役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

子供の名前の決め方~親から子供に贈る初めてのプレゼント

      2016/09/05

子供の名前の決め方~親から子供に贈る初めてのプレゼント

子供の名前は、その子のイメージや一生を決める重要なものです。

たくさんある名付けの方法も、どれを参考にしていいのか迷ってしまう方も多いようです。

そこで今回は子供の名前の決め方をいくつか紹介します。ぜひ参考にして子供のために素敵な名前を考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

子供の名前の決め方①姓名判断

姓名判断とは、姓名で使う文字の画数により運勢を占う方法の一つです。姓名判断と言っても基本的な考え方は同じですが、流派などにより違いがあるようです。何気なく使っている姓名判断についてまとめてみました。

名前の画数から運勢を占う

姓名判断は、姓名の画数を用いますが画数から姓名判断を行うのは日本ならではの占い方と言われているそうです。中国では、画数ではなく使用している字の持つ意味から姓名判断を行うのが一般的です。

流派によって結果が異なる

姓名判断で重要になってくる画数の数え方は流派により違うので、結果も流派により違いがあります。日本では色々な流派があるようです。
流派があることにより、仮に最悪の姓名判断の結果が出たとしても、違う流派ではとても良い結果がでるケースもあります。また、その逆も考えられます。全ての流派で良い結果の名前を!と考えてしまいますが難しいようです。

赤ちゃんの名付けに使われることが多い

赤ちゃんの名付けの方法は姓名判断だけではありませんが、できることなら良い画数&良い字画の名前にしようと赤ちゃんの名前を考え中のパパやママが姓名判断を使用することが多いです。

基本の考え方

姓名判断の基本的な考え方は、姓名の字画数から、5つある格数を出し「性格」や「人生の趨勢」「結婚運」などを占います。
姓名の字画数の他にも、生年月日を使用したりして行う流派もあるようです。

引用元-姓名判断とは?赤ちゃんの名付けに便利な姓名判断サイト5選 | mamanoko(ままのこ)

子供の名前の決め方②好きな響きから考える

声に出して呼ばれることの多い名前です。

周囲にどのような印象を与えるか、友達から呼ばれやすい発音かなどは、

音の響きに関係があります。

周囲に与える印象

濁音の入った男の子名前は、強くて逞しいイメージの名前になります。

例えば、「だいな」「げんご」「じょう」など、軽いというより、

重々しい雰囲気の印象を与えるでしょう。

また、軽い印象を与えたい場合は「しんや」「しょう」「せいや」、

などのサ行を含んだ名前がおすすめです。

このように、声に出して発音してみて、

どのような印象を与えるかを考えるのも方法のひとつです。

発音しやすい名前

子どもが発音しやすい名前であれば、

小さなうちから自分の名前をきちんと言えるようになりますし、

友達からも名前を呼ばれやすくなります。

言葉が未発達の子どもにとって、カ行、サ行、ハ行、そして濁音を含む音や、

長い名前は呼びにくいものです。

特に長い名前は、「くん」を付けて呼ぶのが面倒になりがちです。

「りゅういちろう」「しょうじろう」などは、

短縮した“あだ名”(りゅうくん、しょうくん)で呼ばれやすくなることを心得ておきましょう。

引用元-皆どうやって決めてる?男の子の名前を決めるコツ7つ | ママズアップ

子供の名前の決め方③願いを込める

こうなってほしい、という願いをこめて

 実はこれが一番多いようで、子供の未来に願いをこめてつけるという親が一番多いようです。

見た目も心も美しく、とか綺麗になってほしいという願いをこめて、『美』という字を使ったり、優しい人にという意味をこめて『優子』や、健康にたくましくという意味で『健太』などといったように、
まずは使用したい漢字の意味を調べてつけるようなことが基本的には多いようです。

親や親戚、祖父母などの漢字をとってつける

 これも多い決め方です。両親の漢字を一文字ずつとって、という方法や、祖父母や親戚、有名な著名人の名前の漢字を使うということもあるそうです。

親の名前は兄弟や姉妹が生まれるとどちらかの漢字を残してつけていく親も多いです。
上の子から順番に『健』という字を使って『健太』『健斗』『健二』などなど、同様の漢字を使うことも少なくありません。

引用元-子供の名前の付け方はどう決める?近年目立つキラキラネームは? | よぴとれ

子供の名前の決め方④名前ランキングを参考にする

名前ランキングを参考にする

「どんな名前がいいか思いつかない」とお悩みなら、赤ちゃんの名付けランキングを参考にするのもオススメ。どんな名前が多いのか分かり、今の名付けのトレンドをつかむことができます。みんなが付けている名前ランキングを見ているうちに良い名前が思い浮かぶかもしれませんね。

引用元-子供の名前の決め方は?先輩ママが重視したポイントまとめ – マーミー

毎年、子供の名前の人気ランキングが出るので、このランキングから決める方法もあります。

名前にも流行りというのがあるので、人気の名前や漢字を参考にして、同じ名前を付けてもいいですし、1文字だけ同じ漢字を使って付けるのも良いです。

引用元-子供の名前はどう決める?参考になりそうな名付け方法教えます – とかいな

「男の子」

1位:大翔・・・ひろと、はると

2位:悠真・・・ゆうま、はるま

3位:悠人・・・ゆうと、はると

「女の子」

1位:葵・・・あおい

2位:楓・・・かえで

3位:結衣・・・ゆい

ランキングを見ると心なしか“今っぽい”感じがして、参考にもなりますね。

多くの両親が「子供に付けている名前」の知識として知っておくといいと思います。

引用元-気になる!【子供の名前ランキング】つけ方や男女のトレンドは?

子供の名前を決める時のポイント

人名に使える文字がどうか?

人名に使える漢字や仮名は戸籍法で定められています。「せっかく決めたのに漢字が使えなかった!」ということにならないようにチェックしておきましょうね!

きちんと読んでもらえるか?

戸籍法で使える文字には制限がありますが、読み方については制限がありません。「愛」を「らぶ」と読ませても大丈夫です。ですが、振り仮名がないと読めないものは、子供が将来困らないかどうかを考えてから付けてあげてくださいね。

姓とのバランスはとれているか?

ついつい下の名だけを考えてしまいがちですが、苗字と名前の両方を合わせてはじめて完成と言えます。良い名だと思っていても、苗字と合わせてみると「なんだか違う・・・」となってしまうこともあると思います。

姓名の切れ目が分かりにくかったり、同音がかぶってしまったりなど、下の名だけでは分からなかった要素に気付くことがあります。フルネームを紙に書いたり、声に出したりしてバランスがおかしくなっていないかを最終的に確認するようにしましょうね。

名前が長すぎたり、画数が多すぎたりしないか?

あまりにも長い名や多すぎる画数だと、自己紹介する時に面倒だったり、テストや書類などで氏名を書く時に時間がかかりすぎたりしてしまい困ることもあります。

引用元-子供の名前の決め方!素敵な名付けのために考えたいポイント9つ! | イクトピ

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ