役に立つlaboratoryは普段の生活においての情報や知恵袋、お金、恋愛、豆知識etcみなさんが普段の生活に役立つ情報を調査するサイトです!

役に立つlaboratory

認知症の治療で病院にかかる入院費の負担を軽減するには…

      2016/06/22

認知症の治療で病院にかかる入院費の負担を軽減するには…

日本は世界的にも超高齢化社会と言われ、親の介護などが家族間でも問題になっています。

親が認知症になった場合、治療や病院の入院費などが家族の負担としてのしかかります。

そこで認知症の入院でかかる費用や、その費用を軽減させる方法などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が付き合う事に対する親の見守り方と対応は?

中学生にもなると好きな人と付き合うようになることも多くなりま...

インフルエンザに感染したら会社に報告しないといけないの?

インフルエンザに感染した場合、それでも会社を休めないという人...

中学生の部活の弁当は栄養も大事だがスタミナを重視!な理由

男の子は中学生頃になると、食事の量が一気に増える傾向にありま...

結婚が20年を超える夫婦の離婚が増加…その中身と実態とは?

近年、結婚生活20年を超える夫婦の離婚が増えています。 熟...

会社の規模より一人当たりの売上!?生き残る為に重要な人間力

様々な業種の大手会社が軒並み経営不振に陥る中、生き残るために...

旦那が家事にうるさい!夫婦円満に過ごす為のポイントとは?

毎日家事や育児に忙しい女性にとって、家事について口うるさい旦...

車の免許証の取得を履歴書に書くか迷ったら・・迷わず記載を

車の免許証を取得していても履歴書に書くべきか迷うことがありま...

夫婦の旅行に車中泊という選択も!?ホテルではない非日常

今、中年夫婦を中心に車中泊旅行が人気を集めています。 夫婦...

旦那と離婚したい…ブログを参考に今の自分と比較してみては…

旦那との離婚までの顛末を細かく書き記されたブログはたくさんあ...

中学生のスマホ依存~取り上げることで生じる悪影響とは…

中学生にもなるとスマホを持つ子供も増えていきます。 そこで...

髪が茶色いのは生まれつき!困った偏見あるあると悲しい経験

髪が生まれつき茶色い方は意外と多いようですが、なかなか理解さ...

運転が下手な人は教習所を卒業できる?教習所話のあれこれ

免許を取得する為に教習所へ行くと、自分の運転の下手さにへこん...

妊娠中の食事の悩みはブログで学ぼう!先輩ママに学ぶ妊婦生活

妊娠中には食事面においても様々な規制があったり、注意しなくて...

免許返納の義務化は必要?急増する高齢者の事故と制度の見直し

最近はニュースなどで高齢者の事故が取り沙汰されています。 ...

妊娠が心配な人へ…生理遅れると体に現れる変化あれこれ!

生理遅れるともしかして妊娠!?と考える女性は少なくありません...

車の免許証を取得する為の視力の基準と視力がよくなる?方法とは

車の免許証を取得する時や更新する際には視力の検査が行われます...

夫が単身赴任…妊娠中の不安を解消するにはどうすればいい?

妊娠中に夫の単身赴任が決まったらあなたはどうしますか? 妊...

妊娠で心配な事…子供の障害は出生前診断でどこまでわかる?

妊娠すると子供が元気に生まれてきてくれるのか、障害の有無など...

学校の講師の副業事情!許されるケースと気を付けるべき事とは…

学校の講師の副業はケースによって認められる場合とそうでない場...

妻の誕生日に特別なランチなど!サプライズ演出はいかが?

妻の誕生日になにか特別なお祝いがしたい! お祝いといえばデ...

スポンサーリンク

認知症で病院にかかる入院費はどのくらい?

病院へ入院する場合は、医療費は国民健康保険の適用となりますので、通常の病気で入院する場合と同じく自己負担額は3割となります。
 介護保険が適用される場合は、要介護度によって異なりますが、医療費は一割負担となり、それに食事代や住居費などの費用が加算されるのが基本です。
 医療費が高額になってしまうことが心配されますが、申請することで費用が自己負担限度額を超過した金額が還付される高額療養費制度というものありますので、制度を上手に利用すると費用負担が軽減になります。

引用元-認知症!入院先とその費用は?

認知症で入院している家族を持つ人の入院費用の例をご紹介しましょう。
医療費が4万円、食費が2万円、雑費として5万円、計11万円、月々に必要になっているようです。
認知症による入院には高額な費用がかかるので、還付金制度や補助金制度をうまく利用すると良いでしょう。

引用元-認知症の入院にかかる費用はどれくらい? | くらしナビゲート

認知症は施設入所よりも病院の入院費の方が安い!

近年、日本では他国に類を見ない程の高い水準で高齢化が進んでいます。その中で国の社会保障費の財源圧迫は深刻な問題です。国の方針は病床数を減らし、なるべく在宅医療を進めるために「地域包括ケアシステム」なるものを構築しようとしています。

しかし、現状ではお金のない高齢者が病院へ怪我や病気で入院すると施設費に比べて安い現状があるため、できるだけ長く入院してほしいと願う家族が多々いらっしゃいます。

引用元-長期入院を願う家族… 「介護施設費より入院費の方が安い」は本当か? | マネーの達人

介護保険施設費は低所得者の場合でも安く見積もっても約6万円程度はかかります。それに比べると、医療費の方が約1~2万も安くなるわけですから当然お金のない世帯の方は施設よりも病院を希望するわけです。

引用元-長期入院を願う家族… 「介護施設費より入院費の方が安い」は本当か? | マネーの達人

ひと昔前のように病院に長期的に入院できる時代は終わりました。一つの病院に入院すれば最後まで入院させてくれるところは殆どありません。ですが、病院の機能として、医療療養型病院か介護療養型病院であれば長期的な入院が可能です。

しかし、医療療養型病院はあくまでも病院なので長期的に入院の必要性がある方しか受け入れはしてもらえません。例えば、24時間酸素が必要な方や1日の吸引回数が多い方など医療区分と呼ばれている何かしらの該当する項目がないと入院は困難なのです。

引用元-長期入院を願う家族… 「介護施設費より入院費の方が安い」は本当か? | マネーの達人

認知症で入院費の安い公的病院への入院は可能?

認知症で入院はできる?

 もう家族で介護するのは限界。仕事の休みも使い尽くしたし、心身ともに疲労困憊。親と別居している場合、自分の家を空けて実家へ介護に通っていると、介護をしている家族全員の生活にも支障が出てしまいます。

 最近では独居の老人が多く、いきなり認知症になって近所の人や民生委員から「様子がおかしいよ」と言われ、初めて気づくことも多いのです。
 
 病院勤務をしているとよくあるのが、「認知症になってしまったから、入院させてください」という飛び込みの受診と入院希望。

 一般の人にはなかなか理解されていませんが、病院という場は医療保険です。日本は国民皆保険制度で、いつでも病院に受診すればなります。しかし、介護には介護保険が適用されます。

 そして、医療機関は医療(治療)の必要ない患者には、保険が認められません。そんな患者さんが入院した場合、病院は赤字になってしまいます。

 また、このように介護申請もせずにいきなり病院へ飛び込んでくるパターンは、離れたところで子供が暮らしていることが多くあります。明日には東京へ戻らなくてはいけないから、「今日入院させてください」と言うのです。

 こう言われても、医療機関側は困ります。家族の都合(介護状態)によって入院することを、「社会的入院」と言います。この社会的入院は、公的病院や大学病院では、ほとんどの場合に断られてしまいます。

引用元-認知症 介護認定から入院の実態、入院前の準備など | 体の不調の原因・症状・解消法

生活保護受給者であれば認知症の病院の入院費がかからないことも…

基本的に認知症で精神病院に入院した場合の費用として、保険証などが使用されれば3割負担の10万円くらいで収まることが多いです。
しかし中には例外があるケースもあり、生活保護支給者の場合にはまた少し事情が異なっていることがあります。
生活保護支給者の場合には医療費が支払えないケースが多いので、患者に対しては特に請求しないことがあります。
そのため患者の負担が実質無料となるため、お金の持ち合わせがなくても治療を受けることが可能です。
その場合においては患者が住んでいる市町村に医療費を請求することが多く、金額については上記と同じくらいになります。
なお自分で費用を支払うことが可能であれば、自己負担として10万円前後を支払っていく流れとなっています。
このように患者の経済的状況によっては、負担額について市町村が代わりに支払うケースもあります。

引用元-認知症で精神病院で治療を受けるために支払う入院費用について

認知症で病院にかかる入院費を軽減させる方法

入院費用を取り戻そう!

入院費用があらかじめ高額になりそうなときは、これを知っておくと助かります。ひとつは高額医療費制度、もうひとつは限度額適用認定証というものです。難しそうですが、このふたつには違いがあります。

1.高額医療制度とはどんな制度ですか?

医療機関やお薬の窓口などで支払った金額が高額になった場合は、状況によって払えない場合もありますよね。その場合はあとから自己申請することで、自己負担限度額を超えた額が払い戻せるという制度です。

高額医療の対象になるには、保険適用される診察で、病院やお薬をもらった窓口でひと月に支払う自己負担の医療費が(通常は3割ですね)、ご自分の月収相当額の約25%を超えることが必要です。

引用元-【入院費用の基礎知識保存版】入院費用の平均や保険適用など、お金に関する大切なこと|welq [ウェルク]

70歳以上はすぐに高額医療を申請しましょう

70歳以上と未満では還付金額の上限が違ってきます。70歳上でしたら上限金額も一般の収入の方で44,400円と低めですし、長期入院になることも多いため高額医療にかかる可能性がたかいのですぐに申請をしましょう。そうする事によって、事前に用意しておくお金が少なくて済みます。

引用元-【入院費用の基礎知識保存版】入院費用の平均や保険適用など、お金に関する大切なこと|welq [ウェルク]

twitterの反応

 - 病院

ページ
上部へ