事柄でもいろいろと事情があるようです。そこでそんなご飯に味噌汁をかけることに対する様々な意見をまとめてみました。

カロリー 高い 飲み物
カロリーの高い飲み物はダイエット中の盲点?気をつけたい飲み物

ダイエットを意識している方は食べる物のカロリーを気にしている方は多いことでしょう。

しかし意外と問題視されているのはカロリーの高い飲み物です。

意識なく飲んでいる飲み物が実はダイエットの大敵になっていることも…ぜひ参考にして飲み物のカロリーも意識してみましょう!

料理 ブログ おしゃれ
料理の人気ブログを真似ておしゃれな料理に変身させるテク!

最近は芸能人だけでなく、一般の方のお料理ブログが話題になることも多くなりました。

しかしお料理ブログを書いている方はとても多く、人気のブログになるのはかなりハードルが高いようです。

そこで今回は人気ブログになる為のおしゃれ度を上げるポイントをまとめてみました。ぜひ参考にして人気ブログの仲間入りを目指しましょう!

料理 下手 レシピ通り
料理が下手は「レシピ通り」が鉄則!基本がわかればアレンジも!

「ちゃんとレシピ通りに作ったのに…」料理下手な人は失敗した料理を目の前に、よくこの言葉を口にします。

しかしその料理は本当に「レシピ通り」なのでしょうか?

料理下手の中には「レシピ通り」がわかっていない人も…

料理上手になる為にも、ぜひ参考にして「レシピ通り」の料理を作ってみましょう!

玄米 ダイエット ブログ
「寝かせ玄米」ダイエット?芸能人ブログで話題のダイエット!

最近芸能人のブログを中心に寝かせ玄米ダイエットが注目されているのをご存知ですか?

我慢をせずに効果が期待できると、美や健康を意識している多くの芸能人が実践しているようです。

そこでその話題の「寝かせ玄米」ダイエットについて詳しく調べてみました。

納豆 味噌汁 卵
納豆と味噌汁に卵があれば最高の和朝食!?食べ合わせのコツ

日本の朝食の風景として、納豆・味噌汁・ご飯は最適なパターンと言えるでしょう。

そして不足している栄養を補うのに、卵も外せない1品です。しかし納豆と卵には食べ合わせの問題も…

味・栄養ともに満足できる納豆・卵・味噌汁の和朝食についてまとめてみました。ぜひ明日の朝食から始めてみましょう!

料理 ブログ おすすめ
料理ブログを始めるなら今がおすすめ!目指せ人気ブログへの道

最近は様々なジャンルのブログが注目されており、ブロガーという存在も確立されてきています。

その中でも料理ブログは出版やテレビ出演などのチャンスも期待できる分野です。

毎日の料理に、自分なりのアレンジを加えて人気のブログを目指しましょう!

カロリー 高い 太る
カロリーが高いと太る?ダイエット中気をつけたい意外な食べ物

ダイエットを意識している人は、食べる物のカロリーを気にしていることでしょう。

しかし実はカロリーが高いから太るというわけではないようです。

中にはカロリーが高くてもダイエット効果のあるものや、意外にダイエットの大敵だった食品もあるようです。

魚 料理 本
魚の料理の本ってどれを選べばいいの?魚料理おすすめ本5選

最近は日本人の魚離れの問題が取り沙汰されています。

調理や食べる時の手間を考え、敬遠する家庭が増えてきているようです。

しかし魚は健康や美容に効果のある栄養素がたくさん含まれています。

そこで今回は魚料理が好きになるおすすめの料理本をご紹介します。ぜひ参考にして食卓に魚料理を増やしてみましょう!

野菜ジュース 効果 手作り
野菜ジュースを効果的に摂取する為には手作りが一番な理由とは!

美容やダイエットのために野菜ジュース取り入れている方は多いようです。

効果的に野菜ジュースを摂取するのであれば、市販のものよりも手作りが断然効果的なのはご存知ですか?

より高い効果を得る為にも手作りの野菜ジュースに挑戦してみましょう!

料理 ブログ 節約
料理のブログで節約が簡単にできる!人気ブログに学ぶ生活術

最近は様々なジャンルのブログが注目されています。その中でも節約料理は根強い人気で参考にしている方も多いようです。

節約料理の人気ブログではただ安いだけでなく、見た目・味・ボリュームともに学ぶべきものがたくさんあります。

そこで毎日の料理を節約しながら華やかにするポイントを人気ブログから探ってみました!

一人暮らし 食事 ブログ
一人暮らしの食事はブログから学ぶ!手軽に毎日作る為の小技

一人暮らしの食事は手を抜きがち…しかし最近は自らの食生活やレシピをアップするブログが増えており人気になっています。

一人暮らしだからこそ、自由に料理の幅を広げるチャンスです!

ぜひブログからレシピや料理のコツを学び、一人暮らしならではの食生活をスタートさせましょう!

ご飯 味噌汁 納豆
ご飯と味噌汁に納豆をプラスすると…体にいい理由を知ろう!

ご飯と味噌汁にもう1品…そんな食卓に定番となっている納豆。

ご飯と味噌汁に納豆をプラスするだけで、栄養価のアップや嬉しい作用を期待できるようです。

そこで納豆の効果的に食べる方法やポイントについてまとめてみました。

カロリー 高い パン
カロリーが高いって?パンって手軽で結構食べていたという人へ

食事やちょっとした軽食に普段食べることの多いパン。

実は意外とカロリーが高いことをご存知ですか?

少量だからと言って食べていると、ビックリするようなカロリーになってしまうこともあるようです。

そこで今回は気になるパンのカロリーについて詳しく調べてみました。

高校生 部活 食事
高校生必見!部活(運動)と食事は能力向上に重要な関係にある!

毎日部活を頑張る高校生にとって、食事を摂ることも体を作る為に大切なトレーニングです。

ただ食べるだけではなく、疲労回復や体をつくる為に必要な栄養素を効率よくとる必要があります。

食事を充実させ、部活で更なる活躍ができるように意識した食事を心がけましょう!

カロリー 高い 食品
カロリーが高い食品はダイエットの大敵!注意すべき食べ物とは

カロリーが高い食品はダイエットの大敵として、意識的に摂取を控えている方は多いようです。

カロリーが高い食品は美味しいものがたくさんあり、控えることにストレスを感じることも…

しかしカロリーの高いものがすべてダイエットに悪影響というわけではありません。摂取法や栄養素など理解しておきましょう!

納豆・味噌汁・豆腐…大豆がもたらす効果

大豆は豆類の中でもたんぱく質を豊富に含むことから「豆の王」、アミノ酸の組み合わせが動物性タンパク質に似ていることから「畑の肉」とも呼ばれています。栄養面以外でも大豆は味噌・醤油・納豆・豆腐・きな粉など和食を代表する調味料・加工品として広く用いられ、私たちの食生活になくてはならない存在となっています。ユネスコ無形文化遺産に登録され、世界中から注目を浴びる「和食」も大豆なしでは成り立たないと言っても過言ではありません。

世界的に見ると大豆はごく最近まで採油用・飼料用が主体でしたが、肉に匹敵するタンパク質・アミノ酸スコアやコレステロール値低下作用が認められたことから「ミラクルフード」として脚光を浴びるようになりました。和食ブームやダイエットブームの影響から「大豆ミート(ソイミート/ベジミート)」と呼ばれる大豆を使った肉の代用品(肉もどき)も支持されています。
ちなみに大豆が英語でsoyもしくはSoybeanと呼ばれているのはドイツ出身の医師・博物学者のエンゲルベルト・ケンペル氏が『日本誌』の中で「醤油(soyu)」を作る豆であると紹介したことが由来だそう。

洋食化が進む日本では年々消費が低下していく傾向がありましたが、大豆イソフラボンの女性ホルモン作用や、海外セレブが美容やダイエットに大豆を取り入れていることなども報じられ、大豆を意識的に摂取しようとする方が増えています。美容面への様々な効果が期待出来ることから特に女性に人気が高く、大豆バーや豆乳プリンなどスイーツへの応用・商品化も広く行われ、手軽に購入できるのも魅力ですね。

引用元-大豆の効果・効能・美容成分・食べ合わせ⋆SlowBeauty

納豆・味噌汁・豆腐…イソフラボンの含有量

納豆 1パック 65.0mg きな粉 大さじ1 15.6mg
豆腐 1/2丁 55.0mg 味噌 大さじ1 7.2mg

食品や加工食品として日常的に利用されるのは大豆や緑豆です。

具体的には、緑豆は「もやし」で、大豆は大豆食品である「納豆、豆腐、味噌、醤油、豆乳、きなこ、油揚げ、厚揚げ」などで、いずれも豆腐屋やスーパーで容易に入手できます。

和食を食べる機会の多い人は、味噌汁や納豆などの大豆加工食品を食べる機会が多いので、特別に意識しないでも1日に必要な量のイソフラボンを摂取できているようですが、食品安全委員会では「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」の中で、一日摂取目安量の上限値を70~75 mgに定めています。

ちなみに、大豆食品のイソフラボン含有量をいくつか列記すると、納豆1パック(50g) 65.0mg、豆乳(125ml)69.0mg、豆腐1/2丁(110g) 55.0mgです。

引用元-イソフラボンの多い食品って何?それらの摂取量や含有量は?

納豆・味噌汁・豆腐…効果的な摂取量

一日に必要なたんぱく質の量は?

肝臓を守るために一日に必要なたんぱく質の量はおよそ80gとされています。一日に80gと言われてもピンとこないかも知れません。そこで日本の伝統的食材である大豆食材に含まれるたんぱく質の量を挙げてみます。

豆腐(木綿1丁300g)=20g
納豆(1カップ50g) =8g
豆乳(100ml) =3g
味噌(100g)=7g
油揚げ(100g)=18g
おから(100g)=5g
枝豆(100g)=16g

一日に必要とされる80gのタンパク質を例えば豆腐だけで賄おうとすると毎日、1年中365日豆腐4丁を食べ続けないといけない計算になります。この量はよほどの豆腐好きでもムリな量です。大切なことは80gを毎日3食にちりばめて食事から摂ることです。

例えば、味噌汁の具を豆腐と油揚げにする言った具合に。そこでタンパク質を毎日、必要量摂取するちょっとした工夫とコツが必要になります。

引用元-肝臓を守る食事 豆腐、納豆、みそ等大豆食品の賢い取り方 | 健康生活

納豆・味噌汁・豆腐…効果的な食べ合わせ

大豆はイソフラボンの他に、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維を含んだ栄養豊富な食べ物です。
PMSの改善が期待できるほか、他の食品と一緒に食べると、下記のようなさまざまな効果が期待されます。

 +牛乳、小魚などのカルシウムを含む食品 → 骨粗鬆症予防、悪玉コレステロールを下げる +ごま(エストロゲンに似た働きをするゴマリグナン含みます) → 抗酸化作用 +DHA、EPAを含む青魚、ビタミンDを含むカツオやサケ → 中性脂肪や、悪玉コレステロールを下げる +抗酸化作用のあるビタミンA(トマト)、ビタミンC(キウイなどの果物)、ビタミンE(アボカド)など → 美肌効果、血管を強くする +ヨーグルト、キムチなどの発酵食品 → 乳酸菌が善玉菌を増やして、腸内環境を整える +バナナ、ごぼう、玉ねぎなどに含まれるオリゴ糖や、果物、野菜、海藻などに含まれる食物繊維 → 排便を促して便秘を改善する、腸内環境を整える、コレステロールや血糖値の改善 例えば、豆乳とバナナをミキサーにかけてジュースにしたり、冷ややっこにキムチを乗せる、納豆にしらすを混ぜるなど少しの工夫すると、
効率よく効果を期待できます。

引用元-大豆イソフラボンの効果について、 管理栄養士さんにお聞きしました!

納豆・味噌汁・豆腐…取り過ぎも注意が必要!

大豆は、豆類の中でもタンパク質がもっとも多く、
含まれています。また、

食物繊維や鉄分、カルシウム、カリウム、
マグネシウム、ビタミンなどが含まれた、
バランスの良い、栄養食品
です。

脂肪も多く含まれていますが、動物性脂肪のように、
コレステロールが、多く含まれていません。

このように、大豆にはからだに良い成分が豊富で、
「健康食品」としての、イメージがあります。

そのため、大豆を使用したダイエットサポート食品が、
たくさん、売られていますがカロリーが高いのも事実。
食べ過ぎは、確実に太ります。

いくら食べても、太らない気がしていましたが、
それはただの、幻想でした。

更に、太るだけでなく、
食べ過ぎによる、弊害は他にもあります。

大豆の食べ過ぎに気を付けて!
大豆は、牛乳や卵と合わせて、
三大アレルゲンの一つとして、上げられています。

お醤油やお味噌の原料として、日本人の食生活に、
欠かせないのが、大豆です。

その大豆をとりすぎることによって、
アレルギーになるということも、あるそうです。

更に、大豆に含まれるイソフラボンは、
女性ホルモンと、同じ働きをすることから、

ホルモンバランスを、整えてくれる物質として、
人気がありますが、婦人科系の病気を患っている場合、
悪化させるということで、摂取を控えなくてはなりません。


引用元-大豆の食べ過ぎは太る? 食べ過ぎってどのくらい? | 今日何食べる?

twitterの反応

https://twitter.com/yuumi622/status/724916300695359488

 - 食べ物