役に立つlaboratory

役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

スポンサー リンク


家のローンっていくら自分は借りられる?家を買おうと思ったら

   

家のローンっていくら自分は借りられる?家を買おうと思ったら

家の購入は人生の中で最も大きな買い物となる方も多いことでしょう。
では実際に住宅ローンはいくらくらいを目安にするべきなのでしょうか?
収入や状況などに合わせて、いくら借入するべきか無理のない返済について考えてみましょう!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

児童手当 金額 合計
児童手当すべて貯金した合計金額って?世間の親の使い方とは

子育て世帯には何かと助かる「児童手当」。家庭それぞれに使い道は様々です。

しかし児童手当をすべて貯蓄したとしても、合計金額では高校・大学など進学にかかる教育費が賄えないようです。

そこで今回は児童手当と教育資金の貯蓄について詳しく調べてみました。

子供 通帳 作り方
子供名義の通帳の作り方~銀行口座は子供の教育に最適なツール

子供名義の通帳を作ったことはありますか?

近年、子供の為の貯金目的に子供名義の口座を開設する方が増えているようです。

そこで子供名義の通帳の作り方や作る時のポイントなどをまとめてみました。

子供の為に親としてできることはなにか、ぜひ参考にしてください。

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s
家のローンは年収250万で組める?ローンのルールを知ろう!

家のローンを組む時に審査の基準として年収200万~300万の間がボーダーラインになっているようです。

収入に見合わない無理な借り入れは、その後の返済にも影響を及ぼし、結果的に家を手放さなくてはいけなくなることもあるようです。

そこで実際に年収250万でローンを組むとどうなるか、注意点やポイントをまとめてみました。

主婦 パート 扶養外
主婦がパート収入で扶養外になるには…家族で考える働き方

主婦がパートを始めるにあたり、夫の扶養で働くかが一つの目安になります。

しかしこれから先の制度改正などにより、その働き方にも大きな影響を与えることになります。

そこで主婦が扶養外で働くとどうなるのか、詳しく調べてみました。ぜひ参考にして、個々の家庭に合った働き方を考えてみましょう!

家 購入 本審査
家を購入の時の本審査って?ローンの事前審査との違いって何?

家を購入する際の借入には様々な審査が必要になります。中でも事前審査・本審査が大きなポイントになります。

借入の本審査が通れば、家購入までの道のりがグッと近付きます。

そこでこの重要な本審査に受かる為のポイントや注意点などをまとめてみました。ぜひ参考にして夢のマイホームを手に入れましょう!

主婦 パート 税金対策
主婦のパートの税金対策~知らないと損をしている可能性も・・

主婦がパートをする上で、しっかり考えておきたいのが税金対策です。

収入によっては税金や社会保障において損をしてしまう可能性も…

そこでパート収入と税金・控除についてまとめてみました。ぜひ参考にして、どのような働き方を選択するかを考えてみましょう。

土地 購入 地下
土地を購入する前に地下のことを知ろう!知らないで買うと・・

マイホーム購入を考えた時に、土地選びから始める方も多いことでしょう。

しかし場所や価格が希望にピッタリの土地を見つけても、即決することは危険です。

見た目ではわからない地下の問題が隠れていることも…購入後に後悔しないように土地購入と地下の問題点についてまとめてみました。

マンション 購入 年齢制限
マンション購入に年齢制限!?気になる住宅ローン審査について

マンションを購入する際のローン審査に年齢制限があることをご存知ですか?

終の棲家を…と退職後にマンションの購入を考えていても、支払いの安定性に問題が出るとローンが通らないことも。

そこでマンション購入と年齢制限について、審査基準や対策などを調べてみました。

貯金 貯蓄 方法
貯金(貯蓄)の方法って?年齢に合った貯金の目安を知ろう!

日々生活している中で、なかなか貯金まで手が回らないという方も多いようです。

しかし、マイホームや教育、そして老後と今後お金が必要となる事も多く、貯金は重要です。

そこでいくつかの貯蓄方法をまとめてみました。自分のライフプランにあった方法で賢く手堅い貯蓄を始めましょう!

%e6%97%a6%e9%82%a3-%e5%96%a7%e5%98%a9-%e3%81%8a%e9%87%91
旦那との喧嘩の原因はお金?男女間の金銭感覚の違いとは?

旦那との喧嘩の原因によく挙げられるのがお金の問題です。

これからの将来を考えるからこそ生まれるお金にまつわる喧嘩は、多くの夫婦に付き物です。

金銭感覚の違いが大きく影響する夫婦の問題。しっかり話し合い2人で納得いく解決策を見つけましょう!

車 ローン 一括
車の購入はローン?一括?どっちが得?損をしない購入方法は…

車を購入する際の支払い方法として一般的なのが、ローンか一括かの2択になります。

ローン・一括それぞれにメリット・デメリットがあり、購入状況や購入者によっても支払い方法は変わってくるようです。

では一体車を購入するにはローンか一括かどちらがお得なのか、車購入と返済についてまとめてみました。

5f872296e40ffc86cfcf0c459cda7f98_s
お金を貯めるコツを伝授!自分に合う貯蓄方法が分からない?

毎月の生活に追われ、なかなか貯金まで手が回らない方も多いことでしょう。

しかしお金を貯めるコツさえつかめば、毎月確実に貯金を増やすていくことができます。

そこで様々なお金を貯めるコツを調べてみました。ぜひ自分に合った方法を見つけ、計画的に貯蓄を増やしていきましょう。

車 ローン 何年
車のローンは何年で組むべき?支払いと分割回数のバランスとは

車を購入する際はローンを組むのが一般的です。

ローンを考える際に一番の悩みどころが、何年で支払いを終えるかというところです。

利息や返済可能額など、しっかりと計画を立て、無理のないローン返済ができるようにしていきましょう!

転職 時期 税金
転職の時期で税金の支払いが変わる!?知っておくべき税の仕組み

仕事上の区切りや賞与などの関係で転職時期のタイミングを計ることがあります。

しかし退職時期で税金の支払いや手続きが変わることはあまり知られていないようです。

知らずに退職し、税金の支払いに追われる…ということも!そうならない為に転職時期と税の関係についてまとめてみました。

%e8%b2%af%e9%87%91-%e9%8a%80%e8%a1%8c-%e5%88%86%e6%95%a3
貯金するなら銀行は分散した方がいい!試してみたいこんな方法

銀行で貯金しているけど、なかなか貯まらない…そんなお悩みを抱えている方はいませんか?

そこでオススメなのが「貯金の分散」という方法です。

貯蓄を増やす為にはどうするべきか、銀行口座や投資の分散についてまとめてみました。

住宅ローン 保証人 いない
住宅ローンの申請で保証人がいない・・保証人紹介の会社って?

住宅ローンを申請する時には保証人が必要になります。

しかし35年の支払いになかなか保証人の引き受け手がいないという方も多いようです。

保証人がいなければ住宅ローンを組むことはできないのか、対処法などを詳しく調べてみました。

住宅ローン 保証人 不要条件
住宅ローンの保証人の不要条件とは…ローン申請時のポイント

住宅ローンを申請する時に保証人が必要になる場合とそうでない場合があります。

できれば家族や友達には頼みたくない保証人。そこで保証人の不要条件について調べてみました。

ぜひ参考にして、自分に合った借り入れについて考えてみましょう!

金利 高い 国
金利が高い国って魅力的?金利が高い国それぞれの事情とは…

日本はゼロ金利政策により、銀行に預金しても全くメリットがない時代です。

しかし世界にはビックリするほど金利の高い国がたくさんあるようです。

どうしてこのような違いが起こるのか、また金利が高い国で預金をすればプラスになるのか、気になる金利事情について調べてみました。

日本 今後 インフレ
日本の今後って?インフレ?貯金だけじゃ・・自分の資産を守るには

日本の経済政策により、長かったデフレの時代が終わり、インフレへと突入すると言われています。

しかし今後のインフレで私たちの生活はどう変わり、影響を受けていくのでしょうか?

不安要素も多いインフレに注意しておきたいポイントや自分でできる対策をまとめてみました。

%e9%87%91-%e6%8c%87%e8%bc%aa-%e9%87%8d%e3%81%95
金の指輪を売る時は…重さをチェックしてから!損しない為の知識

最近は金の価格が高騰し、高価買取を謳うCMやお店も増えています。

しかし金の売買の知識がなければ、気付かないうちに損をしてしまうこともあるようです。

そこでお家に眠っている指輪や貴金属を買い取ってもらう時に、知っておくべき重さやデザインに関する知識をまとめてみました。

自分が家のローンをいくら借りられるかを知ろう!

自分の収入に見合ったマイホームの値段を決める時に最も犬切なのは「自分がいくら借りられるか?」です。
借りられる額がわかれば、それに自分が用意できる自己資金を加えることで、おおよその購入できる金額がわかります。
それでは、ここで住宅ローンの仕組みを考えて見ましょう。
住宅ローンを借りたら返済は20年、30年と続いていきます。
永い間、返済し続けることはある程度余裕を持って組み立てなければなりません。
この月々の返済額は、借入額、ローンの金利、返済期間の3つの要素で決まってきます。
借入額が少なく、ローン金利が低く、返済期聞か長い程、月々の返済額は少なくなります。
たとえば、1,000万円を金利3%、期間↓O年で返済する場合、月々の返済額は96,560円になります。
期回が20年で55,459円に、30年では42,160円になります。
期聞か長くなればなる程、月々の返済額が少なくなるのがわかると思います。
しかしながら、月々の返済額は減っていくのですが、返済総額は10年の場合約1,159万円ですが、20年で約1,331万円、30年では約1,518万円と返済期間が長いほど返済総額は増えていきます。
したがって、返済期間については自分の定年年齢などを考慮に入れながら同時に月々の返済額は無理のない範囲という前提で決めていく様にしましょう。

引用元-自分の収入に見合ったマイホームの値段はいくらが適正なのでしょうか? | 住宅ローン審査基準ナビ~借りられる住宅ローン大研究![通らない理由は?]

年収別で見る!家のローンはいくら借りれるの?

「ローン年数35年」、「返済率25%」を条件として、年収ごとに住宅ローンでどれくらい融資を受けられるか計算してみました。

■年収600万円の場合

年間返済総額150万円、融資額の目安は5,250万円

■年収500万円の場合

年間返済総額125万円、融資額の目安は4,375万円

■年収400万円の場合

年間返済総額100万円、融資額の目安は3,500万円

■年収300万円の場合

年間返済総額75万円、融資額の目安は2,625万円

■年収200万円の場合

年間返済総額50万円、融資額の目安は1,750万円

※世帯年収で計算しています。夫婦合算の年収です。

上記の計算例は、「ローン年数35年」、「返済率25%」を条件にしています。返済率を上げれば、(家計の負担は大きくなりますが)より多額の融資を受けることも可能です。

フラット35の調査データで見た場合

次に、フラット35の調査データを元に、利用者の状況をまとめます。フラット35は返済負担率がとても高いです。つまり、年収が低くてもたくさん借りられるメリットがあります。

フラット35が示している返済負担率は以下のとおり。

年収400万円未満:30%以下
年収400万円以上:35%以下

金融機関からの民間住宅ローンよりも10%も返済負担率が高いです。では、実際に2013年のフラット35の利用者データを見てみます。

返済負担率25%~30%の人が24.2%、30%以上の人が7.2%となっています。

引用元-年収や借入額の目安は?あなたが住宅ローンを借りるべき割合とは | ネット銀行100の活用術

家のローンは「借りられる額」ではなく「無理なく返せる額」がいくらなのかが重要!

金融機関の返済負担率基準の上限まで住宅ローンを借りると、家計への負担がかなり大きくなります。年収500万円の方の返済負担率の上限35%から年間返済額の限度額を計算すると175万円でした。この年収500万円は額面(総支給額)であり、実際の手取額(可処分所得)は、税金や社会保険料を差し引いた400万円程度です。この中から175万円をローン返済に充てると、残りの225万円(月額約19万円)で生活しなければなりません。
住宅ローンの返済は、20年以上、30年以上など長期間に及びます。この間に子供が生まれ、教育費の支出をし、夫婦の老後の準備をする必要があれば、ローン返済が重荷になるはずです。しかし、いったん借りてしまったお金は返さざるを得ません。一般的に「やりくりが大変にならないようにするには、返済負担率を25%以下に抑えた方がいい」とアドバイスされますが、実際にはもっと低くしたほういいでしょう。年収にもよりますが、「20%以下」を目指したいものです。
個々の家計で将来のライフプランの実現に支障を来さないようにするには、現在の家賃や駐車場代などを参考にして、「無理なく毎月返せる額」を夫婦で話し合って決めることがポイントです。決めた「返済額」を夫婦の目標に設定し、必要に応じて支出に優先順位をつけて家計を切り詰めたり、お互いが世帯の収入を増やす努力をしながら返済を行うのです。

引用元-住宅ローン、私の年収ではいくらまで借りることができるの?|住宅ローンのほんとのところ|ARUHI

今の家賃はいくらの住宅ローンを借りているのと同じなのか?

もし毎月、住宅のため積み立てをしていたら、それも家賃に加算してください。

10年固定2.5%で借りた場合(35年ローン)

家賃6万円→60,060円/月…1,680万円の住宅ローンと同じ支払い
家賃7万円→70,070円/月…1,960万円の住宅ローンと同じ支払い

また、今の7万円の家賃は、土地、建物やその他の費用を含めた総額1,960万円のマイホームを手に入れているのと同じ支払い、同じ価値があるのです。
このことをしっかりと認識して下さい。
仮に今、あなたがいつかはアパートを脱出して、一戸建ての住宅を持ちたい!年金不安に備えて家賃のいらない一戸建ての住宅を持った方が得だ?と考えたなら、大家さんの為の家賃を自分のための住宅ローンの一部に変えるという発想をしてみませんか!
そして、不足分が新たな住宅ローンという発想をすればいいのです。
そうすれば、夢のマイホームが身近な存在になると思います。

引用元-87%の人が住宅ローンで失敗しているのをご存知ですか?

家のローンで頭金はいくらくらい用意するべき?

頭金として使えるお金を把握しよう

「貯金を全額頭金に」はNG! 諸費用や生活予備費を考えて

頭金は少しでも多いほうが、住宅ローン返済がラクになる。しかし、だからと言って、今ある貯金をすべて頭金にしてしまうのはNG。病気による休職など、いざというときに必要な「生活予備費」と、車の買い替えなど近い将来必要な「将来への貯蓄」を手元に残しておきたい。つまり、貯蓄から購入諸費用、生活予備費、将来への貯蓄などを引いた金額が、頭金として使えることになる。

引用元-収入や貯金額からわが家の「買える金額」を計算してみよう | マイホーム・物件の価格から「買える金額」を見極める | マイホーム購入マニュアル | SUUMO

家計にジャストサイズな頭金の考え方

頭金を増やせば借入額が減り、利息が少なくなります。住宅ローン関連費用の中には借入額に連動するものもあり、借入額が少ないとそれだけ諸費用も減ります。

頭金の金額を考えるには、まず「預貯金等」の棚卸しが必要です。(1)手元にいくらあるか把握する、(2)教育費などの目的資金を分別する、(3)生活費の3か月~6か月程度の緊急予備資金を確保する、(4)目的なくおいてあるお金を試算する、(5)頭金に充てられる金額を絞る、という順で考えていきます。

つまり、頭金は「いくら出すか」ではなく、「手元にいくら残すか」と考えていくのです。

引用元-家計にやさしい住宅ローンプランニング 頭金・借入額はいくら?|お金のこと|TRY家コラム(トライエコラム)|大和ハウス

twitterの反応

 - お金