役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

子供と接する仕事の種類~資格や得意分野を生かした働き方!

   

子供と接する仕事の種類~資格や得意分野を生かした働き方!

子供と接する仕事は種類も豊富で内容も多岐にわたります。

子供と接する仕事は自分の資格や経験を生かすことができる人気の働き方です。

そこで子供の成長に重要に関わることのできる仕事についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

子供と接するお仕事の種類を調べてみました。

保育士

幼稚園教諭

小学校教諭

中学校教諭

看護師

助産師

チャイルドマインダー

ベビーシッター

習い事やスクールの先生として働く

テーマパークで働く

子供服の販売員

おもちゃの販売員

実にこれだけ多くの職業が子供と直接関わる仕事、間接的に関わる仕事としてありますから、それぞれについて紹介していきたいと思います。

習い事やスクールで働く場合にはピアノ教室、スイミングスクール、英会話スクール、サッカーや野球のスクールのコーチ、ダンススクールテニススクール、子供絵画教室、学習塾など種類があります

引用元-子どもと接する仕事まとめ |

【子供と接する仕事・職場】

小児科の受付

遊園地

児童館

子供服のショップ

写真スタジオ

学童保育所

企業内託児施設

子供向け教育(英語・音楽など)

全求人をチェック出来てないので、おそらくこれ以
外にもまだまだ、子供と触れ合いながらお仕事がで
きる職場、お仕事は色々とあるかと思います。


引用元-仕事の種類 – 子供好きな人の仕事あれこれ:要資格の職種から資格がなくても出来る仕事まで

資格を必要とする子供と接するお仕事の種類を調べてみた

□子供と接する仕事:要資格

 幼稚園教諭(国家資格)、小学校教諭(国家資格)、養護学校教諭(国家資格)、養護教諭(国家資格)、司書・司書教諭(国家資格)、学芸員(国家資格)、助産師(国家資格)、看護師(小児科・産婦人科)(国家資格)、
 児童福祉士(任用資格)、児童厚生員(任用資格)、児童指導員(任用資格)、児童自立支援専門員、児童生活支援員(任用資格)、母子指導員・少年指導員(任用資格)、
 臨床心理士(民間資格)、学校栄養職員(栄養士・管理栄養士)

引用元-子供と接する仕事と資格 -女性の資格と仕事

個々の事情にあわせて育児をサポートしてくれる資格が、公益社団法人全国保育サービス協会が認定する「認定ベビーシッター」資格です。一般的にはベビーシッター会社に登録し、各家庭に出向いて保育をサポートします。

また、保育ルームや自宅で保育室を行うなど、少人数保育により家庭的な温かさときめ細やかなケアを大切にした資格には、チャイルドマインダージャパン®による特定非営利活動法人新保育学会認定「チャイルドマインダー」があります。記事の冒頭でご紹介した嵐の5人が取得したのも、この「チャイルドマインダー」認定資格です。

他にも英国発祥の「チャイルドマインダー」(NCMA,Japanチャイルドマインダー)やしつけや情操教育行う英国式乳幼児保育の専門家「ナニー」、米国アリゾナ州政府公認の人材育成機関CCSが提唱するプログラムを実践する「CCS(チャイルドケア・ソリューション)」など、海外にバックボーンをもつ資格もあります。

引用元-芸能人も注目! 子どもに関する資格 [資格・検定] All About

得意分野を生かす!子供に接する人気の仕事の種類

1位 ピアノ教室

必要な資格はありませんが、それなりの技術とグレード試験などを受けていると有利です。

2位 スイミングスクール

必要な資格はありませんが、都道府県の水泳協会や水泳連盟が実施している講習会を受け、
検定試験に合格をすれば、水泳アシスタント指導員の認定を受けることができます。

その後NHK学園通信講座を受けて、試験に合格すると、
日本体育協会公認のC級スポーツ指導員水泳の資格を取得できます。

3位 英会話スクール

必要な資格というのは特にありませんが、それなりの語学力は必要です。
TOEICなら700点以上や日常英会話がすらすら話せるなどの技術は必要です。

4位 サッカースクール

必要な資格はありませんが、長年の経験がある、元Jリーグの選手だった、プロ選手を目指していた、
などといった経歴や熱意があれば多くの子供が集まります。

5位 ダンススクール

いろいろな種類がありますので、それぞれのジャンルによって教え方も違ってきます。
種類によってですが、社交ダンスなど中には資格を設けているものもあります。
その場合は取得していた方が活躍しやすいでしょう。

引用元-児童指導・子供と接するお仕事 | 児童指導・子供と接するお仕事

子供と接する仕事で重要なこととは…

子どもとのコミュニケーション

子どもは大人と接することで何か自分が得をしようというような邪な心を持っているわけではありません
ので、ただ単純に「自分と一緒に遊んでくれそうな人」といった雰囲気で人を見ます。
自分のフィーリングで「この人に話しかけたい」「この人と遊んでもらいたい」ということを判断します。

子ども目線になっていることを伝えるための手段としてよく使われるのが
●名前で呼ぶ
●しゃがんだりして視線の高さを合わせる
●子どもの遊びに興味を示す

といった方法です。
積極的に遊びに参加したり、やわらかい物腰で話しかけるように意識することで自然と
コミュニケーションはとれます。

「子どもたちは大人をよく見ています。大人の命令を聞くということではなく、大人が授ける知識をサラッと受け止め
自分の頭で判断できるようになる。そのためには、大人の話をきちんと聞く子どもを育てなければならない。」
と、ある保育士の先生がおっしゃっていました。
まず大人が子どものお手本になれるように、気をつけなくてはいけないことをしっかり認識し、接する。
今後の世界を担う子どもたちは、心豊かに育ってほしいものです。

引用元-子供と接するお仕事の重要性 | 子供と接するお仕事の重要性

種類豊富な子供に接するお仕事に共通する注意点

親元から子供を預かっている責任

そして、最も重要なことは子供たちの安心・安全を最優先に考えるということです。

「学校」に限らず、“人に対するサービス”に携わる業界や仕事の全てに言えることですが、自然災害や事件・事故など不測の事態が起こった際、利用者や顧客の安全をまず優先するという意識を常に持つということが、何よりも大切なことではないでしょうか。

特に未成年の子供を親元から預かり、集団生活を管理・監督している「学校」という現場であればなおさらです。

災害に対する避難訓練の他に、教職員による不審者に対応した訓練をしている「学校」もあるのです。

子供に携わる仕事に就くというということは、その子供に対して責任を負うことになるということは認識する必要があるでしょう。

引用元-学校で子供と接する仕事がしたい / 子供の安心安全を最優先に考える

常に危険と隣り合わせ

子どもは突然突拍子もない行動にでることがあります。
普段は登らないような所に登ってみたり、いつもなら絶対に口にしないようなものを口に入れてみたり。
子どもの行動は予想がつきません。
ですから、これで大丈夫と高をくくっていると、
子どもを危険な目に遭わせてしまうことにもなりかねないのです。
遊具などからの落下、おもちゃなどの誤飲、
転倒などは子どもたちによく起こりうる事故です。
そしてどれも、大事になると命にも関わりかねない大変重大な事故です。
そういう点もしっかり頭に入れながら、子どもたちを慎重に注意深く見守らなければなりません。
そうして子どもたちの安全を守るのです。

引用元-仕事上の注意点 | 子どもと関わるお仕事

twitterの反応

https://twitter.com/shiotan777/status/721361715972018176


https://twitter.com/rii6/status/707746675658334209


https://twitter.com/masa_update/status/706819538168320000
https://twitter.com/skrb112/status/686895272920666112
https://twitter.com/chumemomo/status/702346951660941313

 - 仕事

ページ
上部へ