役に立つlaboratory

役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

スポンサー リンク


子供の呼び方は?お前と呼んでいる人は子供の将来に影響も!

   

子供の呼び方は?お前と呼んでいる人は子供の将来に影響も!

あなたは自分の子供に対してどんな呼び方をしていますか?
人によっては子供の事を「お前」と呼んでいる方もいるようですが、実は子供にとって悪影響を与えている可能性があります。
子供の個性や健やかな人格形成の為にも、適切に愛ある呼び方を心がけましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自分 好き 嫌い
自分が好き?…嫌いで自己嫌悪の原因は自分の心が原因だった

自分の事がなかなか好きになれず、自分の事を嫌いだと考えてしまう人がいます。

しかしその考え方はネガティブなイメージでしかなく、心身的に悪影響を与えてしまいます。

まずはどうしてそう感じるのか原因を知り、少しずつ自分を認められるように意識を変えていきましょう。

%e9%ab%aa%e3%81%ae%e6%af%9b-%e3%83%8f%e3%82%b2-%e9%98%b2%e6%ad%a2
髪の毛を死守!ハゲを防止する為知っておきたい原因と対策法

最近髪の毛が抜ける量が多くなったなぁ…と感じたことはありませんか?

その抜け毛の増加は、ハゲへのカウントダウンが始まった証拠かもしれません。

抜け毛を防止する為にはどうするべきか、原因と対策を詳しく調べてみました。

子供 欲しくない 女
子供は欲しくない!女編~本音と世間からのプレッシャーとは~

女性ならいつかは結婚して子供を産み…と考えている人も多いようですが、

実際に子供は欲しくないと考えている女性も少なくはないようです。

女性は子供は生むものという世間からのプレッシャーを日々受ける、彼女たちの本音をまとめてみました。

保育園 準備 ブログ
保育園の準備は先輩ママのブログで学ぶ!入園前に必要な知識…

保育園の入園が決まり、園生活で必要なものをリサーチしているママも多いことでしょう。

雑誌やネットに書かれている入園準備には、本当に必要なの?と感じるものもあります。

そこで実際に保育園準備を経験した先輩ママのブログを参考に、本当に必要な入園準備についてまとめてみました。

子供 料理 道具
子供専用の料理の道具が自立と好奇心を育てる!親子で料理!

今まで子供に刃物を持たせるのは危険と言われていましたが、最近は食育を考えて親子で料理を楽しく方が増えているようです。

そこで今注目されているのが、子供専用の料理道具です。子供に合わせた道具で安心・安全にクッキングを楽しめると人気になっています。

では実際にどんな子供専用の道具を選べばいいのか、選定のポイントなどをまとめてみました。

女性 体型 種類
女性の体型の種類~遺伝子レベルでわかる効果的なダイエット法

ダイエットしてもなかなか効果が出ないと悩んでいる女性は多いようです。

その原因は体型の種類が関係しているかもしれません。

女性の体型は3種類に遺伝子レベルで分類されているようです。そこで気になる体型の種類について詳しく調べてみました。

子供 部屋 片付けない
子供が部屋を片付けない…片付ける意識を持たせる子育て法!

子供が部屋を片付けない…多くのママから聞かれるお悩みです。

子供らしい行動ではありますが、やはりママとしては片付けない部屋にイライラしてしまうことも…

そこで子供の意識を変えて片付けできるようになる方法をまとめてみました!

名前 姓名判断 信じる
名前の姓名判断は信じる?気になる名付けの運勢とポイントとは

名前は親が子供に贈る初めてのプレゼントとも言われています。

子供の幸せを願い、名付けに姓名判断を用いているパパやママも多いようです。

信じる人の多い姓名判断とは、一体どんなものなのか、様々な意見や解釈をまとめてみました。

児童手当 金額 合計
児童手当すべて貯金した合計金額って?世間の親の使い方とは

子育て世帯には何かと助かる「児童手当」。家庭それぞれに使い道は様々です。

しかし児童手当をすべて貯蓄したとしても、合計金額では高校・大学など進学にかかる教育費が賄えないようです。

そこで今回は児童手当と教育資金の貯蓄について詳しく調べてみました。

離婚 子供 戸籍謄本
離婚の後の子供の戸籍謄本って…誰も教えてくれない戸籍のこと

離婚すると妻は夫の戸籍から外れ、新しい戸籍へと移ることになります。

しかし子供がいる場合、子供の戸籍は届け出をしなくてはいけないようです。

そこで離婚後の気になる子供の戸籍謄本について詳しく調べてみました。ぜひ参考にして子供の戸籍をどうするか考えてみましょう!

育児 イライラ 過食
育児のイライラで過食に・・過食で本当のストレスは改善しない訳

日々の育児は大変で、ついついイライラしてしまうこともあるでしょう。

育児のストレスから過食が進み、出産前よりも太ってしまった…というママも多いようです。

ママの健康や楽しい育児の為にも、ついつい食べ過ぎてしまう過食を改善するポイントをまとめてみました。

%e5%ad%90%e4%be%9b-%e5%91%bc%e3%81%b3%e6%96%b9-%e8%a6%aa
子供が言う呼び方は?親のことを子供は何て呼んでいるのか調査

昔は子供が親をよぶ呼び方は「お父さん」「お母さん」が一般的でしたが、最近は変わりつつあるようです。

「お父さん」「お母さん」に変わり「パパ」「ママ」派も増えています。

そして最近では親を下の名前でよぶ子供まで!そんな気になる親の呼び方について詳しくリサーチしてみました!

b9d01493746ec31765d7e0fea5e2708f_s
子供の部屋がすぐ散らかる・・・片付けられる子供にする秘訣

毎日毎日散らかる子供部屋にイライラしているママも多いことでしょう。

いつも片付けをしなさいと言っているのに、なぜ子供は片付けができないのでしょうか?

その原因は子供の考え方や子供部屋が原因かもしれません。子供と一緒に片付けできる環境を作ってみましょう!

%e9%9b%a2%e5%a9%9a-%e5%ad%90%e4%be%9b-%e9%9d%a2%e4%bc%9a%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84
離婚後に子供は父親と面会しないとダメ?優先すべき気持ちは…

親の離婚後、子供はどちらかが親権を持ち引き取られることになります。

たいていの場合は母親が親権を取り、父親は面会という形で子供に会うようになります。

しかし中には面会しない方向で話が進むことも…子供の気持ちを考えて親ができることは何か考えてみましょう。

離婚 子供 気持ち
離婚は子供の気持ちも重要!親の離婚が子供に与える見えない傷

親の離婚というものは子供の気持ちとしては大変複雑な出来事です。

親としては大人の事情に振り回されることになる子供の気持ちに寄り添うことが一番重要です。

そこで親の離婚を目の当たりにする子供の気持ちや接し方の注意点などをまとめてみました。

離婚 子供 養育費なし
離婚後の子供の養育費なしは泣き寝入り?知らない養育費のこと

子供がいる夫婦が離婚する時、養育費の取り決めが必要になります。

しかし最初から養育費なしとする場合や、取り決めた金額を払われない場合など、多くの家庭で養育費の支払いがないという現状です。

そこで養育費の支払いについて詳しく調べてみました。

ぜひ参考にして子供の為に親としてできることを考えていきましょう!

子供 欲しくない 男
子供は欲しくない!男編~男性の本音と心変わりの可能性は~

男性の中には子供を欲しくないと考える方も少なくないようです。

そんな男性の子供を欲しくない理由や本音について詳しく調べてみました。

子供否定派の男性と結婚する場合、どうするべきかぜひ参考にしてください。

女性 体型 理想
女性が憧れる体型!理想のスタイルは非モテの原因かも…!?

時代ごとに女性が理想とする体型は変化しています。

最近では細身で痩せている体型に憧れる女性も多く、過度のダイエットが問題になることも…

しかし男性と女性の理想体型にも大きな違いがあるようです。愛されボディを目指す為にも自分の理想のスタイルについて考えてみましょう!

両親 不仲 解決
両親の不仲を解決する方法~子供に悪影響を与えない環境づくり

両親が不仲な家庭で育った子供は、心身的に悪影響を及ぼし、メンタルや対人関係に支障をきたしてしまうことがあるようです。

子供の為にも夫婦の関係性を見直すことも重要になります。

そこで子供に悪影響を与えない為の夫婦関係を修復する解決法をまとめてみました。

保育園 準備 0歳
保育園の準備って?0歳編~入園をさせようと思っている方へ~

最近は待機児童の問題がニュースなどで取り沙汰され、特に0歳児からの入園はなかなか難しいようです。

そこで0歳から保育園入園を希望する方必見の、入園準備のスケジュールやポイントをまとめてみました。

必要になる準備には、園グッズだけではなく赤ちゃんの生活のケアなども重要になるようです。

子供に対して「お前」という呼び方に不快感を感じる人は多い!

中学、高校などの高学年になって、ましてや息子だったりしたら、我が子に「おまえ」と呼んだとしても違和感は感じないのですが、たとえば低学年の特に女の子に対して「おまえ」と言っている親を見ると日ごろからあまりいい育児をされていないのかなと嫌悪感を抱きます。

「おまえ」という呼び方自体、次に続く言葉があまりいい言葉にはなりませんよね。
たとえばご近所の方で2歳の女の子のいる両親はいつも「このお前!」と怒ったり、「おまえ何やってんだよ!ふざけんなよ」と、だいたいが怒鳴っています。

引用元-子供に対して「おまえ」という親や大人。 - あなたはどう思う? - とくっち.com

自分自身も「おまえ」なんて言われた事ないので、目の前で親が子供に「お前」と言っていたらひきます。
子供が小学校に入学したときに、自分の子供を「オラ、ちゃんとしろや!オラ、お前!」と自分の娘に言っていた親がいて、しばらく我が家では「オラオラ家族」と話題になりました。
ちなみにその子は乱暴で言葉使いが悪いと皆から敬遠されていました。
完全に親の責任ですよね。

引用元-子供に対して「おまえ」という親や大人。 - あなたはどう思う? - とくっち.com

私も「おまえ」「あんた」と言われることに激しい拒否感があります。自分の身近な人でそういった言葉遣いをする人がいなかったからそう言う感情を抱いてしまうんだと思います。

中には「おまえ」「あんた」なども悪気なく使う人もいるので、環境による要因もあるんですよね。だいたいが怒鳴っているという状況は、極端な例に思えるし、それが悪い意味での一線を超えるというのもよくわからないです。

引用元-子供に対して「おまえ」という親や大人。 - あなたはどう思う? - とくっち.com

「お前」という呼び方は子供の成長にも悪影響!

子供の名前を呼ぶときに、きちんと名前を呼んでいますか。
「おい」や「おまえ」という呼び方は、乱暴です。
特に家族という打ち解けた仲の場合は、そういう省略した呼び方になってしまいがちです。
子供の立場になって考えてみましょう。
「おまえ」という呼び方で呼ばれると「軽く見られている」「雑に扱われている」などの印象が伝わってきます。
「家族なのだからそれくらいいいだろう」
「子供だから、軽い呼び方で十分」
「通じる言い方なら、なんでもいいだろう」
つい軽く考え、子供のことを「おい」「おまえ」などと呼んでしまうのかもしれません。
しかし、子供は名前を呼んでくれないと不安を感じます。
「親は、なぜ名前を呼んでくれないのだろうか。自分のことが嫌いなのかな」
自分は大切にされていないと誤解します。
小さな子供に対して、ささいなことも軽く考えてしまいがちですが、逆です。
小さな子供は、小さなことに敏感です。


引用元-子供の名前をきちんと呼ぶ。 | 子供がすくすく育つ30の言葉 | HappyLifeStyle

子供の呼び方を「お前」から変えることで家族関係に変化が!?

子供の呼び方としても、

「ちょっと(オイ)~」、「お兄ちゃん(チビ)~」

「あんた(お前)~」、「○○(君・さん・ちゃん)~」

等、色々あると思います。

そして、この「呼び方」一つが夫婦や親子間の”問題”
や子供の”問題行動”に影響するとしたら?・・・。

家族療法の考え方としては、

「家族の中で生じてる問題(夫の問題や子供の問題も含めて)
はその人個人が問題ではなく、

家族成員間のコミュニケーションの仕方が、
問題を維持してしまうパターンになってる」と考えます。

ー 例えば、

  親が「勉強しなさい」と子供を叱る

→ 子供が反抗して勉強しない

→ 増々親が叱る

→ 子は増々反抗して勉強しない・・・。

等という事はどこのご家庭でも起こり得る「パターン」

ですよね?

そしてそれを解決する為には、

どちらか一方(或いは双方の)の
コミュニケーションのパターンを変える事が有効です。

引用元-夫や子供の呼び方一つで家庭内の問題が減る?|大阪発!心理カウンセラーの「自分で自分を癒すヒント」

呼び方一つでその相手(夫や子供)の
アイデンティティーを揺るがす事になるかも知れない

とも思っています。

例えば、あなたが夫に「オイ」とか「ママ」と呼ばれ
続けると「雅子」というアイデンティティーや妻として
のアイデンティティーが危うくなるのかも知れません。

勿論、それだけで全てが変わる訳でもないでしょうが、

特にアイデンティティー形成の大事な時期の子供は
呼び方一つでも大きく変わって来るのではないか?
と思います。


引用元-夫や子供の呼び方一つで家庭内の問題が減る?|大阪発!心理カウンセラーの「自分で自分を癒すヒント」

子供を「お前」という呼び方は内なる虐待につながる!?

子供がもっとも傷つくのは親の言葉だ。つまるところ、小さい子供にとって親というのは世界の中心なのである。全能のはずの親が自分のことを悪いと言っているのなら、「自分は悪いのに違いない」と潜在意識は感じる。もし母親がいつも「お前はバカだ」と言い続けているなら、私はバカなのだろう。もし父親がいつも「お前は無能だ」と言っているのなら、私は能のない人間なのに違いない、等々。小さな子供には、親によるそのような評価に疑いを投げかけるようなことはできない。

 人間の脳は、人から言われた言葉をそのまま受け入れ、それをそっくり無意識のなかに埋め込んでしまう性質がある。これを「内面化」といい、ポジティブな概念もネガティブな言葉や評価も同じように無意識のなかに収納される。するとつぎに、人から言われた「お前は○○だ」という言葉が、自分の内部で「私は○○だ」という自分の言葉に変換されるのである。これは子供においては特に顕著で、親のけなしやののしりの言葉は心の奥に埋め込まれ、それが自分の言葉となって、低い自己評価や人間としての自信のなさのもとを形作ってしまう。

 このように、親の言葉による虐待は、子供がポジティブな自己像(自分には愛情があり、人からも愛され、人間として価値があり、能力もあるというイメージ)を持つ能力をはなはだしく損なうばかりではなく、将来どのようにして世の中とうまくつき合っていけるかということについてもネガティブな像を作り上げてしまうのである。

引用元-侮辱的な言葉で自尊心を攻撃する毒親

「お前」はダメ!子供の呼び方はTPOをわきまえて!

子どもの名前は、時と場合で呼び分ける?

意識的に使い分けている家庭は意外と多いようです。ではどんな場面で呼び捨てにし、また「ちゃん(くん)」づけするのか、気になりますよね。トピにいくつか意見が寄せられていたので紹介します。

“使い分けています。外や家とかではなく子どもの雰囲気で……気分を上げさせるとき?には、「ちゃん」や「あだ名」使っています。”
“うちの旦那も母親からチャン付けされているよ。てか、私も旦那のことチャンって呼んでいるわ(笑)。子ども達のことは家ではチャン付けやあだ名で呼んでいる。外では呼び捨て。”
“静かーに怒るときは、「ちゃん」付けする。娘も「ちゃん」付けされるとヤベって顔しているわ……”
“外では名前で呼ぶ。人前でも。家の中でたまに娘二人に「ちゃん」付けする。起こすときとか抱っこしたいときとか(5才&1才)、そのノリで息子にふざけて「ちゃん」付けすると照れて怒る(11才)”
上記の例は「怒る」「甘えさせる」といった、ひとつのコミュニケーションの手段として呼び分けをしているようです。だから日常的に呼んでいない分、呼ばれると子どもは何かしらのアクションを起こすんですね。

家庭により、どんなシーンで「ちゃん(くん)」付けするのかが分かり、「もしかして自分もこんなときに「ちゃん(くん)」付けしているかも」と気付くこともありそうです。

引用元-「ちゃん」づけは過保護? 使い分け家庭の内情 | ママスタセレクト

twitterの反応


https://twitter.com/Yunho_Kesha17xx/status/715804059081568257

 - コンプレックス, 子供