役に立つlaboratory

役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

スポンサー リンク


肩の脱臼~全治するために必要となる治療とやってはいけない事

      2016/10/06

肩の脱臼~全治するために必要となる治療とやってはいけない事

スポーツや日常の何気ない動作で肩を脱臼してしまうことがあります。
今回、そんな身近な怪我「脱臼」について詳しく調べてみました。
全治する為に必要な治療やケガ、またその後の予防など、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

a9cbd6dfea327d3a86d1676734635bac_s
胸が小さいのが悩み…貧乳が改善する?魔法のマッサージとは

胸が小さい悩みを抱える貧乳女子は意外に多いようです。

特にこれからの薄着になる時期、そんな悩みを抱える女子たちには厳しい季節になるようです。

マッサージや生活改善をしながら、自分の胸が好きになれる努力をしてみましょう!

花粉症 マスク 医療費控除
花粉症対策で購入したマスクは医療費控除の対象になるの?

毎年多くの方がツライ症状を患う花粉症。治療費や薬代なども医療費控除の対象になるようです。

しかし毎日のように使用する花粉症予防のマスクは医療費として認められるのでしょうか?

花粉症対策や治療にかかる費用と医療費控除について調べてみました。

バイト 先輩 苦手
バイトの先輩が苦手…人間関係がうまくいくとっておきの秘策!

バイト先に苦手な先輩がいると、シフトに入るのも気が重たくなってしまいます。

少しでもバイトしやすい雰囲気を作ることが重要になります。

そこで苦手な先輩との付き合い方のポイントをまとめてみました。ぜひ参考にして、苦手な先輩と上手に付き合っていきましょう!

00950732826b2998a36a572c400bd393_s
糖尿病(血糖値が400前後)を知ろう!血糖値400は危険区域

血糖値が400前後の人って意外とたくさんいるのが現実です。

糖尿病の人はこの数値はどんなに危険な状況かというのを理解していますが、

一般的にはよくわからない、測ってみたら400あった・・という人には意外と自覚がないようです!

糖尿病は恐ろしい病気というのを再確認しましょう。

%e8%a1%80%e6%b6%b2%e6%a4%9c%e6%9f%bb-%e7%97%85%e9%99%a2-%e3%81%99%e3%81%90
血液検査の結果は病院ですぐわかる?血液検査のあれこれ!

体の不調で病院を受診すると、多くの場合で血液検査を受けることがあります。

病院によっては結果がすぐに出たり、1週間かかったりと病院によってもまちまちです。

血液検査とは一体どんなものなのか、結果までの期間や結果から判断できることなど気になる血液検査について調べてみました。

%e6%90%ba%e5%b8%af-%e5%bf%98%e3%82%8c%e3%81%9f-%e9%80%a3%e7%b5%a1
携帯を忘れた・・連絡できなくてパニくるあなたはスマホ依存症かも

今やほとんどの人が持っている携帯電話。便利な機能も充実し、なくてはならない存在になっています。

しかし携帯を忘れた時、友達や家族に連絡できないことに過度な不安を感じてしまうようになったら要注意です。

意外と多くの人がその可能性がある「スマホ依存症」について詳しくリサーチしてみました。

朝 風呂 頭痛
朝風呂が頭痛の原因に!?入浴で命にかかわる危険なサイン…

スッキリとした1日の始まりに朝風呂を好んでいる方は多いようです。

しかし朝の入浴中や入浴後に頭痛に見舞われたことはありませんか?実はこの頭痛、命にかかわる体からのサインということも…

そこで頭痛から考えられる朝風呂に潜む危険性についてまとめてみました。

%e9%bc%bb-%e8%87%ad%e3%81%84-%e3%81%a4%e3%81%be%e3%82%80
鼻の奥が臭い…つまむとにおう原因は蓄膿症のせいかも!?

臭いと鼻をつまむと言いますが、鼻をつまんだ時に臭いニオイを感じたことはありませんか?

その中からくる臭いの原因は蓄膿症の可能性があります。

鼻の奥から発するニオイを改善する為にも、蓄膿症について理解し、自分に合った対処をしてみましょう。

同居 ストレス 子育て
同居のストレス~子育て中のママが感じる義両親への不満とは…

義両親との同居に様々なストレスを感じる女性は多いようです。

中でも子育てによる義母との意見の相違なども大きなストレスの原因になっているようです。

そこで子育て中の同居ストレスの原因や解消法など、楽しい毎日を送る為の方法をまとめてみました。

%e6%97%a6%e9%82%a3-%e9%a3%b2%e3%81%bf%e4%bc%9a-%e5%a4%9a%e3%81%84
旦那の飲み会が多い!イライラ回避する為の夫婦間ルールとは

以前に比べ会社での飲み会が減ったとはいえ、接待や上司・同僚との付き合いなど、飲み会が多い男性は多いようです。

飲み会の多い旦那となかなかコミュニケーションがとれず、お家でイライラしている女性も少なくありません。

そこで飲み会の多い旦那と上手に付き合う為のポイントをまとめてみました。

虫歯 治療 痛くない
虫歯の治療はもう痛くない!最新技術で虫歯治療は怖くない!

歯の健康は意識するのが難しく、痛くないからと言って歯科への受診をしていない方も多いようです。

でも実際には痛みがない虫歯もあり、着実に歯の健康をむしばんでいるのです。

そして現在では、治療においても痛くない施術が注目されています。ぜひ一度、歯の健康を確認しに歯科を受診してみましょう!

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
糖尿病は血糖値が300超えたら確定!?つらい生活になる前に

血糖値が高いと糖尿病の発症の危険性が増すと言われています。

血糖値が300を超えると、ほぼ糖尿病に間違いないとされているようです。

そこで血糖値が高くなることによる体からのサインや糖尿病治療についてまとめてみました。

308899753e2ec8b61888b88a8575b946_s
毎日つまらない…高校生活を楽しく過ごすには考え方を変える?

授業や日々の生活に満足できず、毎日つまらないと感じている高校生は多くいるようです。

なぜ青春時代の一番大切な時期でもある、高校生活をつまらないと感じるのでしょうか?

日々の生活を楽しくより良いものにする為にも、つまらないと感じる原因を見つけ、改善していきましょう!

結婚 後悔 離婚できない
結婚したことを後悔…離婚できない原因と自分の中の葛藤とは?

夫婦関係に亀裂が入り、結婚したことを後悔しているのに離婚できない人は意外と多いようです。

離婚できない原因は様々ありますが、この先の自分の人生を考えた時に、本当にこのままでいいのでしょうか?

離婚できない原因と離婚後の人生についてどうすべきか考えてみましょう。

0dbb73357f47b70a93ed170320528205_s
糖尿病は血糖値が200で危険信号!甘くみてたらあなたも・・

糖尿病は血糖値が200を超えるとかなりの確率で発症します。

毎日の食生活が知らず知らずのうちに血糖値を上げる要因になっていることもあります。

糖尿病にならない為にどうするべきか、また糖尿病になったら…早期のケアで重症化を防ぎましょう。

腹筋 筋肉痛 くしゃみ
腹筋の筋肉痛でくしゃみするだけでも痛い…原因とその対処法!

腹筋が筋肉痛の時、くしゃみをするだけで激痛が走る…そんな経験をしたことはありませんか?

ひどい人はくしゃみが原因で腹筋の筋肉痛が悪化してしまうこともあるようです。

そこでくしゃみと筋肉痛の関係について調べてみました。ぜひ参考にして辛い症状を乗り越えましょう!

両親 不仲 ストレス
両親の不仲がストレスの原因に…子供が発するSOSのサイン!

両親の不仲は大人が思っている以上に子供にストレスを与えているようです。

頭・心・体と全身でストレスを受け止める子供にとって、両親の不仲は将来へも影響を与えてしまうほどの問題です。

子供の健やかな成長の為に、親としてどうしていくべきか今一度考えてみましょう。

虫歯 治療 麻酔
虫歯の治療の麻酔について~正しい知識と知っておきたい対処法

虫歯治療において麻酔はよく用いられます。

簡単な処置とはいえ、やはり麻酔についてはいくつか知っておくべき知識や注意点があるようです。

そこで虫歯治療の麻酔について詳しく調べてみました。もし治療で使用する際は、どのようなものか理解しておきましょう。

親知らず 虫歯 放置
親知らずの虫歯の放置は危険!放置するととんでもないことに…

親知らずはその生え方や奥歯という点からも磨きにくく虫歯になりやすい歯です。

この親知らずの虫歯を放置すると、他の歯の虫歯よりもお口の健康を害する原因になるようです。

そこで親知らずの虫歯放置で考えられる症状や、そうならない為の方法をまとめてみました。

虫歯 治療 麻酔なし
虫歯の治療で麻酔なしって?自分の状況把握で適切な治療を!

虫歯治療では麻酔を用いることが多いですが、場合によっては麻酔なしで行うこともあるようです。

しかし麻酔なしでの虫歯治療は痛みを伴うという意見もよく聞かれます。

麻酔なしで虫歯治療をするのはどういうものなのか調べてみました。歯の健康と適切な治療について理解しておきましょう!

肩の脱臼ってどんな症状?

脱臼とは?

脱臼と聞けば、関節が外れただけなので、引っ張れば治るだろう、という誤解をもった人がまだ多くいるようです。

脱臼は一時的な状態を指すものではなく、たいへん重大な怪我なのです。

関節を構成する重なり合った2つの骨の先端は、一方は受け皿のように窪んでいて、もう一方はボールようのに丸くなっていて普段はしっかりと組み合わさっていますが、脱臼になるとその二つが外れてしまいます。

ただ単に外れだけでなく、それに伴って、2つの骨の周りにある関節包や靭帯などの筋が伸びたり、最悪の場合切れてしまうこともあるため、大きな痛みが生じることもあります。

もし脱臼してしまった場合は、8時間以内に治療が必要となるため、決して医師以外の人が安易にその場で対応することはないようにし、まずは患部を固定して動かないようにした後に、整形外科などに行って専門の医師に診てもらうようにしましょう。

引用元-脱臼とは:リハビリの手引き

肩の脱臼が全治するまでのケア

脱臼をした場合、病院にて検査や整復を行います。完全脱臼の場合、2週間~4週間ほど固定する必要があるため、関節を全く動かせません。亜脱臼の場合は、痛みが引けばすぐ動かせる場合もあります。

その後、関節内組織の損傷した部分の回復の度合いを見て、整骨院などでリハビリが開始されます。損傷したことにより、筋肉などがこわばっていたり、柔軟性を失われているため、関節付近の筋肉をほぐしていきます。次に、受傷した関節に負担がかからない程度の軽めの筋力トレーニングを開始します。脱臼は、関節内の組織を大きく損傷してしまうため、一度受傷してしまうと関節が非常に不安定になり再受傷してしまう確率があります。それを防ぐためにも、筋力トレーニングは不可欠となります。特に肩関節や股関節では、インナーマッスル(腱板)と言われている奥にある筋肉をしっかりと鍛える必要があります。インナーマッスルは、骨と骨を繋ぐ役割も担っている大切な筋肉ですので、関節包や靭帯などを大きく損傷してしまった場合でも、しっかり鍛えれば十分にフォローしてくれる筋肉であります。また、インナーマッスル以外の関節周辺の筋肉も鍛えることで、関節の負担が軽減されたり、スムーズに動かすための必要要素になります。これらのことは、専門知識のある人が経過を見ながら慎重に施行し、また、正しい方法で行うことが非常に大切ですので、自分一人で行わず、必ず整骨院などの治療院に通うことをオススメします。

引用元-脱臼の原因と治療法|EPARKからだリフレ

肩の脱臼が全治するまでの治療法

脱臼をもどす(整復という)方法は多種ありますが、さまざまな危険があるため現在一気に整復する方法は行われず、ゆっくり時間をかけて整復します。
 ベッドの上に腹ばいになった患者さんの手首に重りを付けて引っ張る方法や、床の上にあお向けになった患者さんの腕を引っ張りながら徐々に上に挙げていく方法が代表的です。下方脱臼だけは整復方法が異なり、腕を最大に挙げた位置で上に引っ張ります。
 しかし、一部の患者さんはこれらの方法では整復できず、全身麻酔や手術が必要になることもあります。整復後は再びX線撮影し、伴っている骨折部分が大きくずれたままであれば手術を行います。
 その他の場合は、腕を三角巾などで3週間以上固定しますが、固定する腕の位置は脱臼の方向によって異なります。
 その後、徐々に肩の動きを回復させますが、脱臼を起こさせる方向の運動は6〜8週間禁止されます。脱臼に伴い損なわれた関節包などが十分に修復されない場合は、容易に脱臼を繰り返す状態(反復性肩関節脱臼と呼ぶ)になり、手術以外に対処法がなくなります。
 脱臼してから2〜3週間までは前述の方法で治療できますが、それ以上時間がたつと整復には手術が必要になります。脱臼してから整復までの時間が長くなればなるほど、治療の結果も悪くなります。
 また、後方脱臼は医療機関を訪れても最初は約60%が見逃されます。したがって、最初に訪れた医療機関で肩の痛みの原因に対する十分な説明がされず痛みが持続する場合は、セカンド・オピニオンを求めることをすすめます。

引用元-肩関節脱臼とはどんな病気か|症状や原因・治療 - gooヘルスケア

肩の脱臼は全治しても繰り返しやすい!

肩関節を脱臼してしまうと、靭帯が伸びてしまったり、肩周りの筋肉が弱ってしまうので、何らかの衝撃を受けるたびに肩の脱臼を繰り返すことが多いようです。そのため、ちょっとした衝撃でも肩を脱臼してしまい、癖になることがあると言われています。

特に、最初の肩関節脱臼をした時の年齢が若ければ若いほど、反復性脱臼になりやすいと言われており、10代に初回脱臼した場合、80~90%が再発するのに対し、40代以降では再発はほとんど無いようです。

引用元-肩の脱臼はクセになる!?痛みとは素早くおさらば!7つの治療法とサポーターの効果的な使い方について詳しく解説!|WELQ [ウェルク]

反復性脱臼になってしまった場合、肩関節の骨や靭帯を元に戻す必要があるため、完治を望む場合手術が必要だと言われています。肩を手術する場合、直視下手術(メスで大きく切開して行う手術)を行ってしまうと、完治までに時間がかかることに加えて、神経が入り組んでいる部分を大きく切り開くことにリスクがあると言われています。

そのため、反復性脱臼を手術する場合、肩関節鏡手術を行うことが多いようです。肩関節鏡手術の場合、切開部分が小さく済み、内視鏡で拡大しながら手術するので、より繊細な手術が可能だと言われています。

引用元-肩の脱臼はクセになる!?痛みとは素早くおさらば!7つの治療法とサポーターの効果的な使い方について詳しく解説!|WELQ [ウェルク]

肩の脱臼が全治した後にできる予防法

<手術をする>

脱臼を整復すれば、ひとまず生活を送ることは出来ます。しかし前述したように肩関節は脱臼しやすい部分です。何度も脱臼をする場合は、はがれてしまった腱などをつなぎなおす手術をして根本的な治療をします。手術をしてもすぐに動かせるわけではなく、数週間固定をして肩の安静をはかります。また手術後も腕を後ろにつくような動作はしないように注意します。

<肩関節のリハビリをする>

いくつか自分でもできるリハビリの方法についてご紹介します。医師の指示に従って、無理のない範囲で行うようにしてください。

■ペットボトルを利用する

水を入れたペットボトルを持ち、肩の高さまで持ち上げる・おろすを繰り返します。腕の筋肉をつけ、肩関節を支える力を強くする効果があります。反動をつけて行うと再度、受傷してしまう可能性があるため注意が必要です。ペットボトルの重さは、少し重いな、と思うくらいがちょうどよいでしょう。

■ゴムバンドを利用する

リハビリ用のゴムバンドを利用してリハビリをします。脇の下は離さないよう肘を90度に保ち、ゴムを伸ばしたり縮めたりします。肩周囲の筋肉を鍛える効果があり、脱臼しにくくします。

引用元-覚えておきたい!肩関節脱臼の応急処置と再発を予防する方法とは | いしゃまち

twitterの反応


https://twitter.com/g65613892/status/646951076688629760

 - ストレス・病気, 病院