役に立つlaboratory

役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

スポンサー リンク


虫歯の治療の麻酔について~正しい知識と知っておきたい対処法

      2016/05/01

虫歯の治療の麻酔について~正しい知識と知っておきたい対処法

虫歯治療において麻酔はよく用いられます。
簡単な処置とはいえ、やはり麻酔についてはいくつか知っておくべき知識や注意点があるようです。
そこで虫歯治療の麻酔について詳しく調べてみました。もし治療で使用する際は、どのようなものか理解しておきましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

00950732826b2998a36a572c400bd393_s
糖尿病(血糖値が400前後)を知ろう!血糖値400は危険区域

血糖値が400前後の人って意外とたくさんいるのが現実です。

糖尿病の人はこの数値はどんなに危険な状況かというのを理解していますが、

一般的にはよくわからない、測ってみたら400あった・・という人には意外と自覚がないようです!

糖尿病は恐ろしい病気というのを再確認しましょう。

目 整形 ブログ
目の整形はブログを参考に!施術前にチェックすべきポイント

目の整形の経過がわかるブログ 二重整形☆経過blog ☆メイク☆ 埋没法の中でも ...

育児 イライラ 薬
育児のイライラは薬で改善できるの?心と体に効く薬とは…

毎日の育児にはイライラはつきものです。

しかし過度のイライラや精神的な不安定な状態はママだけでなく子供にとってもよくない状況と言えるでしょう。

育児のイライラを改善するには精神的なサポートや薬での改善も効果的です。ぜひ参考にして楽しい育児へと心を向けてみましょう!

虫歯 治療 麻酔なし
虫歯の治療で麻酔なしって?自分の状況把握で適切な治療を!

虫歯治療では麻酔を用いることが多いですが、場合によっては麻酔なしで行うこともあるようです。

しかし麻酔なしでの虫歯治療は痛みを伴うという意見もよく聞かれます。

麻酔なしで虫歯治療をするのはどういうものなのか調べてみました。歯の健康と適切な治療について理解しておきましょう!

%e8%a1%80%e6%b6%b2%e6%a4%9c%e6%9f%bb-%e7%97%85%e9%99%a2-%e3%81%99%e3%81%90
血液検査の結果は病院ですぐわかる?血液検査のあれこれ!

体の不調で病院を受診すると、多くの場合で血液検査を受けることがあります。

病院によっては結果がすぐに出たり、1週間かかったりと病院によってもまちまちです。

血液検査とは一体どんなものなのか、結果までの期間や結果から判断できることなど気になる血液検査について調べてみました。

%e8%82%a9-%e8%84%b1%e8%87%bc-%e5%85%a8%e6%b2%bb
肩の脱臼~全治するために必要となる治療とやってはいけない事

スポーツや日常の何気ない動作で肩を脱臼してしまうことがあります。

今回、そんな身近な怪我「脱臼」について詳しく調べてみました。

全治する為に必要な治療やケガ、またその後の予防など、ぜひ参考にしてください!

花粉症 マスク 医療費控除
花粉症対策で購入したマスクは医療費控除の対象になるの?

毎年多くの方がツライ症状を患う花粉症。治療費や薬代なども医療費控除の対象になるようです。

しかし毎日のように使用する花粉症予防のマスクは医療費として認められるのでしょうか?

花粉症対策や治療にかかる費用と医療費控除について調べてみました。

親知らず 虫歯 激痛
親知らずが虫歯で激痛!つらい症状の対処法と治療について

虫歯に痛みはつきものです。しかし親知らずの虫歯は他の歯とは比べ物にならないほどの激痛を伴うことがあるようです。

親知らずはケアが難しく、気付いた時には口内の健康までも脅かす存在にもなりえます。

そんな口内の脅威ともいえる「親知らずの虫歯」についてまとめてみました。

親知らず 虫歯 放置
親知らずの虫歯の放置は危険!放置するととんでもないことに…

親知らずはその生え方や奥歯という点からも磨きにくく虫歯になりやすい歯です。

この親知らずの虫歯を放置すると、他の歯の虫歯よりもお口の健康を害する原因になるようです。

そこで親知らずの虫歯放置で考えられる症状や、そうならない為の方法をまとめてみました。

腹痛 ストレス 病院
腹痛の原因はストレス!?病院で治療すべき過敏性腸症候群とは

原因がわからない腹痛に襲われたことはありませんか?

その原因はストレスという可能性もあります。最近ではストレス性の腹痛を患う方も増えています。

症状の改善の為には自己判断に任せず、病院での正しい治療と指導を受けましょう。

1f2dde0da9d6db62c0913f27f508101b_s
親知らずの虫歯治療について~抜歯の必要性と考えられる注意点

親知らずが生えると、他の歯に比べ虫歯になる確率がかなり高いようです。

親知らずの歯は治療せずに放置していると激痛や口腔内の健康までも脅かしてしまうそうです。

そこで気になる親知らずの虫歯治療について調べてみました。悪化する前に早めに歯科を受診しましょう!

ニキビ 皮膚科 薬だけ
ニキビは皮膚科の薬だけで改善する?効果を高めるニキビ治療

ニキビの改善は皮膚科から処方される薬だけでも、かなりの高い効果が期待できます。

しかし治療中の生活習慣やホルモンバランスなども改善を阻害する要因にもなってしまうようです。

そこでニキビ治療に効果がある薬や治療などを詳しく調べてみました。ぜひ参考にしながらニキビの改善を目指しましょう!

毎日 つまらない うつ
毎日つまらない…これってうつ病?と考える前に読んでみて!

毎日つまらないと感じ、何をするにも気力がない…その無気力はうつ病の症状かもしれません。

気分の落ち込みはうつ病の第一歩です。うつ病が重症化する前に気持ちの切り替えをすることも重要です。

そこでうつ病にならない為の気持ちの切り替え法をまとめてみました。自分を見つめ直し、毎日に少しの変化をつけていきましょう!

認知症 病院 入院費
認知症の治療で病院にかかる入院費の負担を軽減するには…

日本は世界的にも超高齢化社会と言われ、親の介護などが家族間でも問題になっています。

親が認知症になった場合、治療や病院の入院費などが家族の負担としてのしかかります。

そこで認知症の入院でかかる費用や、その費用を軽減させる方法などをまとめてみました。

カラコン 眼科 診察料
カラコン購入でかかる眼科の診察料は?定期的な眼科の診察を

今や若い女性のファッションアイテムとして欠かせないカラコン。

ネットやお店でも購入することはできますが、目の健康の為には眼科への受診がおすすめです。

しかし診察料が気になってなかなか行けない…という声も。そこで眼科の診察料について詳しく調べてみました。

%e8%82%a9-%e8%84%b1%e8%87%bc-%e5%85%a5%e3%82%8c%e6%96%b9
肩の脱臼の治療法~正しい肩の入れ方と自己流で行う危険性~

肩の脱臼はよく起こりうる怪我の一つです。

脱臼を一度すると、癖がつくこともあり、繰り返し方が脱臼してしまう方も多いようです。

中には自分で脱臼した方を治す方もいるようですが、実はとても危険な行為です。

脱臼した肩は正しい入れ方で適切な治療を行うように心がけましょう!

ニキビ 皮膚科 オススメ
ニキビ治療は皮膚科がオススメ!最適な病院選びのポイント

ニキビの治療にはドラッグストアやホームセンターなどでたくさんの市販薬が販売されています。

しかしニキビができる原因や効果的な治療は個人差があります。

そこでニキビ治療を効果的に行える皮膚科への受診をオススメします。ぜひ参考にして早期のニキビ改善を目指しましょう!

虫歯の治療で麻酔をするかしないかを選択する際の要素とは?

患者側の希望

もっとも重要視されるのは、治療を受ける側の希望です。一般的には、治療時に痛みを伴いそうであれば、何も言わなくても麻酔が利用されます。念のため、希望するのであれば、治療時に「痛くなりそうなときは早めに麻酔をしてもらえますか?」と確認をすると良いでしょう。

引用元-歯の治療…麻酔をする時・しない時 [虫歯] All About

虫歯の深さ、大きさ

歯を削る際、大きさより深さが、痛みを生じるかどうかを左右します。明確な基準はありませんが、浅ければ麻酔をしなくても治療が可能なケースが多くなります。

深い場合は、歯の内部の神経に近づくため、麻酔が前提で、まれに麻酔をしなくても痛みをあまり感じないで治療できるといった感じになります。

痛みに対する許容度

治療の際誰もが痛みを感じるような大きな虫歯ではなく、麻酔が必要かどうか微妙なケースでは、人によって治療時の反応が大きく異なるため、その人の治療の際の反応や表情なども参考にすることもあります。

妊娠の有無

妊娠中は基本的に麻酔の使用を控える場合が多くなります。しかし強い痛みを生じている場合には、麻酔なしでは治療できない、そのまま放置も出来ない、そんなときに麻酔を使用し治療する方が、メリットがあると判断されれば麻酔での治療が行われることもあります。

引用元-歯の治療…麻酔をする時・しない時 [虫歯] All About

虫歯治療の麻酔は効かないことも…

歯が痛いときに麻酔が効かないなんて、まるで拷問ですよね・・。調べてみると、歯の麻酔が効かないことは決して珍しくないとか!
「自分って麻酔が効かない体質なんだよね」「酒飲みだから麻酔が効かなくって」とかいうこともたまに耳にしますが、実は体質とかお酒を飲むから、などが原因で麻酔が効かない、ってことはないそうです。
ズバリ、次のような場合に麻酔が効きにくくなるそうです。

1.ズキズキ痛い時は効きにくい

痛い時にこそ効いてほしい麻酔ですが、ズキズキ痛い時というのはつまり、炎症が強い時。そして炎症が強い時は、組織が酸性に傾き、そのような状況では麻酔が効きにくいのだそうです。

2.下の奥歯は効きにくい

下の奥歯は最も骨が厚くて緻密な所で、麻酔が浸透しにくいらしいです。

3.がっちり男性は効きにくい

一般的にがっちりした男性は骨もがっちりしているので、麻酔が浸透しにくいのだそうです。

4.骨が硬くなっていると効きにくい

長い間虫歯を放置していたり、根の先に膿が溜まっている状態だと、体の反応でその周囲の骨が硬くなり、麻酔が効きにくなるそうです。

引用元-麻酔をしても歯が痛い!実は歯の麻酔が効かない人がいるんです| BiVa(美歯)

虫歯治療の麻酔の効果がきれる時間

1-2.大人の場合1~3時間程度

歯医者の麻酔は歯だけでなく、歯の周り全体をしびれさせて治療を行います。そのため治療が終わってもしびれている麻酔の感覚が残ります。麻酔は血液などに流され、徐々にしびれはとれてきます。大人の方の場合、治療後1~3時間程度で感覚が戻ってきます。

1-2.親知らずの抜歯の際の麻酔は3~6時間程度

通常の麻酔であれば1~3時間程度で麻酔がきれてきます。しかし、親知らずの抜歯の場合は、親知らずが骨の深くにあり、通常の麻酔では麻酔が効かない時などに、下顎孔伝達麻酔(かがくこうでんたつますい)という麻酔を行います。下顎の半分に麻酔を効かせる方法で、麻酔の効果は6時間程度効いています。

1-3.子供の場合は1~2時間程度

子供の場合、歯茎や骨の厚みが薄いため、麻酔は大人の半分以下の量を使用します。そのため麻酔の効果は1~2時間程度で切れてきます。

1-4.子供の場合、半日くらいしびれが残ることもある

子供が下顎の麻酔をした場合、骨が薄いために大きな神経まで麻酔が効いてしまうことがあります。麻酔は下顎や唇まで感覚が無くなります。半日程度、しびれが残こることがありますが、徐々に感覚は戻ってきます。

引用元-歯医者の麻酔が効いている時間/注意すべき4つのこと

虫歯治療の麻酔が効いている時の注意点

温度差の激しい食べ物を食べる

麻酔が効いている際には、痛みを感じないだけでなく、熱にも感じません。特に、感覚がないため熱いものでやけどをしても気づきません。麻酔が切れたあとになって、やけどの痛みが出てしまいます。

熱い食べ物や飲み物は避けるようにしてください。麻酔が効いている時に火傷をしてしまうことがよくありますので、麻酔が切れた後に食事をするようにしましょう。

引用元-歯医者で麻酔をするときに確認したい5つのこと

歯で口内や舌を噛む

感覚がないため頬の内側や唇を強く咬んでしまうことがあります。
麻酔が切れた後のお食事をおすすめしますが、どうしてもというときは麻酔を打ってない反対側でゆっくり柔らかい物を食べるようにしましょう。

特に気をつけたのが小さい子供で、麻酔が効いているときに誤って唇をかんでしまい、大きく腫れてしまうことがあります。麻酔が効いていると唇を噛んでも痛くないため、何度も噛んでしまいます。麻酔が切れるまでの間、子供が唇を噛まないように見守ってあげてください。

引用元-歯医者で麻酔をするときに確認したい5つのこと

入浴や激しい運動をして血行を良くする

麻酔をしたときに入浴や激しい運動をしないように言われたことはありませんか?麻酔というよりも、麻酔を使用した治療を指すのですが、入浴や激しい運動をして血の巡りが良くなり、血が止まらないことを避けるためです。なので、抜歯をした際には、歯医者に確認をとることをお勧めします。

引用元-歯医者で麻酔をするときに確認したい5つのこと

虫歯治療の麻酔が切れた時の痛みの対処法

鎮痛剤を服用する

治療後に麻酔が切れはじめると、痛みが出ることがあります。
痛みが心配であれば、早めに痛み止めを飲んでください。歯科医院で出された痛み止めや市販の痛み止めを飲むようにしてください。

引用元-不安を解消!歯医者での麻酔をしっかり理解しよう

麻酔の針を刺したところが口内炎

麻酔は針を歯茎に刺します。その際に、歯茎に傷がつきます。口の中にはたくさんの細菌がいます。口の中の細菌が傷口に付着すると、口内炎になることがあります。口内炎は触ると痛いので、市販の口内炎のお薬、ケナログを一日に数回塗ってください。痛みが軽減されます。

引用元-不安を解消!歯医者での麻酔をしっかり理解しよう

麻酔をした場所を押すと痛い

麻酔をする際には、麻酔針を歯茎に、あるいは麻酔が効きにくい場所には骨の中に入れます。そのときに、針が骨を傷つけるため、麻酔の針を刺した場所を押すと、痛みがあります。ズキズキする痛みから痛痒さなど症状は様々です。長くても2週間程度で痛みは引いてきます。
ただし心配な場合には、すぐに主治医に連絡をとり、症状を伝えることをおすすめします。

引用元-不安を解消!歯医者での麻酔をしっかり理解しよう

twitterの反応


https://twitter.com/SnooPyBenJaMin1/status/723715602922131456

 - 病院